ご登壇者紹介:廣 鉄夫氏&北田 栄二氏

先日は、7月1日(水)に開催されるイベント「The Foundry Summer Session 2015 in JAPAN」にご登壇下さるゲストのRichard Hurrey氏および柳澤 郷司氏のお二方をご紹介いたしましたが、今回は7月4日(土)の「The Foundry Summer Session 2015 in JAPAN (福岡)」にご登壇いただく廣 鉄夫氏および北田 栄二氏をご紹介いたします。

最初にご紹介するのは廣 鉄夫氏

2015年6月26日発売予定の「Unityで神になる本。」の著者である廣 鉄夫氏は、この著書の中で3Dアセットを作るためのツールとしてMODOを採用されています。セミナーでは、MODOでモデリングした素材を、SUBSTANCE PAINTERを使って、Unityで利用、スクリプトでコントロールするまでのワークフローをご紹介いただきます。ここまでの流れを目の前で実際に一通り解説していただけるのは大変貴重ですね。

そして、もうお一方は北田 栄二氏

現在、北田氏は福岡にて株式会社ModelingCafeの福岡支社代表を務められています。北田 栄二氏と言えば、オーストラリアやシンガポールなど、海外のCGプロダクションで実績を上げてこられた著名なCGクリエイターであり、ご存知の方も多いかと思います。今回、北田氏にご講演いただくのは、The Foundry社製品のペイントソフトである「MARI」についてです。近年、MODOとの親和性もますます高くなってきた「MARI」ですが、実際に 「MARI」を活用されてきた北田氏に、その使い方・魅力などを実演に基づいてご講演いただきます。「MARI」に興味があるものの、実際に見たことがない、という方もいらっしゃると多いかと思いますので、この機会にぜひ北田氏による「MARI」のご紹介をお楽しみください。

The Foundry Summer Session 2015 in JAPAN (福岡) お申込みフォーム

さらに、この福岡でのイベント(7月4日(土))の翌5日(日)にはなんと、MODOユーザーグループ福岡様による勉強会が行われます!今回はゲスト講師として、日比隆志氏をお迎えするとのこと。知識を得るにはまたとない機会だと思われます。お近くにお住まいの方でもそうでなくても、4日(土)/5日(日)は、ぜひ福岡にてイベント+勉強会といったMODOに身を浸す週末を送られてみてはいかがでしょうか?

さて、本日ご紹介するMODO 901新機能はプロシージャルシャッター機能です。ダイナミクスで砕け散る破片の生成を自動でコントロールするプロシージャルシャッターは、大変便利で楽しい機能です。いろいろと遊んでみてください!

プロシージャルシャッターを用いた破砕メッシュの自動生成

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。