カテゴリー別アーカイブ: 機能紹介

Modo 14.0v1新機能紹介【MeshFusionサーフェイスストリップのエンボス処理】

バージョンを重ねるごとに、様々な機能を搭載し絶えず進化を遂げているサブディビジョンサーフェイスのリアルタイムブーリアンツールであるMeshFusion機能に、バージョン14.0からは新たに、サーフェイスストリップに対するエンボス処理機能が追加されました:

MeshFusionサーフェイスストリップのエンボス処理

これにより、重なり合うメッシュの交差部分に対して、簡単にエンボス加工を加えることができるようになります。重なり合うメッシュはソリッドだけでなく、カーブに対しても適用できますので、スジボリなどもこれで簡単に行えるようになります。

これまでご紹介してきたようにメジャーバージョン14.0新機能については、他にも様々な新機能が実装されています:

<Modo バージョン14.0の新機能>
アンベベルツールを用いたベベル面の復帰方法
スライドツールにおける面モードのサポート
バージョン14.0におけるインターフェイスやモデリングの変更点
シーン内に注釈やコメントを入れるマークアップ機能の使い方
フォールオフにおけるワールドトランスフォームの使い方
頂点マップ編集メッシュオペレーションによるリプリケータのアニメーション
視認性を高めるX線およびゴーストビューポートモード
マテリアルグループへのスケールを用いたテクスチャスケールの一括修正

興味がある機能がありましたら、ぜひお気軽に体験版でお試しください。

Modo 14.0 体験版

 


Modo 14.0v1新機能紹介【マテリアルグループへのスケールを用いたテクスチャスケールの一括修正】

シェーダツリーでマテリアルを構築していく際、様々なエフェクトに対して複数のテクスチャを設定することはよくあります。そのようなマテリアルが設定されているメッシュの大きさを変えることになった場合、マテリアルに適用されている各テクスチャのスケールも変える必要が出てくるかと思いますが、そんな場合に便利に使えるのが、バージョン14.0から追加されたマテリアルグループのスケールオプションです:

マテリアルグループへのスケールを用いたテクスチャスケールの一括修正

このスケールオプションは、複数適用されているテクスチャのサイズのみならず、バンプやディスプレースメント、サブサーフェイスの距離なども一括で調整可能であり、非常に手軽にサイズ調整が可能になっています。マテリアル設定に欠かせない追加機能となりそうですね。

 

Modo 14.0v1新機能紹介【視認性を高めるX線およびゴーストビューポートモード】

Modoで作業するうえで、一番利用するウィンドウは3Dビューポートだと思いますが、そのビューポート上での作業をよりやりやすくするため、バージョン14.0からはメッシュを表示する際の新たな表示モードが二つ追加されました:

視認性を高めるX線およびゴーストビューポートモード

新たに搭載されたゴーストビューポートモードでは、正面側と背面側とのメッシュの構造を一度に確認することができますし、またX線モードでは正面側での選択動作を変えずに背面側をクリアに確認することができるなど、大変便利な表示モードになっています。

小さな追加機能ではありますが、全体の作業効率にかかわる大きな変化をもたらしてくれる機能となっています。

 

Modo 14.0v1新機能紹介【頂点マップ編集メッシュオペレーションによるリプリケータのアニメーション】

Modoバージョン10.1から追加されたプロシージャルモデリング機能は、バージョンを重ねるごとに様々なオペレーションを追加してきましたが、最新バージョン14.0では頂点マップに関するオペレーションが追加されています:

頂点マップ編集メッシュオペレーションによるリプリケータのアニメーション

頂点マップに関するオペレーションが追加されたことにより、従来までは固定であったマップの情報が、時間の経過とともに変化するアニメーションが可能になり、頂点マップを活用するほかの機能と合わせることで、多様な表現が可能になってきます。今回のビデオではリプリケータと組み合わせていますが、他にも様々な場面で使えるかと思いますので、ぜひ試してみてください!

 

Modo 14.0v1新機能紹介【フォールオフにおけるワールドトランスフォームの使い方】

Modo最新バージョン14.0では、モデリングのツールに細かな改修がいくつか施されていますが、Modoモデリングでも非常によく使われるツールの一つであるフォールオフに対しても、新たなオプションが追加されました:

フォールオフにおけるワールドトランスフォームの使い方

大きな機能追加というわけではありませんが、オブジェクト空間だけでなく、ワールド空間でフォールオフをかけられるようになったことで、よりモデリングしやすくなるケースも多くあるのではないかと思います。ぜひこちらのオプションをモデリング時に活用してみてください!


