カテゴリー別アーカイブ: リリース

MODO 12.1v2 日本語版 ダウンロード開始

大変長らくお待たせいたしました!いよいよ本日よりMODO 12.1に対応した日本語マニュアルを含むMODO 12.1v2 日本語版のダウンロードを開始いたしました。有効期限内のメンテナンスもしくはサブスクリプションを契約されている方は、弊社ダウンロードサイトより最新版MODO 12.1v2 アプリケーションをダウンロードの上、ご利用ください:

MODO JAPAN GROUP ダウンロードサイト:http://www.modo3d.jp/tech/modo_dl/

この12.1v2はビルド番号は上がっているものの、プログラムの機能的には12.1v1と違いはございません。MODO 12.1への日本語マニュアルの対応、および一部日本語リソースの修正のみとなります。

また、現在「MODOクリエイター優待キャンペーン」も実施中です。該当する他の3Dツールをお使いの方、またはAdobeCCをお使いの方に対して、MODOの新規恒久版サブスクリプション版 20%オフの価格をご提供するキャンペーンとなっております。キャンペーン終了まであと1週間!とりあえず1本導入してみよう、またはもう1本MODOのライセンスを増やしておきたい!という方も、ぜひこのキャンペーンをご利用くださいね。

 

ライブラリ集:タイリングテクスチャパック

テクスチャをマッピングする際、懸念事項となるのが継ぎ目の部分ですよね。継ぎ目が見えないほど、解像度を大きくすれば良いといえばそうですが、それにも限度があります。そんな時に、このタイリング可能なテクスチャのライブラリ集であるタイリングテクスチャパックは便利に使えるのではないでしょうか?

https://www.pixelfondue.com/blog/2018/7/5/tiling-texture-pack-seamless-textures-for-any-3d-application

このテクスチャ集には100を超えるタイリング可能な画像が収められており、MODOだけで使用可能といった制限はなく、どの3Dアプリであってもご使用いただけるようになっていますので、幅広くご使用いただけます。このテクスチャライブラリの作者は、MODOのレンダリングチュートリアルビデオを何本もリリースされているクリエイターのRichard Rot氏であり、品質にも大きな期待が持てます:

MODO内部では、MODO標準のレンダラーだけでなく、V-RayやOctaneにも対応していますので、使いたいシーンでいますぐお使いいただけます。テクスチャの問題にお困りな方は、こういったテクスチャパックを利用されてみてはいかがでしょうか?

 

リリース:「MODO&V-Ray for MODO」バンドル製品 販売開始!

昨日はMODO ユーザーミーティング 2018 in JAPAN「CREATOR’S SESSION」に大勢の方にご来場いただき、誠にありがとうございました!

ユーザーミーティングではV-Rayを使ったMODOユーザー様の事例紹介、またV-Ray for MODOの機能紹介など、V-Rayに関する情報を多く取り扱い、V-Ray+MODOという組み合わせにご興味をお持ちいただいた方も増えてきたのではないかと思います。

DSC02294

そんな方のために、新たにMODO&V-Ray for MODOバンドル製品のリリースを開始いたしました!

V-Ray for Modo:http://modogroup.jp/modo/compatible/v-ray_for_modo

ご用意しているのは、下記2製品:

MODO 12 恒久ライセンス(1年間メンテナンス付き) + V-Ray 3 for Modo
MODO サブスクリプション/1年間 + V-Ray 3 for Modo 1年

既にMODOを持っているけれども、新たに1ライセンス追加する折にV-Rayも合わせて購入したいといった場合など、このバンドル製品が大変お得です。ぜひこの機会に、ワンランク上のレンダリングを手に入れられるV-Ray for MODOをお試しください!

 

MODO 12.1v1 日本語版ダウンロード開始

本日(2018/06/22)、MODO開発元であるFoundry社よりMODOの最新バージョンMODO 12.1v1がリリースされたことを受け、国内でもMODO 12.1v1日本語版のダウンロード配布を開始いたしました!

