月別アーカイブ: 2020年9月

「MODO 体験トレーニング オンライン」10/07(水)開催!

3DCGのソフトに興味があっても、いざ使ってみようと思ってもなかなか敷居が高いですよね。そんな方のために、MODO JAPAN GROUPでは超初心者・未経験者の方を対象に体験トレーニングをオンラインで開催しています:

MODO トレーニング : MODO 体験トレーニング オンライン

Modoの概要、インターフェイスの解説、基本的な使い方などを丁寧に解説してまいります。オンラインでのトレーニングですので、デュアルモニターであれば講師の画面を横において、一緒に捜査を進めていくことが可能です。体験版を落としたはいいけれどどうやればいいのかわからない、しばらく放置していて使い方を全く忘れてしまった、Modoってどんなソフトなの?といった方も、ぜひこの無料の体験トレーニングをご利用ください!

 

【お知らせ】Foundryアカウントに関する重要な情報

Foundryアカウントをお持ちの皆様に、2020/09/19にFoundry社より直接「Foundryアカウントに関する重要な情報」と題するメールが配信されたかと思いますが、再度MODO JAPAN GROUPよりもお知らせいたします。

MODO 701以降、MODOのライセンスをご利用いただく場合、Foundry社にアカウントをお持ちいただくことが必須となっておりますが、この度Foundry社では将来的なシステム変更に伴う一環として、このアカウント認証システムのアップグレードが行われました。

これにより、現在Foundryアカウントのパスワードをリセットする必要が出てきておりますので、大変お手数ではございますが、ご自身でのFounryアカウントのパスワード変更の処理をお願いいたします。

このFoundryアカウントにより
・ログインベースのライセンス(メンテナンスおよびサブスクリプション)
・Foundryウェブサイトおよびコミュニティフォーラムへのアクセス
・Foundryサポートポータルの活用

等が利用できるようになっておりますので、ぜひ早めのパスワード変更をお願いいたします。

Foundryアカウントへアクセスする場合、言語は日本語に設定しておくと、メッセージもスムーズに読み取れます:

いざFoundryアカウントへアクセスしようとすると、パスワード変更の必要がありますといったメッセージが出てきます:

この時、登録しているアカウントに対し、自動的にFoundryから表題「メールアドレスを確認する」というメールが送信されてきます:

このメールの中にある「メールを認証する」ボタンをクリックすると、パスワードを変更するための画面が出てきます:

ここで新しいパスワードを入力し、設定を行ってください

新しいパスワードは以下の規則があります:
・パスワードの文字数は8文字もしくはそれ以上
・大文字を1つ以上含むこと
・数字を1つ以上含むこと
・記号文字を1つ以上含むこと
・使用可能な記号文字は !”#$%&'()*+,-./:;<=>?@[]^_`{|}

上記条件を満たしたパスワードを入力しても、パスワードがうまく設定されないといったエラーが出てきてしまう場合には、使用されているブラウザにアカウントのキャッシュが残ってしまっている可能性がございます。ブラウザのキャッシュをクリアするか、Foundryアカウントにログインしていない別のブラウザでパスワード変更の処理をお試しいただきますよう、お願いいたします。

(※追記:2020/09/25) 上記処理を施しても正常に動作しないケースに対応し、再度Foundry社のほうでパスワード変更ページの修正を行ったとの連絡がありました。このためうまく変更できないという方はもう一度、アカウントのページにアクセスし、メールで送られてくる新たなパスワード変更用のURLにアクセスし、パスワード変更処理をお願いいたします。

お手数ではございますが、ご不明な点・ご質問などございましたら、弊社お問い合わせページよりご連絡くださいませ:

MODO JAPAN GROUP お問い合わせページ

 


スクリプト:「etr_match_posrot_smart」

世界中で様々なMODOユーザーが自作の便利スクリプトを公開してくれていますが、そんなスクリプトの一つをご紹介します:

タックツールでも似たようなことは可能ではあるのですが、こちらのスクリプト、引数によってメッシュのセンターをぴったりと合わせたり、そのままの位置を保持したりと、設定を指定することができるんですね。ここら辺がとても面白いスクリプトになっているかと思います。

ソースをそのまま公開されていますので、スクリプトを勉強したいという方にも教材としてご利用いただける貴重なソースではないでしょうか。ぜひチェックしてみてくださいね!