Modo 14.0v1新機能紹介【シーン内に注釈やコメントを入れるマークアップ機能の使い方】

今回はModo 14.0v1のなかでも大きな追加機能の一つであるマークアップ機能についてご紹介します:

シーン内に注釈やコメントを入れるマークアップ機能の使い方


このマークアップ機能、以前からも実装を希望するユーザーからの声が多くあり、日本国内からも多くのご要望をいただいておりました。そういった声を反映し、今回のバージョン14.0で新たに搭載されましたが、仕組みとしてはいたってシンプル!ですので、操作に迷うことなく、簡単にお使いいただけるかと思います。後から見直す用のちょっとしたメモ書きにも使えますので、ぜひ便利に活用してみてください。

 

Modo 14.0v1新機能紹介【バージョン14.0におけるインターフェイスやモデリングの変更点】

今回はModo最新バージョン14.0において施されたインターフェイスおよびモデリングに関する変更点をご紹介します:

バージョン14.0におけるインターフェイスやモデリングの変更点

一つ一つの機能が大きな改修というわけではないのですが、どれもが作業効率につながる重要な機能修正です。ぜひこちらのビデオを参考に、新しいバージョンを試してみてくださいね!

 


Modo 14.0v1新機能紹介【スライドツールにおける面モードのサポート】

Modo 14.0v1では、モデリングにおける細やかな機能改修がいくつか施されています。前回ご紹介したアンベベルツールもそうですが、他にもスライドツールに新たに便利なオプション面モードが追加されています:

スライドツールにおける面モードのサポート

このモードが搭載されたことで、全体の形状を崩すことなく、ジオメトリを調整していくことができますので、便利に使えそうですよね。Modo最新バージョン14.0は体験版もご用意しておりますので、ぜひ最新機能を実際に試してみてください!

Modo 体験版

 

アセンブリ:「Liquid Splash」

プロシージャルモデリングでは、モデリングの工程を一つのアセンブリにまとめることができますが、その機能を利用してスプラッシュの表現を可能にするアセンブリが公開されていましたのでご紹介いたします:

作者はいくつもの優れたアセンブリを公開されているAlexander Shmakov氏。氏はこれまでにもプロシージャルモデリングを用いて、驚くほど豊かな表現を可能にするアセンブリやチップスを数多く公開されています。

氏のYoutubeサイトでは、公開されているアセンブリのプレビューなどもご覧いただけますので、ぜひそちらもチェックしてみてください:

https://www.youtube.com/channel/UClf3b-fx2wgQ5oGqR9fER3A/videos

また、こういったプロシージャルモデリングのアセンブリ化に興味があるという方は、ぜひ下記日本語解説ビデオを参考に、ご自分でも試してみてくださいね!

プロシージャルモデリングのアセット化

 

2019年 年末年始休業のお知らせ

いよいよ2019年も終わりを迎えようとしておりますが、皆様方にとって今年はどんな年でしたでしょうか?MODO JAPAN GROUPは今年、Modo 13シリーズのリリース、展示会出展、新たなトレーニングの開催、PDFテキストのリリースなど、様々な活動を行い、直接ユーザーの皆様方とお会いできる機会も増え、大変有意義に過ごせた一年であったかと思います。来年はさらに、Modoユーザーの皆様のお役に立てるよう、サービスの向上に努めてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、この年末年始、弊社の休業期間は下記のスケジュールとなります:

休業期間:2019年12月28日(土)~2020年1月5日(日)

休業期間中もMODO JAPAN GROUPオンラインショップは通常営業いたしておりますので、ぜひご利用くださいませ。ただし販売代理店様経由で製品をご購入なさる場合、商品の出荷は2020年1月6日(月)以降の対応とさせていただきますので、あらかじめご了承くださいませ。

さて、本年最後にお届けする機能紹介ビデオは「微妙に揺らぐファーやヘアをカーブで表現するには」です:

ダイナミックカーブでシミュレーションさせるほどでもない微妙な揺れを表現する場合、ラグデフォーマを使ってぱぱっとそれっぽい動きをつけるのが得策です。ファーマテリアルでファーを表現するのではなく、カーブで表現することで、レンダリング時間も少なくなり、手軽に使えることで制御もしやすく、より自由な表現が可能になるかと思います。短毛のキャラクタには、ぜひこういった手法も試してみてください。年末年始、お時間があるときにでもぜひ!

それでは、来年もどうぞよろしくお願いいたします。