プロシージャルモデリングを用いた瓶の作り方


https://www.youtube.com/watch?v=gg8Z2U2sNCo

プロシージャルモデリングを用いると、以前に比べて瓶や缶といった回転体のモデリングが非常にやりやすくなっています。

まずはモデリングしたい瓶の画像を下絵とするため、Backdrop Itemとして配置します。次にベジェカーブを起動し、下絵を元にベジェカーブを作っていきます。カーブが作成出来たら、オペレータ追加複製Radial Sweepメッシュオペレータを追加します。これでカーブを元に回転体が生成されます。

ここまではダイレクトモデリングと同じですが、プロシージャルモデリングではさらに元のカーブを修正することが可能です。カーブのジオメトリはBase Meshに入っていますが、これをそのまま編集しようとするとエラーが出てきてしまいます。プロシージャルモデリングの場合は、明示的にメッシュの編集を行うという場合は、Gと書かれたゴーストボタンをクリックします。そうすると、完成モデルはゴースト表記された状態でジオメトリを編集できるようになるため、完成メッシュを確認しながら、もとのカーブ形状を修正していくことが可能になります。

また、この回転体のサイドの数に関しても同様です。Radial SweepTool PipeHelix Generatorでは回転体のプロパティを調整することができますが、ここでは何度でもカウントの数を修正し、試していくことができます。

ダイレクトモデリングでこういった回転体を作ろうと思うと、何度もアンドゥを実行する必要がありましたが、プロシージャルモデリングではその必要がありません。プロシージャルモデリングを用いるモデル作成において、最もわかりやすい恩恵の一つが、こういった回転体などのモデリングになるでしょう。