カテゴリー別アーカイブ: リリース

「MODO 10 シリーズ」最新アップデータ「MODO 10.2v2」ダウンロード配布開始

The Foundry社よりMODO 10 シリーズ最新アップデータである「MODO 10.2v2」がリリースされたことを受けまして、国内でも本日より「MODO 10.2v2 日本語版」の配布を開始いたします。このマイナーアップグレードでは100以上もの不具合を修正し、製品の安定性と正確性を図っております。MODO 10 シリーズをお持ちのお客様には無償でご提供いたしますので、弊社ダウンロードサイトより最新アップデータをご利用ください:

MODO JAPAN グループ ダウンロードサイト:http://www.modo3d.jp/tech/modo_dl/

102v2

※既に「MODO 10.2v1」をお使いの方は、「MODO 10.2v1」をアンインストールしたうえで「MODO 10.2v2」をインストールされることをお勧めいたします。

MODO 10 シリーズでは、リアルタイムゲームエンジン用コンテンツ制作に特化した機能や非破壊型のモデリング手法であるプロシージャルモデリング機能、さらに進化したMeshFusionなど、様々な機能が盛りだくさんとなっています。まだMODO 10 シリーズをお持ちでない方は、ぜひ下記MODO 10 シリーズ新機能解説ビデオを見ながら、体験版などで実際の機能をお試しください:

MODO 10 シリーズ 新機能解説ビデオ

MODO 体験版 お申し込みページ

MODO 10.2 対応日本語完全マニュアル配布開始

大変長らくお待たせいたしました。MODO 10.2 に対応した日本語完全マニュアルの配布を12月20日(火)より弊社ダウンロードサイトにて開始いたしました:

MODO JAPAN GROUP ダウンロードサイト:http://www.modo3d.jp/tech/modo_dl/

102docsいったんお使いのMODO 10.2v1をアンインストールの上、上記ダウンロードサイトよりダウンロードしておいたプログラムをインストールしてください(※プログラムのビルドに変更はございません)。

今回の10.2完全対応マニュアルでは、MeshFusionの使用方法などもチュートリアル形式で記載されており、よりわかりやすい解説が用意されております。MODO 10.2 新機能の学習に、新機能解説ビデオと共に、ぜひご利用ください:

MODO 10.2 新機能解説ビデオ

 

「MODO 10.2」リリース&「MODO 10.2 ラウンチプロモーション」開始!

いよいよ本日より、MODO 10 シリーズ最終フィーチャーセットとなる「MODO 10.2」のリリースを開始いたします。MODO 10 をお持ちの方には無償で提供されますので、弊社ダウンロードサイトよりダウンロードの上、この最新バージョン「MODO 10.2」を、どうぞお楽しみください!

MODO JAPAN グループ ダウンロードサイト:http://www.modo3d.jp/tech/modo_dl/

本日より「MODO 10.2体験版も公開いたしましたので、ぜひ新機能をお試しください。

MODO 10.2 体験版はこちらから

またこの「MODO 10.2」のリリースを記念いたしまして、「MODO 10.2 ラウンチプロモーション」を開始いたします。新規の場合は約40%オフ、アップグレードの場合は約20%オフ、Extended Bundleの場合は約25%オフ、学生・教員版の場合は約10%オフの、ビッグプロモーションです!

banner_campaign_10-2promo_640x200MODOの最新バージョンへのアップグレードは、アップグレード元のバージョンを問いません。どんな古いバージョンからでもアップグレードが可能です!MODOの購入、また最新バージョンへのアップグレードをご検討されている方は、ぜひこの機会をお見逃しなく!

 

MODO最新バージョン「MODO 10.2」いよいよ14日(金)リリース予定!

ゲームエンジンとのワークフローに注力した「MODO 10.0」、プロシージャルモデリングを搭載しさらなるモデリング機能を実現した「MODO 10.1」をリリースしてきたMODO 10 シリーズですが、いよいよ今週金曜日14日より「MODO 10.2 日本語版」のリリースを開始する予定です!

