イベント/セミナー/トレーニング情報」カテゴリーアーカイブ

アーカイブ:MODOモデリングウェビナー「はじめてのキャラクターモデリング(その4)」公開!

06/24(金)に開催いたしましたMODOモデリングウェビナー「はじめてのキャラクターモデリング(その4)のアーカイブ映像を公開開始いたしました:

初回第1回目から最終回である第4回を通して、下絵をもとにキャラクタのモデリングを一通り学べるシリーズとなっています。様々なモデリングツールを駆使して、キャラクタのみならず、装飾品を含め、モデルをクリーンなトポロジーで構成しています。実際にModoのモデリングツールを長く使用していても、自分で使うツールというのは限定されていて、より便利なツールがあることに気が付かないこともよくありますよね。またモチーフはキャラクタモデルですが、建築モデルやプロダクトモデルのモデリングにも十分通用するチップスが満載です。モデリングの幅をさらに広げてみたいという方は、ぜひこのシリーズ通して、アーカイブをじっくりご覧いただき、モデリング学習にお役立てください!

MODOモデリングウェビナー「はじめてのキャラクターモデリング」

  

モデリングウェビナー:「はじめてのキャラクターモデリング(その4)」06/24(金) 開催!

長いこと間が空いてしまいましたが、可愛らしいキャラクタを下絵をもとにいちからモデリングしていくモデリングウェビナー「はじめてのキャラクターモデリング」第4回を06/24(金)に開催することになりました!

この「はじめてのキャラクターモデリング」では、シリーズを通して頭部や髪、服のモデリングを行ってきました。最終回となる第4回目では、さらなる服のディテールを作っていきます。キャラクタをモチーフにはしていますが、どんなカテゴリにも通用できるモデリングチップス満載でお送りするモデリングウェビナーです。無償でご覧いただけますし、事前のお申し込みも必要ありませんので、ぜひお気軽にご参加ください。

最終回を迎える前に、今までのモデリングを振り返りたいという方は、アーカイブ映像をご用意いたしておりますので、そちらで復習してみてくださいね!

キット:「First Light Kit for Modo 16」

本ブログでも過去に紹介したことがある、非常にシンプルで便利に使えるライティングキット「First Light Kit」が次期Modoメジャーバージョン16に対応したとアナウンスされました。

次期Modoメジャーバージョン16は今月下旬リリース予定となっておりますが、いち早くそのバージョンに対応!メンテナンスもしくはサブスクリプション契約期間中の方は、バージョン16.0パブリックベータ版がご利用いただけますので、ぜひそちらと併せてこの便利なキットを試してみてください:

Modo 16.0 パブリックベータ ダウンロードサイト

この「First Light Kit」の便利な使い方に関しては、03/01にお届けしたModoライブストリーミング配信「Modoって?」の中でクリエイター吉開氏からもご紹介いただいています:

重さを感じることもなく、直感的にシンプルに設定できる優れモノのライティングキットです。揃えておいて損はないキットですので、ご興味がある方はぜひ使ってみてくださいね。

本日もModoライブストリーミング配信「Modoって?」をお送りいたしますので、こちらもぜひお楽しみに!

アーカイブ:「MODO 事例紹介セッション 2022 vol.1」公開

2022年3月24日(木)に開催いたしましたウェビナー「MODO 事例紹介セッション 2022 vol.1」にご参加いただきました皆様、ありがとうございました!ご講演いただきましたミズノ株式会社様のお話は大変興味深く、面白いものでした。今回、アーカイブを公開することとなりましたので、ぜひ多くの皆様に聞いていただければと思います:

Modoに限らず、ワークフローに3DCGを導入することによるデザイン・製作といった業界全体におけるメリットなどを広い視点でご紹介いただいており、これから業務へ3DCGを導入しようと検討されている方導入しようと検討しているものの具体的なメリットを想像するのが難しいと思われる方などに、大変参考になる内容となっています。

Modo開発元であるFoundry社からお届けする海外のModo導入事例と合わせ、ぜひご覧ください!

 

ウェビナー:3DCGソフトウェアMODO「事例紹介セッション2022」vol.1 いよいよ明日開催!

総合スポーツメーカー/シューズメーカーのミズノ株式会社様をお迎えしてお話を伺う3DCGソフトウェアMODO「事例紹介セッション2022」vol.1の開催が、いよいよ明日に迫ってまいりました。皆様、お申し込みはお済みですか?

この事例紹介セッションでは、ミズノ様に「なぜ3DCGを業務に取り入れたのか」「それによってどのようにフロー全体が変化し効率化されたのか」などを具体的にご紹介いただきます。現場における実際の3DCG導入のメリットを直接伺える機会ですので、Modoに限らず、広く3DCG導入をご検討されている方に、ぜひ見ていただきたいウェビナーです!

