メッシュオペレータ:「PyMop 2.0」


様々な表現を可能にしてくれるプロシージャルモデリングですが、そのメッシュオペレータをPythonで表現してくれるPython Mesh Operatorが公開されています:

PyMop 2.0

Pythonでモデルのメッシュ情報にアクセスし、ユーザーチャンネルで自分で定義した様々なプロパティの値を参照しながら、モデル自身に独自の編集や変形を加えていくことができる優れものです。

Pythonで組む際のインターフェイスも、スクリプト用に様々な便利機能が実装されていて、組むのにストレスを感じることがなさそうです。Pythonに馴染みが深い方は、ぜひこういったツールを使って、独自の表現を追求してみてはいかがでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です