カテゴリー別アーカイブ: ユーティリティ/プラグイン/スクリプト

ウェブ:「無償キット」ページ公開

MODO開発元であるFoundryでは、MODOの機能を追加してくれるMODOキットに対し、有償版だけでなく、無償版にも力を入れて配布しています。この度、MODO JAPAN GROUPでは、MODOを有しているユーザーの方対象に無償で配布しているキット専用のページを作りましたので、ぜひご覧ください:

MODO 無償キットのご案内

ZBrushやAfterEffectsとのブリッジ用キットSubstanceデータを読み込むためのインポータUnity/UnrealEngineなどリアルタイムエンジン用のテクスチャ集など、様々な無償プラグインが配布されています。またこの他にも、建築ビジュアライゼーション用の素材集である「VP ARCHVIZ kits (アークビズキット)」のページでは、お試し用のフリーデータも用意されています。

まだご存じなかったキットもあるかもしれません。ぜひチェックしてみてください!

 

キット:「CharacterBox for MODO」MODO JAPAN GROUPでの取り扱い開始!

本日より弊社MODO JAPAN GROUPでも、MODOにおけるキャラクタアニメーション機能を大幅にアップしてくれるキット「CharacterBox for MODO」の取り扱いを開始いたしました!

CharacterBox for MODO

これにより、今後は弊社もしくは弊社経由で販売代理店様からのCharacterBox for MODOのご購入が可能となります(※お取扱いはパッケージ版のみとなります。ダウンロード版は開発元である株式会社ピー・ソフトハウス様のみでのお取扱いです)。またそれに伴い、弊社および弊社経由で販売代理店様(販売元であるToo様を除く)より本プラグインをご購入いただいたお客様のサポートは弊社で行ってまいります。

キャラクタアニメーションに必要となる様々な機能を有するモジュラーリグ形式のCharacterBox for MODO、ご興味をお持ちの方はぜひ、今年3月に行いましたCharacterBox for MODOの機能をご紹介するライブ配信映像のアーカイブをご覧ください:

高機能かつ幅広くサポートされた汎用性の高い製品となっているのが、おわかりになるかと思います。

まずは使ってみたいという方は、株式会社ピー・ソフトハウス様のウェブよりぜひ体験版をお試しください!

「CharacterBox for MODO」体験版のご案内

体験版にはサンプルも含まれておりますので、ぜひそちらもご活用ください!

 

キット:「Screen color picker」

Foundryフォーラムにおいて、カラーピッカー用の便利キットが公開されていましたので紹介いたします:

https://community.foundry.com/discuss/post/1092080

screen_color_picker

画面上の色を取得してくれる、いわゆるスポイトツールのような機能です。Mac版の場合だと、標準のカラーピッカー自体に色を取得してくれる機能が提供されていますが、Windows版の場合にはそういった機能がなかったため、こういう機能を要望される方も多かったかと思います。

キットをインストールすると、カラーピッカー画面に「Screen Picker」というボタンが現れますので、そちらをクリックし、出てきたパネル上でマウスをクリックしたまま、画面上で拾いたい色までマウスをドラッグします。そうすると、インタラクティブに取得した色がパネル上で塗りつぶされますので、色の確認や設定がとても簡単に行えるようになっています。

このキットを使うことで、チームで制作する場合など、用意しておいた様々なパレットから色を拾うことができ、作業がとても簡単になりそうですね。

 

制作事例:未来のレトロカーモデリングメイキング

MODOに関する様々な情報を発信しているpixelfondueのサイトにおいて、未来のレトロカーモデリングのメイキングが公開されていましたので、ご紹介いたします:

https://www.pixelfondue.com/blog/2017/7/23/modo-future-retro-car-modeling-breakdown

このモデリングにはWilliam Vaughan氏が公開しているMOP Boolean Kit for MODOキットが多用されています。MOP Boolean Kit for MODOではMODOのプロシージャルモデリング機能を用いて非破壊型の処理を行いますので、パーツの組み合わせを多用するモデリングにおいては、非常に役に立つツールキットとなっています。

MOP Boolean Kit for MODOのページには、他にもさまざまな事例が続々と掲載されていますので、ぜひ一度ご覧ください!

MOP Boolean Kit for MODO

 

スクリプト:「Alpha 2 Weight」

ゲームの世界などでよく使われる頂点カラーマップ(RGBA)ですが、MODOでは標準のペイント機能を使えば簡単かつ直観的に頂点カラーマップを作成することができます。

しかし、残念ながら現時点(MODO 11.1リリース時点)ではRGBAのアルファの効果をビューポート上およびプレビュー上で確認することができません。この機能を実装すべく、開発元であるFoundry社には既に機能要望を出していますが、とりあえずこの問題を回避するため、RGBAのアルファの値をウェイトマップへと変換するスクリプトをご用意いたしました。このスクリプトを利用することで、アルファ=ウェイトマップをレイヤーマスクとして使用し、プレビューで確認できるようにしましたので、アルファ付きのカラーマップをMODO上でご確認されたい方は、ぜひ一度お試しくださいませ:

[Alpha 2 Weight]

MODOでの頂点カラーマップの作成、およびレンダリング方法は、以下の日本語解説ビデオで公開しておりますので、そちらをご覧ください:

