カテゴリー別アーカイブ: MODO 12 シリーズ

MODO 12.2 新機能【整数範囲に関するノードの使い方】

MODO 12.2では整数範囲に関するノードが4種類追加されています:

整数範囲に関するノードの使い方

「整数範囲って何?」と思われる方も、ビデオの中で細かく説明していますので、ぜひそちらをご覧ください。こういったノードが実装されたことにより、さらにメッシュの変形アニメーションなどがパラメトリックに実現でき、面白い表現が可能になりそうです!

 

MODO 12.2 新機能【NVIDIA Optix デノイザの活用方法】

MODO 12.2ではレンダリングにも大きな追加機能があります。NVIDIA社OptiXを利用したレンダリング画像のノイズを除去するためのデノイザ機能のサポートです:

NVIDIA Optix デノイザの活用方法

ビデオでも解説している通り、このデノイザ機能の特性を理解し利用することで、レンダリングに至る工程、またレンダリングそのものにかける時間の負担を軽くすることができますので、環境をお持ちの方はぜひお試しください!

 

アセンブリ:ステッチ機能用ジッパーアセンブリ

前回、MODO 12.2の新機能としてご紹介したステッチ機能、大変便利な機能ですが、ステッチを作るためだけの機能ではありません!ビデオの中でも軽く触れましたが、ステッチを作るだけではなく、アセンブリを活用して様々な形状をカスタマイズすることができます。

そんなアセンブリの一つとして、ステッチ機能を利用してジッパーを作るアセンブリが早速公開されています:

https://www.pixelfondue.com/blog/2018/12/1/modo-stitch-mesh-setup-pushing-points-zipper-assembly

stitch_assembly

購入・ダウンロードしたアセンブリ用のファイルは、インストールフォルダ直下の以下のフォルダへとコピーし:

C:\Program Files\Foundry\Modo\12.2v1j\extra\scripts\Modo_Content\Assets\Assemblies\Stitches

あとはステッチセットアップのインターフェイス上でアセンブリプリセットを使用オプションをオンにして、プリセットパネルからコピーしておいたジッパーアセンブリを指定するだけ!それだけで、簡単にジッパーを作ることができます。

もちろんこういったアセンブリを購入しなくても、自分でアセンブリを組むこともできますし、アセンブリでなくても通常のメッシュを指定することも可能です。こういったアセンブリを購入して、アセンブリの仕組み自体を勉強してみるのも一つの手かもしれませんね。ぜひいろんなパターンを試してみてください:

プロシージャルモデリングのアセット化

メッシュ上に簡単にステッチを作成するには

 

 

MODO 12.2 新機能【メッシュ上に簡単にステッチを作成するには】

MODO 12.2ではプロシージャルモデリング機能を利用して、メッシュ上に簡単にステッチを作成する機能がサポートされました:

メッシュ上に簡単にステッチを作成するには

この機能はアパレルメーカーやシューズメーカーなどから要望されていた機能であり、かなり手軽かつ詳細に設定できるよう設計されており、非常に優れた機能となっています。もちろん、「ステッチを作る」だけに限定した機能ではありませんので、メッシュ上に思う通りにメッシュを配置していくといった用途でも問題なくお使いいただけます。どんなことが表現できるのか、まずは一度試してみてください!

 

MODO 12.2 新機能【同一平面上のジオメトリに対する操作を可能にするフォールオフ】

MODOのモデリング機能でも非常によく使われるのがフォールオフ機能だと思いますが、MODO 12.2では新たなフォールオフのタイプが追加されています:

同一平面上のジオメトリに対する操作を可能にするフォールオフ

この同一平面のフォールオフは、複製したジオメトリなどに対して一括で処理を行いたい場合など、非常に便利に使える機能になっています。フォールオフとトランスフォームを組み合わせれば、様々な効果が期待できますので、ぜひいろんな場面で使ってみてください。

フォールオフとトランスフォームの組み合わせについては、こちらのビデオもぜひ参考にしてみてください:

複数のツールを組み合わせて一つのツールにするには

 

MODO 12.2 新機能【MODO 12.2におけるスケマティックビューの改良点】

最新バージョンMODO 12.2ではインターフェイスに関する改良がいくつか行われていますが、スケマティックビューに関しても手が加えられています:

MODO 12.2におけるスケマティックビューの改良点

リギングを組む上で、ぱっと見てわかりやすいインターフェイスはとても重要なものです。バージョン12.2では細かく調整ができるよう、コメントを入れたり、ノードをグループ化したりといったオプションがサポートされるようになりましたので、よりリグを理解しやすくなりますね!

