カテゴリー別アーカイブ: 機能紹介

MODO 11.2 新機能【平面マッピングによる反転表示の修正方法】

平面マッピングを行うと、正面は良くても、裏側が反転しちゃうんだよなぁ、ってことありますよね?MODO 11.2ではこの問題をシンプルに解決できる機能が搭載されています:

平面マッピングによる反転表示の修正方法

ちょっとした小さな追加機能なのですが、これが案外便利に使えます。地味に手数をかけていた箇所を、すっきり解決できるんですね。

 

MODO 11.2 新機能【MODO 11.2におけるウェイト編集のパフォーマンス向上】

キャラクタアニメーションなどを行う際、必須の作業とも言えるのがウェイトの調整ですが、MODO 11.2ではこのウェイト編集におけるパフォーマンスの向上が図られています:

MODO 11.2におけるウェイト編集のパフォーマンス向上

従来はレスポンスが良くなかったため、操作がしづらく、ライブデフォーマ機能をオフにしてウェイトのペイントを行っていた方も多かったのではないかと思います。こういった状況に対する多くのユーザー様からの声を反映し、11.2ではこのウェイト編集のパフォーマンス改善に力を入れ、快適なキャラクタアニメーション制作ができるよう力を入れています。

 

MODO 11.2 新機能【URLをプリセットとして登録するには】

MODO 11.2ではプリセットに対してクラウドアセット機能が搭載されましたが、その他にも新たにLRLというファイルプリセットがサポートされるようになりました。LRLとはURLをプリセットとして登録できる機能です:

URLをプリセットとして登録するには

プリセットには、メッシュやイメージ、プロファイル、アセンブリなど様々なタイプが登録できるようになっていますが、今回新たにURLを登録できるようになりました。これによりチームでの作業で参照ページを共有したり、資料となるページをMODOの中に直接メモできるようになるため、資料が分散することなく作業を進めやすくなります。ちょっとした機能追加ですが、便利に使える機能になっています。

 

MODO 11.2 新機能【MODO 11.2におけるベベルツールの改良点(ポリゴンベベル&エッジベベル)】

MODOが得意とするモデリング、その中でもとりわけ使用頻度の高いツールと言えばベベルツールではないでしょうか。MODO 11.2ではポリゴンおよびエッジに対するベベルツールに対して、様々な追加機能が実装されました:

こういった追加機能は、ユーザー様からのリクエストの声にお応えして種々実装されています。ぜひ実際にその機能を便利さを実感してください!

MODO 体験版お申込ページ:http://modogroup.jp/trymodo

 

レンダリングサービス:「RenderStreet」

自前のPCだけでは時間内に処理できないレンダリングを、クラウドのレンダリングサービスに任せる経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?MODOで利用できるレンダリングサービスと言えば、「RebusFarm」や「GarageFarm」といったところが有名かと思いますが、今回は「RenderStreet」をご紹介いたします:

https://render.st/

現在「RenderStreet」でサポートされているのは、BlenderとMODOのみ。サイトは英語表記のみですが、それほど難しい設定もなく、FTPなどでプロジェクトフォルダごとコピーするだけの簡単設定です。最初に試用のための25ドルがついていますので、レンダリングサービスに興味がある方は、ぜひ一度試してみてください。

 

ウェブページ:「アニメーション分野」向けページ開設

ご活用いただくユーザー様に応じて、特定のカテゴリに対応したMODOの機能や事例をまとめてご紹介する分野別ページ、今まで「デザイン・ビジュアライゼーション分野」「学生・教育機関分野」「ゲーム分野」とご紹介してまいりましたが、今回は新たに「アニメーション分野」向けのページを開設いたしました!

アニメーション分野

このページではアニメーション制作にMODOを用いられている事例や有効な機能、アニメーションに関するコラムやプラグインのご紹介など、アニメーション制作に特化した情報をひとつにまとめていますので、欲しい情報をピンポイントで得られることができます。

アニメーションにはまだ挑戦したことがないという方も、ちょっとばかり興味があるという方も、がっつりアニメーションの情報がほしいという方も、ぜひ一度こちらのページをご覧ください!