【頂点カラーマップの作成およびレンダリング法】

 

キット:「SketchFab MODO Exporter ver2.1」公開

3Dデータ投稿共有サービス「Sketchfab」へMODOデータを出力するためのキット「SketchFab Exporter Kit 」のバージョン2.1がリリースされました。バージョン2.0でMODOからの出力がうまく行えなかった問題が解消されていますので、アニメーションも含め、メッシュやテクスチャなども、ブラウザ上で表現することが可能です:

SketchFab MODO Exporter ver2.1:https://sketchfab.com/exporters/modo

Sketchfabには、MODOを使って制作された素敵なコンテンツいくつもアップされています:

Terminusoid by MK on Sketchfab

世界観のある素敵な作品ですよね。SketchFabであれば、この世界観の中を自由に泳ぎ回ることができます。SketchFabは無償サービスであり、エクスポータも無償でご提供いたしております。複数人チームでの制作状況の確認用としても、また作品投稿の場としても、非常に有効なサービスですので、ぜひ一度、試してみてください!

 

キット:「MOP Booleans for MODO 11」

Hatchet Collection」「Polystein Kit」など、次々とステキスクリプトをリリースしているPushing Pointsですが、またひとつMODOのモデリング作業を格段にアップさせてくれるキット「MOP Booleans for MODO 11」をリリースしました!

MOP Booleans for MODO 11

仕組みとしてはプロシージャルモデリングのブーリアン機能を使うことで、MeshFusionのようにリアルタイムでブーリアンの操作を行い、ブーリアン処理後でも後から組み合わせたジオメトリの形状や配置の変更を可能にしていますが、このキットではユーザーがプロシージャルモデリングでの操作を全く意識することなく、どんどん操作を重ねていくことができるため、非常に操作性が高くなっています。

モデリング機能としてブーリアンを多用される方は、ぜひとも手元に揃えておきたい優れものキットですので、チェックしてみてくださいね!

ちなみに、プロシージャルモデリングのブーリアン機能のメリットなどについては、以下のビデオで解説していますので、ぜひこちらもご覧ください:

非サブディビジョンのポリゴンに対しリアルタイムブーリアン処理を行うには

 

新プラグイン:「Channel Chimp for Modo」本日よりリリース開始

本日より、新プラグイン「Channel Chimp for Modo」のリリースを開始いたします!

このプラグインではゲームコントローラはMIDIといった外部デバイスを用いて、MODOの中のチャンネルを操作したり、コマンドやスクリプトを実行することができます。このため、MODOの中に読み込んだオーディオに合わせてキャラクタを動かしたり、また外部デバイスでMODOを操作しプレゼンテーションを行うなど、様々な用途でお使いいただくことができるようになっています。

この「Channel Chimp for Modo」のインストール&セットアップ方法、および基本的な使い方については、以下に日本語ビデオをご用意いたしておりますので、ぜひそちらもあわせてご覧ください!

スクリプト:テキストツール用サブディビジョン作成ツール「qFont」

MODOではテキストツールで自由にテキストを作成することができますが、それをサブディビジョン化しようとするとキレイに分割する必要があり、プロシージャルモデリングなどで多少手数がかかってしまいます。今回ご紹介するこのテキストツール用サブディビジョン作成ツール「qFont」では、ボタン一発でサブディビジョン化を行い、厚みをつけてくれます:

http://www.pixelfondue.com/blog/2017/6/11/modo-qfont

qfont01

まずはテキストツールで適当に文字を作成しましょう:

qfont_ui01

分割における密度と厚みを指定したら「Build Mesh」でメッシュを作成します:

qfont02

そうすると、見事にサブディビジョン化されたテキストの出来上がり!さらに、ボタン一発でスプラインデフォーマも適用してくれます:

qfont_ui02

今度は、スプラインデフォーマの個数と軸を指定し、「Build Spline」をクリック:

qfont03

スプラインデフォーマ用ロケータを調整するだけで、テキストをスプラインに沿って配置させることができます。

このスクリプト、わずか$4!手間暇と価格との兼ね合いを考えたら、揃えておいて損はないツールではないでしょうか。

レゴデータ読み込みキット:「fmtLDraw : LDraw Lego loader for modo」

Foundry社フォーラムで、レゴデータを読み込むためのキットが公開されていましたので、さっそく使ってみました!

fmtLDraw : LDraw Lego loader for modo

Lego

これはとっても楽しい!まずはレゴデータ用のライブラリ(LDraw)を下記URLからインストールしたら↓

http://www.ldraw.org/

あとは、上記サイトに置いてある様々なレゴデータをMODOの中へと読み込んで来ることができるのです!ただしその際、ひとつ注意点として、LDrawのインストールパスを正しく設定してあげる必要があります。初期設定ファイル入出力LDraw I/OLDraw Root のパスが、インストールしたパスと一致しているかを、またパスの最後に”\“がついているかを、必ず確認してみてください:

Lego04

ちなみに、このキットの作者は長年MODOの開発者として活躍されてきたEric Soulvie氏。

Lego02

レゴデータをMODOの中で自由に扱えるなんて素敵ですよね。レゴ好きな方も、そうでない方も、ぜひ試してみてください!