Campaign_Modo12_1_640x250

MODOメンテナンスもしくはサブスクリプションをお持ちの方は、ぜひこの最新バージョンMODO 12.1v1を弊社ダウンロードサイトよりご利用ください:

MODO JAPAN GROUP ダウンロードサイト:http://www.modo3d.jp/tech/modo_dl/

MODO 12シリーズ2回目のフィーチャーセットリリースとなるMODO 12.1v1ではVR環境をそのままMODOで再現し、環境内におけるモデルの編集や確認可能になるMODO VR機能、ドリブンアクションの搭載、多数のプロシージャル・ダイレクトモデリングの追加修正など、様々な機能がサポートされています。

MODO 12.1v1で搭載された新機能、更新履歴、既知の問題点などについては、以下のページで詳細を公開いたしておりますので、ぜひご覧ください:

MODO 12.1 新機能:http://modogroup.jp/modo/modo12s/modo121v1_newfeatures
MODO 12.1 更新履歴:http://modogroup.jp/modo/modo12s/modo121v1_details
MODO 12.1 既知の問題点:http://modogroup.jp/modo/modo12s/modo121v1_known_issues

さて実際にステキな新機能が搭載されても、きちんと機能を理解できなければうまく使いこなすことはできませんよね。ということで、今回もMODO 12.1v1で追加された新機能について、随時日本語解説ビデオで公開していく予定です。本日はまずこのバージョンで追加・修正されたインターフェイスの変更点について解説します:

MODO12.1におけるインターフェイスの追加・改良点

こちらのインターフェイスのほうが作業の手が早くなるという方もいるのではないでしょうか?ぜひお試しください!

 

CAD POWERセット価格改定のお知らせ

この度、SLIK2(Studio Lighting & Illumination Kit)の販売終了に伴い、SLIK2をバンドルしていたCAD POWERセット価格も改定となりました:

このCAD POWERセットは、CADデータの入出力をサポートするプラグインおよびマテリアルライブラリをセットにした以下4製品のバンドル商品となっています:

PowerTranslators for MODO
Power SubD-NURBS for modo
Studio Environment Set 1 from 9b studios
Studio Environment Set 2 from 9b studios

これら製品をそれぞれ単品でご購入いただくと合計146,000円(税抜)となるところを、このCAD POWERセットでは20%オフ116,800円(税抜)にてご提供いたします。MODOとCADを連携させるのに必ず役に立つツールのコレクションとなっていますので、CADデータの入出力が必要な方は、ぜひこのツールの導入をご検討ください。

CADデータの入出力をサポートするプラグイン「PowerTranslators for MODO」「Power SubD-NURBS for modo」については、15日間無償でお試しいただける体験版もご用意致しておりますので、ぜひお手持ちのデータでお確かめください!

CADツール体験版お申し込みページ:http://modogroup.jp/modo/cad/modo-cad-trial

 

リリース:「メンテナンス継続更新」用製品リリース

MODO 11リリース時より、新たにメンテナンスという形態が導入され、もうすぐ1年が経とうとしています。ご購入いただいたメンテナンスの満了日が、あと1ヶ月未満というお客様に対し、本日よりMODO JAPAN GROUPから満了日お知らせのメールをお出しするようにいたしました。また、それと同時にメンテナンスを継続してご利用いただけるための「メンテナンス継続更新」用の製品を新たにリリース開始しております!

メンテナンスを継続更新していただきますと、メンテナンス満了日から1年後まで新たに継続期間を1年分延長し、そのメンテナンス期間にリリースされるメジャー・マイナー問わず最新プログラムを恒久的にご利用いただけるようになります。

メンテナンス製品に関する詳しい解説は、下記ページにて詳細にご説明しておりますので、ぜひそちらをご覧ください:

MODO メンテナンスの更新

メンテナンス製品に関しましてご不明な点・ご質問等ございましたら、お気軽にMODOカスタマーサポート(cs@modogroup.jp)までご連絡ください!