 

セミナー:「MODOスマートスタート~カジュアル&リアルな MODOリアルタイムアセット制作ワークフロー~」10月25日(水)開催!

先日行われたUnreal Fest East 2017では、大変多くのお客様にMODO展示ブースへと足をお運びいただきまして、誠にありがとうございました!MODO 11で搭載されたUnrealブリッジ機能など、ゲームワークフローの中でMODOがどれほど便利にご活用いただけるものかの一端を感じていただけた方も多かったかと思います。

このゲームワークフローにおけるMODOの活用法について、10月25日(水)にダイキン工業株式会社様のセミナールームにおきまして、「MODOスマートスタート~カジュアル&リアルな MODOリアルタイムアセット制作ワークフロー~」と題したセミナーを開催することとなりました!

セミナー講師を務められるのは、弊社ウェブサイト上でも事例記事「ゲーム制作におけるMODOワークフロー」を連載されているKORAT社 高野 怜大氏。前回6月にもセミナー「ゲーム制作に新たな選択肢~MODO で始めるクイックゲームアセット制作~」でご講演いただきましたが、今回は前回大変ご好評を頂いた内容をさらにパワーアップし、より丁寧かつ詳細に講演していただきます。講演後は無償で懇親会も催しますので、ユーザー様同士で交流を深めたり、講師の方やスタッフに直接問い合わせることができるチャンスです。ご興味をお持ちの方は、ぜひご参加ください!

残念ながらセミナーに参加できないという方も、事例記事「ゲーム制作におけるMODOワークフロー」で様々な活用法が公開されています。本日も最新記事「キャラクターのUV展開」が公開され、今まで計5回にわたり、かなり詳細なMODOの使い方を解説してくれています。こちらの記事もぜひお楽しみください!

 

MODO 11.1 新機能【MODO 11.1におけるビューポート表示向上のための追加機能】

MODO 11.1では、ビューポート上におけるアイテムの視認性を高めるための工夫が施されています:

【MODO 11.1におけるビューポート表示向上のための追加機能】

レンダリング結果に影響を及ぼさないこういったビューポート上の工夫により、快適に作業できるようになり、全体の効率をあげることができます。地味な機能に見えますが、こういった機能が実装されることで、一段と使いやすくなっています。

 

MODO 11.1 新機能【スムーズツールにおける境界・コーナーの固定オプションの追加】

MODO 11.1で追加されたスムーズツールに対する二つのオプション「境界を固定」「コーナーを固定」オプションについて解説する日本語解説ビデオをアップしました↓

【スムーズツールにおける境界・コーナーの固定オプションの追加】

スムーズツールは、モデリングのパレットからだけでなく、トポロジツールやスカルプトツールとしても実装されているのですが、それぞれに対して操作に迷うことがないよう、この二つのオプションが同時に追加されています。これにより、接合部分を気にすることなくスムージングをかけられるようになり、より手軽にスムーズツールを活用できるようになったかと思います。

 

ウェビナー:「Procedural Prop Generation in Modo 11.1」

先日Foundry社で行いましたウェビナー「Procedural Prop Generation in Modo 11.1」のアーカイブがアップされていましたので、ご紹介いたします:

このウェビナーでは、数々のMODOチュートリアルビデオを公開しているAndy Brown氏が講師を務め、MODO 11.1におけるプロシージャルモデリングとMeshFusionの機能を用いてプロップを生成するフローを解説しています。

MODOは直観的で操作が速いダイレクトモデリングが特徴ですが、後から編集が可能なこの組立型のプロシージャルモデリングも大変便利に使えます。プロシージャルモデリングに挑戦してみようかなと思われる方は、ぜひこちらを参考にしてください:

<MODO基本機能・チップス紹介サイト> モデリング - プロシージャルモデリング