制作事例:TEN 24スタジオによるスキャンデータの再構築

80台ものデジタル一眼レフで組まれた撮影リグを活用し、TEN 24スタジオでは超高精度のスキャンデータを提供していますが、そのスキャンデータをZBrushMODOを用いてリトロポジを行い制作された作品がありましたので、ご紹介いたします:

http://www.3dtotal.com/index_interviews_detailed.php?id=325#.VCUNiBarR2C

まつげや眉、ヘアなど全てMODOの標準機能を利用して制作されたそうです。

また、特筆すべきはSkinシェーダでしょうか。各パラメータに対して様々な画像データが用意されており、細かく設定されているのがよくわかります。

高度な撮影リグもさることながら、スキャンデータに対するリトポロジ、さらにスキンやヘアに対するシェーディングの設定で、これほどまでにリアルに再現することができるんですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です