 

MODO最新メジャーバージョン「MODO 12.0v1」リリース!

本日、MODO開発元であるFoundry社より「MODO 12.0v1」がリリースされたことを受け、MODO JAPAN GROUPでも「MODO 12.0v1 日本語版」をリリースいたしました:

メンテナンスご契約中のユーザー様は、このメジャーバージョンを無償にてお受取りになれますので、ぜひダウンロードサイトよりダウンロードの上、ご利用ください:

MODO JAPAN GROUP ダウンロードサイト

このMODO 12 シリーズでは、MODO 10やMODO 11と同様、12.0を含む3回のフィーチャーセットのリリースを予定いたしております。今回リリースするMODO 12.0では主にモデリングワークフローの改善に力を入れたバージョンとなっており、様々な機能が搭載されておりますので、ぜひ新機能のリスト、また更新履歴・既知の問題点のページをご覧ください:

MODO 12.0 新機能リスト
MODO 12.0 更新履歴
MODO 12.0 既知の問題点

MODO 12.0v1 日本語版」はインターフェイスは日本語となっておりますが、リファレンスマニュアルはMODO 11.2が付属しております。MODO 12.0に完全対応したリファレンスマニュアルは6月上旬公開予定といたしておりますので、完成まで今しばらくお待ちくださいませ。

その代わりと言ってはなんですが、MODO JAPAN GROUPではMODO 12.0の新機能を日本語解説ビデオで随時解説してまいります。本日ご紹介するのは「MODO 12.0におけるインターフェイスの変更点」。まず一番最初にインターフェイスがどう変わったのか、使い勝手がどう変わったのか知りたいですよね:

MODO 12.0におけるインターフェイスの変更点

モデリング作業時における手数をより少なく、様々な機能へのアクセスがしやすくなるようにと、小さな改良が数多くなされています。メンテナンスをお持ちでない方も、現在MODO 12 体験版をご用意いたしておりますので、そちらでぜひ試してみてくださいね!

 

MODO 11.2v3 日本語版ダウンロード開始

昨日Foundry社よりMODO最新バージョンMODO 11.2v3がリリースされたことを受け、本日より国内でもMODO 11.2v3 日本語版のダウンロードを開始いたします。MODO 11をお持ちの方は、弊社ダウンロードサイトよりご利用ください:

MODO JAPAN GROUP ダウンロードサイト:http://www.modo3d.jp/tech/modo_dl/

通常、こういったマイナーバージョンアップでは機能追加は行われないのですが、今回のMODO 11.2v3ではglTFフォーマットへの出力SolidWorks 2018フォーマットの標準読み込み機能がサポートされるようになりました。

glTFフォーマットはWeb3Dの世界ではよく知られたフォーマットですが、このバージョンからはじめてglTF用のシェーダがサポートされ、出力が可能となりました。FacebookでもこのglTFフォーマットの3Dデータの投稿が可能になっており、MODOで作成したデータをすぐに共有できるようになっています:

ただしまだ現段階では既知の問題点として、一つのメッシュにつき一つのglTFマテリアル、という制限がありますので、複数のマテリアルを使用したい場合には、マテリアル毎にメッシュを分けた状態で出力するようにしてください。

FacebookへのglTFフォーマットデータの投稿方法に関しましては、こちらをご覧ください:

https://developers.facebook.com/docs/sharing/3d-posts/glb-tutorials

Facebookへの出力の場合は、glb形式で出力しますが、画像も内包されます。この画像データも含めて3MBまでが上限となっていますので、その点は気をつけてデータを作ってください:

gltf

Facebookアカウントをお持ちの方は、ぜひ試してみてくださいね!

 

マテリアル集「MatPak for MODO – Coatings」リリース!

