カテゴリー別アーカイブ: インタビュー

ユーザープロファイル:広瀬 明氏

3D造形にMODOを活用されている株式会社モワノー 渡邊様のインタビューに引き続き、今週はカタログや広告などの世界でMODOをご利用いただいている株式会社スタジオ・ビーム 広瀬 明様にお話を伺いました!

株式会社スタジオ・ビーム 広瀬 明様

ほぼ後処理なしMODOのみで作業を完了させているということですが、高い品質に驚かされますね。

パッケージのデザイン、カタログや印刷といったカテゴリにおけるMODOの活用法に興味がある方、またリアルでクリアなレンダリングに興味がある方にお勧めのインタビューとなっています。ぜひご一読ください!

 

ユーザープロファイル:瀬邉 尚貴氏

様々なカテゴリで使われているMODOの幅広い事例と、そのアーティストを紹介するユーザープロファイル、今回は株式会社モワノー様瀬邉 尚貴氏にお話を伺いました:

株式会社モワノー 瀬邉 尚貴氏インタビュー

株式会社モワノー様ではデジタル原型にMODOを活用されており、納品物は3Dデータに限らず、立体出力したもの、さらに彩色したものまでと、多岐にわたる技術と経験をお持ちです。デジタル造形の分野で、MODOが使われるケースもますます増えてきていますので、興味をお持ちの方は、ぜひご一読ください!

 

ユーザープロファイル:八代 とものり氏

アニメスタジオ制作現場でMODOを活用していただいていた前回のユーザープロファイルとはがらっと趣を変え、今回はCGイラストレーターとしてMODOを活用していただいてる八代 とものり氏にお話を伺いました:

ユーザープロファイル:CGイラストレーター 八代 とものり氏

柔らかくて温かみのある作品が持ち味ともいえる八代氏は、イラストレーターとしての活躍だけにとどまらず、名古屋造形大学においても非常勤講師として教壇に立ち、また中部地方における3DCGの勉強会グループC3Dの主要メンバーとしても活躍されています。

作品作りにMODOをどのように活用しているのか、またどのような点に気を配り、作品を作られているのかなど、様々な貴重なお話を伺いましたので、ぜひご一読ください!

 

ユーザープロファイル:本間 靖範氏

毎回、様々な分野のMODOクリエイターの方にお話を伺うユーザープロファイル、今回は現在公開中の「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」において3DCGサブディレクターを務められた本間靖範氏にお話を伺いました:

ユーザープロファイル:本間 靖範氏

今回、本間氏にはMODOのモデリングやテクスチャリングといった活用事例をご紹介いただいただけでなく、MODOのリグなども研究されている氏に様々なMODOのリグのサンプルシーンもご提供いただき、MODOにおけるリグの可能性についてもご紹介いただいております。

<MODO映像制作の現場における使用例:リギング>

大変参考になるサンプルシーンですので、ぜひ皆さんの制作活動にもご活用ください!

 

ユーザープロファイル:緑川賢司氏・髙尾寿彦氏

先週に引き続き、今週もMODOの新たなユーザープロファイルをご紹介いたします。先週は(株)意匠計画 海老澤 拓也様による建築パースにおけるMODOをご紹介していただきましたが、今回はがらっと変わって、デザインモデル試作においてMODOをご活用いただいている(株)ミナロ 緑川賢二様・髙尾寿彦様にインタビューを行いました:

株式会社 ミナロ 緑川賢司氏 髙尾寿彦氏インタビュー

試作品の製作にMODOを活用するという使い方もあるんですね。MODOは使い道が多岐にわたっていますので、いろんな場面、いろんなケースで制作活動を支えるツールになれるのではないでしょうか?

これまでにも様々なユーザー様にご協力いただいているユーザープロファイルには、直接かかわりがない分野のユーザー様のインタビューであっても、お役にたつ何らかのヒントが隠されているかもしれません。ぜひご覧ください!:

MODO ユーザープロファイル

 

ユーザープロファイル:海老澤 拓也氏

様々な分野で活躍されているMODOユーザーの方をご紹介するユーザープロファイル、今回はMODOで建築パースを制作されている株式会社 意匠計画海老澤 拓也氏にお話を伺いました:

ユーザープロファイル:海老澤 拓也氏

制作を進める中でのMODOのメリットなどを、わかりやすく丁寧にご紹介していただいています。使用事例に提供していただいた画像も、本当に素敵ですよね。インタビューページには上記画像の他にも何枚もの画像をご提供いただいていますので、ぜひそちらもご覧ください!

 

制作事例:「MODOで2Dデザインから3Dデザインへ : Brooks 」

MODO開発元であるThe Foundry社より、海外における新たなMODO導入事例の日本語字幕付きビデオが公開されましたので、ご紹介いたします:

制作事例:「MODOで2Dデザインから3Dデザインへ : Brooks 」

単にデザインツールとして活用するというだけでなく、MODOを導入しビジュアライゼーションを可能にすることによって、製造全体のコスト削減にもつながるということなんですね。

デザイン業界においても、MODOは様々なメリットをご提供しています。MODOの活用方法などについて詳細にまとめた日本語ページがありますので、ぜひこちらもご覧ください:

MODOだからこそ生み出せるモデル

 

ユーザープロファイル:五藤 彰氏

今回のユーザープロファイルは、映像制作の仕事に携わる傍ら、MODOを使い、自主制作作品を作り続けていらっしゃる五藤 彰氏にお話を伺いました:

<ユーザープロファイル:五藤 彰氏>

この映像、全てMODOを使って制作されたそうです。すごいですよね。続編の構想もあるということなので、そちらも楽しみです!

 

ユーザープロファイル:古川 祐司氏

3Dプリンタも一般に普及し、それに伴い様々なコンテストが行われるようになってきましたが、今回は「DMM.make×週アス『カオスだもんね!』3D化コンテスト最優秀賞」を受賞されたクリエイター古川 祐司氏にお話を伺いました:

ユーザープロファイル:古川 祐司氏

MODOを使用して作品を作られたとのことで、大変興味深く、またMODOを用いた造形という点でも非常に勉強になるお話を伺うことができました。

ユーザープロファイルでお話を伺うだけではもったいない!ということもあり、今回の受賞を記念いたしまして、11月7日(土)に古川氏のお話を直接伺えるミニセミナー(勉強会)を開催することにいたしました!

MODO デジタル造形勉強会「MODOによる立体出力用データの作成術」

今回は、あくまで小規模なミニセミナー(勉強会)ということで、定員はわずか10名!実際の造形物の展示ならびに古川氏より実践的なお話を伺える貴重な機会ですので、ご興味をお持ちの方はぜひお早めにお申し込みください!

 

ユーザープロファイル:岩井 知久氏

毎回、様々な業種においてMODOを活用されているクリエイターの方々にご協力いただき、使用事例をご紹介しているユーザープロファイルですが、今回ご協力いただきましたのはダンボールアーティストとして活躍の場を広げられている岩井知久氏

現在、岩井氏はダンボールアーティストとして活動されているのみならず、中部圏在住の3DCGに興味のある方達の集まりであるC3D(シースリーディー)の代表も務められており、そちらについてもお話を伺っています。

興味深い話が満載ですので、ぜひご一読ください!