この「MODO 10.2」ではプロシージャルモデリングのさらなる拡張、メッシュライト、自動リトポなど、楽しみな機能が多数搭載されております。また14日には10.2 新機能などについて、The Foundry社クリエイティブスペシャリストのGreg Brown氏によるデモンストレーションが行われます。国内時間だとリアルタイムでも視聴は難しいかもしれませんが、アーカイブも出されることと思いますので、ぜひそちらもご覧ください!

https://twitter.com/TheFoundryTeam/status/785487515243413504

MODO 10.2 リリース翌日に当たる10月15日(土)開催のセミナーイベント「MODO Professionals セミナー vol.10 MODO Unity ワークフロー & VRコンテンツ「CIRCLE of SAVIORS(サークル オブ セイバーズ)」ご紹介」ではMODO 10.2 新機能についても少しご紹介させていただきますので、ご興味のある方はぜひぜひご参加ください!

さらにこの「MODO 10.2」リリースを記念し、同日(14日)よりラウンチプロモーションを開催する予定となっております。MODO 10 シリーズを超特価でご提供するプロモーションです。お楽しみに!

 

マテリアルプリセット集:「MatPak – Interiors III」リリース!

いよいよ本日より、「MatPak – Interiors」シリーズ最後となる「MatPak – Interiors III」のリリースを開始いたします!

MatPak – Interiors III

今回の「MatPak – Interiors III」では、曇りガラスのプリセットなども用意されており、プリセットを目当てのマテリアル上へとドラッグアンドドロップするだけで、お手軽に質感設定が完了です!

matpak3_glassもちろんプリセットを適用した後に、自分で微調整を加えることもできますから、様々な質感設定を勉強するためのライブラリとしても十分にご活用いただけます。

ウェブページには、「MatPak – Interiors I」「MatPak – Interiors II」「MatPak – Interiors III」でインストールされるマテリアルのサムネイル一覧が表示されるようになっていますので、ぜひそちらを参考になさってください!

 

マテリアルプリセット集:「MatPak – Interiors II」リリース!

先月リリースされた「MatPak – Interiors」シリーズの第2弾として、「MatPak – Interiors II」がリリースされました!

MatPak – Interiors II

この「MatPak – Interiors II」でも「MatPak – Interiors I」と同様、103個のフォトリアリスティックなインテリアマテリアルプリセットおよび194個の高解像度EXRテクスチャマップが含まれており、すぐに使えるマテリアルライブラリ集として便利にご活用いただけます。

手元に置いておけば、いざというときにパパッと使える便利なマテリアルライブラリ、ぜひ収録されているプリセットの数々を製品ページよりじっくりご覧ください!

 

キット:「After Effects I/O Bridge」

MODOとAfterEffects間のデータのやり取りを可能にするキットは以前から配布されていましたが、今回新たなチュートリアルビデオと共に、最新のプログラムが公開されることとなりました:

After Effects I/O Bridge

このキットを使えば、MODOとAfterEffectsの間でシームレスな入出力を可能にしてくれます。MODOから3Dレンダーされた要素をAfterEffectsの合成で使用できるようになるだけでなく、カメラモーションを行き来させたり、AfterEffectsのNULLをMODOのロケータへと変換したり、さらにはAfterEffectsのSolidsを単一の板ポリゴンとしてMODOへと持ち込むことが可能です。

このキット、MODO 801以降のバージョンをお持ちの方であれば、弊社ダウンロードリストの中で無償でご提供いたしております。弊社ダウンロードリストの中で提供している中には、本キットのインストール方法および基本的な使用法法を日本語で解説したビデオも付属しております。AfterEffectsとの連携を試みる方には必須ともいえるキットですので、ぜひお試しください!