さて明日から連休ですね。暑さも和らぎ過ごしやすくなってきたこの連休は、あらためてModoの習得に力を入れてみてはいかがでしょうか?MODO JAPAN GROUPでは、モデリングやアニメーション、レンダリングをいちから学んでいただけるよう、コラム形式でのテキストを用意いたしております。ぜひこちらもご活用ください:

MODO 特別連載コラム

 


ビデオ:MeshFusionによるジュエリーデザイン

Modoモデリングツールの中でも最も強力な機能の一つといえるSDSサーフェイスに対するリアルタイムブーリアンツールMeshFusionを用いたジュエリーデザインのビデオが公開されていましたので、紹介します:

大まかなリング全体のデザインに加え、細かなディテールの掘り込みまでMeshFusionで作りこんでいるのがわかります。MeshFusion機能を一度も使ったことがないという方も、作品作りにMeshFusionを一度試してみてはいかがでしょうか?

さて明日(09/16(水))はModoのダイレクトモデリングの基本をパンプスをモチーフに学んでいく「MODO モデリングトレーニング オンライン/Aコース」開催ですが、今後もプロシージャルモデリング編、MeshFusion編など、様々なコースをご提供していく予定ですので、ぜひオンライントレーニングもModo習得にお役立てください!

 

キット:「Eterea Nudges」

これまでもUV、ウェイトマップ周り、ロケータ作成など、数々の便利キットを無償で公開されているEtereaから、新たなツール「Eterea Nudges」が公開されました:

https://community.foundry.com/discuss/topic/153841

このツールでは、移動や回転、スケールなどのトランスフォームを小刻みに増減させるためのツールパレットが用意されています。このツールパレットは、それぞれのツールのショートカットキーをShiftキーを一緒に押すことで、簡単に表示させることができますので、改めてキーを覚えるという煩わしさもありません。また手軽にメッシュデータを計測したり、情報を得たりすることができますので、必要な数値を簡単に得ることができるようになっています。

他にも、サイトでは使い始めたら欠かせない便利ツールも多数公開されていますので、ぜひそちらも試してみてくださいね。

 

MODO Professional’s ウェビナーvol.2 「一寸房流!橋梁・道路のビジュアライゼーションワーク」09/25(金)開催!

2020年5月に第1回を開催し、大変ご好評をいただきましたModo Professional’s ウェビナーですが、09/25(金)に第2回目を開催することとなりました!今回は建築・土木分野でCG制作にModoをご活用いただいている株式会社 一寸房 向中野氏をお迎えし、ビジュアライゼーションをテーマに講演を行っていただきます:

MODO Professional’s ウェビナーvol.2 「一寸房流!橋梁・道路のビジュアライゼーションワーク」

建築・土木の分野でどのようにModoが活用されているのか、とても興味がありますよね。またその分野に限らず、Modoのどんな面を便利に使っているのか、参考になったり自分の作品作りに生かせる話もあるはず!

どこからでもご視聴いただけるオンライン形式のウェビナーですので、ぜひお気軽にご参加ください。

 

リリース:Modo 14.1v2 日本語版ダウンロード配布開始

2020/09/04(英時間) Modo開発元であるFoundry社よりModo 14.1v2がリリースされたことを受け、本日(09/07)よりModo 14.1v2 日本語版のダウンロード配布を開始いたします。メンテナンスもしくはサブスクリプションを契約されている方は、弊社ダウンロードサイトより最新版をご利用ください:

MODO JAPAN GROUP ダウンロードサイト:https://www.modo.jp/modo_dl/

このマイナーリリースではいくつかのクラッシュケースを含むバグフィックスのみが行われています。更新内容については以下をご覧ください:

Modo 14.1v2 更新履歴

Modoバージョン14.1ではアニメーション制作によく使うIKとFKの切り替えも、簡単に行えるような機能が提供されています:

バージョン14.1におけるIK・FK切り替え用機能の改良

より細かやな表情のアニメーションが作りやすくなりますね。ぜひModo最新バージョン14.1をお楽しみください!

 

キット:「Facial Mocap in Modo and Applicator Kit」

顔面のアニメーションキャプチャデータを、Modoの中に持ってくる方法が公開されていますので、ご紹介いたします:

Facial Mocap in Modo and Applicator Kit

こちらの方法ではiPhoneで顔面のアニメーションをキャプチャし、 顔面の変形はモーフとして記録され 、出力されたCSVデータをキットを使ってModoに読み込んでいます。

手軽に使うことができますので、フェイシャルアニメーションに興味がある方は、こちらを使ってみてはいかがでしょうか?