手軽に使えるMODOのマテリアル集に、また新たな製品が一つ追加されました。モデルの表面をコーティングする多様なマテリアル集です:

MatPak for MODO – Coatings:http://modogroup.jp/modo/kits/matpak-coatings

インストール後、プリセットに自動登録されるマテリアルを適用したいモデル上へとドラッグ・アンド・ドロップするだけで、すぐにお使いいただける使う側の負担の少ないマテリアル集となっています。

MatPakシリーズは他にもいくつも種類がありますが、このコーティング用マテリアルのリリースを機に、これまでリリースされているマテリアルを組み合わせた下記セット商品としてお求めやすい価格でご提供することにいたしました。コーティング単品でも、セット商品でも、選ぶのはユーザー様の自由です!ぜひ用途に求めた商品構成をお選びくださいね。

ご用意しているMatPakセット商品は以下のとおりです:

MatPak セット(材質データ集5種類)
MatPak – Metals
MatPak – Coatings
MatPak – Interiors I
MatPak – Interiors II
MatPak – Interiors III
※それぞれ単品で購入した場合の合計価格は29,000円(税抜)を、セット商品価格24,700円(税別)でご提供

MatPak インテリアセット(材質データ集I~III)
MatPak – Interiors I
MatPak – Interiors II
MatPak – Interiors III
※それぞれ単品で購入した場合の合計価格は17,400円(税抜)を、セット商品価格14,800円(税別)でご提供

MatPak プロダクトセット(材質データ集2種類)
MatPak – Metals
MatPak – Coatings
※それぞれ単品で購入した場合の合計価格は11,600円(税抜)を、セット商品価格9,900円(税別)でご提供

 

チュートリアルビデオ「MODO ゲームキャラクター制作コンプリートガイド」リリース!

昨今、ゲーム用データの出力に適したツールの開発などに力を入れているMODOですが、本日新たにMODOを使用してゲームキャラクターをいちから制作するためのチュートリアルビデオの販売を開始いたします。その名も「MODO ゲームキャラクター制作コンプリートガイド」!

http://modogroup.jp/modo/training_materials/game_character_complete

本ビデオを製作されたのは、映画、テレビ、ゲームやCMといった現場で、MODOをメインツールに据えて3DCGモデルや映像制作を行っている株式会社ヴィーヴォピクス様。実際に彼らが行っている制作ワークフローを元に、こちらのビデオでは、MODOだけでいちからモデリングの作成、3Dペイント機能を利用したテクスチャの制作、そしてリグのセットアップまでを、丁寧に解説してくれるMODO初心者にも大変わかりやすいビデオになっています。

ゲームというカテゴリにとらわれず、モデリングやテクスチャ制作、セットアップにご興味のある方は、ぜひこのビデオでMODO機能を学習してみてください。

またMODO JAPAN GROUPでは、MODOクリエイター様によるこのようなトレーニングマテリアルに加え、実際にその機能を体感していただけるよう、様々なトレーニングコースをご用意しています。

先日新たに開講した、MODOのキャラクタアニメーションの標準機能キャラクタアニメーション用プラグインCharacterBoxの機能を体験していただく無料体験コース アニメーション編は、あっという間に定員に達してしまいましたため、急ぎ次回開催を03/05(月)に追加することとなりました:

03/05(月) MODO 無料体験コース アニメーション編

申し込みそびれたという方も今がチャンスです!ぜひご検討ください。

さらにモデリングに関しては、そのカテゴリに合わせて「プロダクトモデリング」「キャラクタモデリング」の2つのトレーニングコースをご用意しています。セミナーやトレーニング受講者からのリクエストが最も多いモデリングトレーニング、習熟度を高めるには最適なトレーニングですので、こちらもぜひご検討ください:

03/19(月) MODO モデリングトレーニングコース プロダクトモデリングコース
03/23(金) MODO モデリングトレーニングコース キャラクタモデリングコース

drone-screenshot03 tooko-screenshot02