MODO JAPAN GROUP ダウンロードサイト:http://www.modo3d.jp/tech/modo_dl/

 

キット:「NPR(Non Photorealistic Rendering)」MODO 10シリーズ対応バージョン2.11リリース

手書き風の描画表現を可能にしてくれるキット「NPR(Non Photorealistic Rendering)」のMODO 10 シリーズ対応バージョン2.11が公開されました。MODO 10およびNPRキットをご利用の方は、MODO JAPAN グループ ダウンロードサイトより、該当ファイルをダウンロードの上、ご利用ください:

MODO JAPAN グループ ダウンロードサイト:http://www.modo3d.jp/tech/modo_dl/

MODO 801-902で既にNPRをご使用の方で、MODO 10でもNPRをお使いになる場合にはダウンロードファイル「NPR (既にMODO 801-902でご利用しながら、MODO 10でもご利用いただく方)」を、MODO 10でのみNPRをご使用になる場合にはダウンロードファイル「NPR (MODO 10でのみご利用いただく方)」をダウンロードの上、インストールしてお使いください。

NPRキットの具体的な適用方法・使用方法については簡単なチュートリアルをご用意いたしております:

このNPRキットは単体の販売もありますが、MODOにおける質感編集に関する有償チュートリアルビデオ「Shadertree Essentials 日本語版」「ShaderTree Basic 日本語版」を加えた「これから始めるトゥーンレンダリングセット」もご用意いたしておりますので、これからMODOの質感編集から学習していきたいという方にはそちらがオススメです!

 

「MODO 10 シリーズ」最新アップデータ「MODO 10.1v2」ダウンロード配布開始

The Foundry社よりMODO 10 シリーズ最新アップデータである「MODO 10.1v2」がリリースされたことを受けまして、国内でも本日より「MODO 10.1v2 日本語版」の配布を開始いたします。MODO 10 シリーズをお持ちのお客様には無償でご提供いたしますので、弊社ダウンロードサイトより最新アップデータをご利用ください:

MODO JAPAN グループ ダウンロードサイト:http://www.modo3d.jp/tech/modo_dl/

※既に「MODO 10.1」をお使いの方は、「MODO 10.1」をアンインストールしたうえで「MODO 10.1v2」をインストールされることをお勧めいたします。

この「MODO 10.1v2」は「MODO 10.1v1」のバグフィックスバージョンとなりますが、ポリゴンのマテリアル設定において、小さなアップデートがくわえられています。

modo101v2従来のポリゴンのマテリアル設定であれば、そのままMODOのデフォルトマテリアルが設定されていましたが、このMODO 10.1v2からはリアルタイムゲームエンジン用コンテンツ制作でMODOが多用されていることを考慮に入れ、直接Unreal 用マテリアル、Unity用マテリアルを設定できるようにすることで、作業時間の短縮が図られています。

MODO 10.0ではリアルタイムゲームエンジン用コンテンツ制作に特化した機能、さらにMODO 10.1では非破壊型のモデリング手法であるプロシージャルモデリング機能と、MODO 10 シリーズは様々な機能が搭載されています。まだMODO 10 シリーズをお持ちでない方は、ぜひ下記MODO 10 シリーズ新機能解説ビデオを見ながら、体験版などで実際の機能をお試しください:

MODO 10 シリーズ 新機能解説ビデオ

MODO 体験版 お申し込みページ

2016年8月8日まで、夏のキャンペーン実施中ですので、ぜひこの機会をお見逃しなく!

MODO 10 シリーズ 2016 SUMMERキャンペーン

 

マテリアルプリセット集:「MatPak – Interiors 1」リリース!

7月11日(月)にまた一つ、MODO用の新たなマテリアルライブラリ集「MatPak – Interiors 1」がリリースされました。このマテリアルライブラリ集ではインテリアに適した100個以上ものマテリアルをプリセット形式で提供しているため、シンプルな操作で質感付けが可能になります。

様々なプリセットが用意されていることで、マテリアル制作のとっかかり部分を時間短縮させることができますし、もちろんそこから自分で微調整を重ねていくことも可能です。

製品ページには、マテリアルプリセットの一覧がご覧いただけますので、ぜひそちらも参考にしてください!

MatPak – Interiors 1