カテゴリー別アーカイブ: 機能紹介

MODO 12.2 新機能【NVIDIA Optix デノイザの活用方法】

MODO 12.2ではレンダリングにも大きな追加機能があります。NVIDIA社OptiXを利用したレンダリング画像のノイズを除去するためのデノイザ機能のサポートです:

NVIDIA Optix デノイザの活用方法

ビデオでも解説している通り、このデノイザ機能の特性を理解し利用することで、レンダリングに至る工程、またレンダリングそのものにかける時間の負担を軽くすることができますので、環境をお持ちの方はぜひお試しください!

 

アセンブリ:ステッチ機能用ジッパーアセンブリ

前回、MODO 12.2の新機能としてご紹介したステッチ機能、大変便利な機能ですが、ステッチを作るためだけの機能ではありません!ビデオの中でも軽く触れましたが、ステッチを作るだけではなく、アセンブリを活用して様々な形状をカスタマイズすることができます。

そんなアセンブリの一つとして、ステッチ機能を利用してジッパーを作るアセンブリが早速公開されています:

https://www.pixelfondue.com/blog/2018/12/1/modo-stitch-mesh-setup-pushing-points-zipper-assembly

stitch_assembly

購入・ダウンロードしたアセンブリ用のファイルは、インストールフォルダ直下の以下のフォルダへとコピーし:

C:\Program Files\Foundry\Modo\12.2v1j\extra\scripts\Modo_Content\Assets\Assemblies\Stitches

あとはステッチセットアップのインターフェイス上でアセンブリプリセットを使用オプションをオンにして、プリセットパネルからコピーしておいたジッパーアセンブリを指定するだけ!それだけで、簡単にジッパーを作ることができます。

もちろんこういったアセンブリを購入しなくても、自分でアセンブリを組むこともできますし、アセンブリでなくても通常のメッシュを指定することも可能です。こういったアセンブリを購入して、アセンブリの仕組み自体を勉強してみるのも一つの手かもしれませんね。ぜひいろんなパターンを試してみてください:

プロシージャルモデリングのアセット化

メッシュ上に簡単にステッチを作成するには

 

 

MODO 12.2 新機能【メッシュ上に簡単にステッチを作成するには】

MODO 12.2ではプロシージャルモデリング機能を利用して、メッシュ上に簡単にステッチを作成する機能がサポートされました:

メッシュ上に簡単にステッチを作成するには

この機能はアパレルメーカーやシューズメーカーなどから要望されていた機能であり、かなり手軽かつ詳細に設定できるよう設計されており、非常に優れた機能となっています。もちろん、「ステッチを作る」だけに限定した機能ではありませんので、メッシュ上に思う通りにメッシュを配置していくといった用途でも問題なくお使いいただけます。どんなことが表現できるのか、まずは一度試してみてください!

 

MODO 12.2 新機能【同一平面上のジオメトリに対する操作を可能にするフォールオフ】

MODOのモデリング機能でも非常によく使われるのがフォールオフ機能だと思いますが、MODO 12.2では新たなフォールオフのタイプが追加されています:

同一平面上のジオメトリに対する操作を可能にするフォールオフ

この同一平面のフォールオフは、複製したジオメトリなどに対して一括で処理を行いたい場合など、非常に便利に使える機能になっています。フォールオフとトランスフォームを組み合わせれば、様々な効果が期待できますので、ぜひいろんな場面で使ってみてください。

フォールオフとトランスフォームの組み合わせについては、こちらのビデオもぜひ参考にしてみてください:

複数のツールを組み合わせて一つのツールにするには

 

MODO 12.2 新機能【MODO 12.2におけるスケマティックビューの改良点】

最新バージョンMODO 12.2ではインターフェイスに関する改良がいくつか行われていますが、スケマティックビューに関しても手が加えられています:

MODO 12.2におけるスケマティックビューの改良点

リギングを組む上で、ぱっと見てわかりやすいインターフェイスはとても重要なものです。バージョン12.2では細かく調整ができるよう、コメントを入れたり、ノードをグループ化したりといったオプションがサポートされるようになりましたので、よりリグを理解しやすくなりますね!

 

MODO 12.2 新機能【バージョン12.2における3Dビューポートの改良点】

MODOのビューポートの中でも基本となるのが3Dビューポートです。この3Dビューポートに対して、バージョン12.2ではいくつか便利な機能が追加されています:

バージョン12.2における3Dビューポートの改良点

スナッピングの深度制限オプションバウンディングボックスしきい値の設定といったシンプルだけれども効果的な機能が本バージョン12.2では追加されています。ジオメトリが膨大なシーン、複雑なシーンなどで作業される際にストレスを感じる場合は、こういった機能をぜひ試してみてください!

 

チュートリアルビデオ:「プロシージャルモデリング~テクスチャ」Brad Peebler氏作

MODOの旧開発元であるLuxology社創始者であるBrad Peebleer氏が、久しぶりにMODOのチュートリアルビデオをフリーで公開いたしました!

https://vimeo.com/album/5440540

このビデオでは、プロシージャルモデリングを使用したモデリングからテクスチャマッピングまでを、一通りモデルを作成しながら解説しています。Brad Peebler氏といえば、わかりやすいデモンストレーションが得意ですが、このビデオでもその魅力が十分に発揮されていますよ!

 

チュートリアルビデオ:MeshFusion編

サブディビジョンに対するリアルタイムブーリアン機能であるMeshFusionは、MODOのモデリング機能の中でも今や外せない必須機能となっていますが、今回このMeshFusionの新たなチュートリアルビデオがリリースされました:

Mesh Fusion Demystified – Part 1: Foundation

mf_tutorial

作成は数多くのチュートリアルビデオやテクスチャパックを作成しているクリエイターのRichard Yot氏。MeshFusionで組み合わせるパーツを元からモデリングしていきます。MeshFusionをがっつり使いたいという方にはぜひ見ていただきたいおすすめのビデオです!

 

MODO 12.1 新機能【サーフェイスストリップ部分のみを抽出・編集するには】

MODO 12.0からはメッシュの交差部分をコントロールするMeshFusionのサーフェイスストリップ機能が搭載されましたが、バージョン12.1ではさらにそのストリップ部分のみを抽出して、編集を重ねることができるようになりました:

サーフェイスストリップ部分のみを抽出・編集するには

プロシージャルモデリングと組み合わせることで、MeshFusionはメッシュへと変換することなくモデリングを続けることができますので、よりもとに戻って修正がしやすく、また様々なパターンでモデルを試すことができます。MeshFusion+プロシージャルモデリングの組み合わせもまた、作業効率アップのひとつですので、ぜひ試してみてください!

 

MODO 12.1 新機能【スムージンググループの拡張】

前回はMODO 12.1の新機能として、12.1で大きく修正されたエッジのハードエッジ化・ソフトエッジ化の方法を紹介しましたが、今回もやはりシェーディングに大きく関する機能であるスムージンググループ機能の拡張点について解説します:

スムージンググループの拡張

もともとスムージンググループの機能は以前から実装されていたのですが、このバージョン12.1からはスムージンググループを視覚的に管理するためのスムージングマネージャーというパネルが実装されています。このパネルを使用すると、どのポリゴンにどのスムージンググループが適用されているのか、またスムージンググループに適用されているポリゴンを追加したり除去したりと行った操作を簡単に行えるようになります。

このように、MODO 12.1ではこのスムージンググループの拡張やエッジスムージングの編集など、シェーディングに大きく関わるジオメトリの編集機能がより強化されています!