お申し込みはこちらよりお願いいたします↓

https://us06web.zoom.us/webinar/register/WN_aW6yLY_DSsqERMe07ye2wQ

 

アーカイブ:MODOモデリングウェビナー「はじめてのキャラクターモデリング(その3)」公開!

03/11(金)に開催いたしましたMODOモデリングウェビナー「はじめてのキャラクターモデリング(その3)」のアーカイブ映像、準備が整いましたので公開開始いたしました:

1回目ではキャラクタの頭部、2回目は髪と体、そしてこの3回目では、ワンピースとジャケットを作っています。ブリッジプッシュベベルエッジ押し出し厚み頂点スライドなどなど、様々なモデリングツールを使って、ワンピースやジャケットを素早くキレイに仕上げており、モデリングの役に立つテクニックをご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1回目2回目のアーカイブ映像も公開しておりますので、そちらも併せてご覧ください!

モデリングウェビナー:「はじめてのキャラクターモデリング(その3)」03/11(金) 開催!

はじめてのキャラクターモデリング」と題して、可愛らしいキャラクタをModo上でいちからモデリングしていく配信が今週金曜日(03/11)に第3回目を迎えます。

第1回目と第2回目で、キャラクタの頭部や髪、胴体を作ってきましたが、この3回目ではいよいよ服や装飾を作り、全体をまるっとラフに作り上げていきます。完成が近づいてきてますね!

この第3回目を迎える前に、第1回目と第2回目を復習しておきたいという方は、ぜひ下記アーカイブをご覧ください。見ているだけでも「へーこんな機能もあるんだなぁ」と得られることも多いはず!ぜひお気軽に参加してみてくださいね!

ウェビナー:「事例紹介セッション2022」vol.1 03/24(木) 開催決定!

Modoをご利用いただいている企業様に焦点を当て、どのようにModoを取り入れていらっしゃるのかをご紹介いただく「事例紹介セッション2022」を開催いたします。この第1弾として、03/24(木) 総合スポーツメーカー/シューズメーカーであるミズノ株式会社様より、ご講演いただきます:

イベント名:3DCGソフトウェアMODO「事例紹介セッション2022」 vol.1
開催日時:2022年3月24日(木) 15:00 – 15:50
参加費:無料 (定員 80名)
お申込みフォーム(Zoom)

どうしてModoを選択されたのか、またどのようにModoを活用されているのか、興味が尽きませんよね!この「事例紹介セッション2022」では、テクニカル的なModoの使い方というよりも、Modo導入を検討しているけれどもどのようなメリットがあるのかよくわからない導入したはいいけれどどんな使い方がベストなのかよくつかめない、といった方に企業様での導入事例をご紹介できればと思っております。

実際に導入されている現場のクリエイター様の意見を伺える大変貴重な講演となりますので、ぜひ本ウェビナーに参加してみてくださいね!

 

トレーニング:「MODO 体験トレーニング」03/09(水)開催!

Modo初心者・未経験者の方を対象とした2時間無償の体験コース「MODO 体験トレーニング」を03/09(水)開催いたします:

こちらの体験コースでは、Modoの概念から基本操作をモデリングからレンダリングまで通して一通りを2時間でご紹介いたします。「Modoはどんなソフトなのか興味はあるけれど、まずは試してみたい!」という方は、Modo体験版と併せてぜひこの体験トレーニングをご利用ください。

Modo 体験版お申し込み

Zoomを利用したオンライントレーニングですので参加場所を問いません。またチャット機能でリアルタイムに質疑応答が可能ですので、疑問点もその場で解決することができます。全く触ったことがないという方も、しばらく触っていなくて操作方法を忘れてしまったという方も、ぜひ気楽に参加してみてください!

 

アーカイブ:MODOモデリングウェビナー「はじめてのキャラクターモデリング(その2)」公開!

1月28日(金)に開催いたしましたキャラクタモデリングのウェビナー「はじめてのキャラクターモデリング(その2)」のアーカイブ映像を公開いたします:

第1弾では下絵をもとにキャラクタ頭部のモデリングを行いましたが、この第2弾ではキャラクタの髪の毛のモデリングを行っています。モデリングを行うにあたり、様々なツールの組み合わせであったり、髪の毛の房の便利な作り方であったりを、丁寧に解説しながら実際に作っていく様子がご覧いただけます。

モデリングにおいてはこれが正解!といった手法が存在しているわけではなく、また目的を達成するための手法もひとつだけしか存在していないというわけではありません。ぜひこういったウェビナーで実践的に使えるモデリング手法を習得し、さらにモデリングの幅を広げてみてはいかがでしょうか?