 

MODO 12.2 新機能【バージョン12.2における3Dビューポートの改良点】

MODOのビューポートの中でも基本となるのが3Dビューポートです。この3Dビューポートに対して、バージョン12.2ではいくつか便利な機能が追加されています:

バージョン12.2における3Dビューポートの改良点

スナッピングの深度制限オプションバウンディングボックスしきい値の設定といったシンプルだけれども効果的な機能が本バージョン12.2では追加されています。ジオメトリが膨大なシーン、複雑なシーンなどで作業される際にストレスを感じる場合は、こういった機能をぜひ試してみてください!

 

MODO 12.2v1 日本語版ダウンロード開始

本日(2018/11/16)、MODO開発元であるFoundry社よりMODOの最新バージョンMODO 12.2v1がリリースされたことを受け、国内でもMODO 12.2v1日本語版のダウンロード配布を開始いたしました!

banner_fb_product_MODO122_850x315

MODOメンテナンスもしくはサブスクリプションをお持ちの方は、ぜひこの最新バージョンMODO 12.2v1を弊社ダウンロードサイトよりご利用ください:

MODO JAPAN GROUP ダウンロードサイト:http://www.modo3d.jp/tech/modo_dl/

MODO 12.2v1で搭載された新機能、更新履歴、既知の問題点などについては、以下のページで詳細を公開いたしておりますので、ぜひご覧ください:

MODO 12.2 新機能:http://modogroup.jp/modo/modo12s/modo122v1_newfeatures
MODO 12.2 更新履歴:http://modogroup.jp/modo/modo12s/modo122v1_details
MODO 12.2 既知の問題点:http://modogroup.jp/modo/modo12s/modo122v1_known_issues

新しいバージョンが出たときには、まずインターフェイス周りがどう変わったのか把握しておきたいですよね。ということで、まず本日はMODO 12.2におけるインターフェイスの改良点についての日本語解説ビデオを公開いたします:

バージョン12.2におけるインターフェイスの改良点

フォームを作るのってなかなか面倒くさかったんですよね。このワークベンチ機能があれば、簡単に作れるようになっちゃいますよ。他の機能についても、これから少しずつご紹介してまいります!

 

MODO 12.1v2 日本語版 ダウンロード開始

大変長らくお待たせいたしました!いよいよ本日よりMODO 12.1に対応した日本語マニュアルを含むMODO 12.1v2 日本語版のダウンロードを開始いたしました。有効期限内のメンテナンスもしくはサブスクリプションを契約されている方は、弊社ダウンロードサイトより最新版MODO 12.1v2 アプリケーションをダウンロードの上、ご利用ください:

MODO JAPAN GROUP ダウンロードサイト:http://www.modo3d.jp/tech/modo_dl/

この12.1v2はビルド番号は上がっているものの、プログラムの機能的には12.1v1と違いはございません。MODO 12.1への日本語マニュアルの対応、および一部日本語リソースの修正のみとなります。

また、現在「MODOクリエイター優待キャンペーン」も実施中です。該当する他の3Dツールをお使いの方、またはAdobeCCをお使いの方に対して、MODOの新規恒久版サブスクリプション版 20%オフの価格をご提供するキャンペーンとなっております。キャンペーン終了まであと1週間!とりあえず1本導入してみよう、またはもう1本MODOのライセンスを増やしておきたい!という方も、ぜひこのキャンペーンをご利用くださいね。

 

MODO 12.1 新機能【サーフェイスストリップ部分のみを抽出・編集するには】

MODO 12.0からはメッシュの交差部分をコントロールするMeshFusionのサーフェイスストリップ機能が搭載されましたが、バージョン12.1ではさらにそのストリップ部分のみを抽出して、編集を重ねることができるようになりました:

サーフェイスストリップ部分のみを抽出・編集するには

プロシージャルモデリングと組み合わせることで、MeshFusionはメッシュへと変換することなくモデリングを続けることができますので、よりもとに戻って修正がしやすく、また様々なパターンでモデルを試すことができます。MeshFusion+プロシージャルモデリングの組み合わせもまた、作業効率アップのひとつですので、ぜひ試してみてください!