【MODO 10.2新機能紹介】プロシージャルモデリングを用いた瓶の作り方

MODO 10.1から搭載された非破壊の手続き型モデリング手法であるプロシージャルモデリングがサポートされましたが、MODO 10.2ではさらに多くのモデリングツールがサポートされるようになりました。回転体もその一つです:

プロシージャルモデリングを用いた瓶の作り方

シンプルな用例ですが、特にこういった回転体でデザインなどを検討する場合など、プロシージャルモデリングの非破壊型の特性が大きなメリットとなりますよね。プロシージャルモデリングは面倒さそうと思われるかもしれませんが、こういった簡単な使い方から初めてみてはいかがでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。