コミュニティメンバーインタビュー

Luxology.comに、コミュニティメンバーの新しいインタビュー記事が2つ掲載されていますので、紹介いたします。
IGLOO

最初の記事は、カナダトロントにあるIGLOOというプロダクションで、Gustavo Fernandesさんにインタビューした記事です。IGLOOでは、modoを制作のパイプラインのモデリングとレンダリングの行程で使用しています。リギングやアニメーションはMayaで行いアニメーションの結果をMDDファイルに出力し、modoでレンダリングを行っています。画像の合成はAfterEffectもしくはNukeをプロジェクトの内容に応じて選択して使用いるそうです。modoは401から使用し、現在はmodo 501にアップデートしています。
modoを使用した最初の大きなプロジェクトは、Alice in Chainsウェブサイトのインタラクティブビデオで胎児の皮膚の表現にmodoのサブサーフェイススキャッタリングが使われています。
 

Alice in Chains – Acid Bubble from IGLOO VFX on Vimeo.

ToyotaのCMでは、カメラトラッキングをMatchMoverで行い、modoに出力しています。マテリアル、ライティング、HDRIマップの設定をmodoで行い、各車に対して約12レイヤーをレンダリングしています。

制作には合計100のCPUコアを持つ10台のMacワークステーションで行っています。各マシンには12GBのメモリーを搭載しています。パイプラインはショットをブレイクダウンするためにFinalCutProを使用するところから始まります。アニメーションはMayaで行いますので、レンダリングでmodoに戻すためにMDDに頂点アニメーションを出力しています。modo 501は、制作のパイプラインに統合されており、長いシーケンスのレンダリングでも安心してレンダリングが行われています。
Adam Ohern

Adam Ohernさんは、カリフォルニアのサンタモニカを拠点に活躍する工業デザインコンサルタントです。Adam Ohernさんの仕事は、ラップトップから電動工具、オーディオ機器からバスルームの設備など幅広く手がけられています。Adam Ohernさんは、modoとSolidWorksをコンセプトデザインから実際の制作まで使用しており、ロサンジェルスにあるOTISとStudioArtsのデジタルデザインのクラスも持っています。また、Luxologyから発売されているSunglassesBackpackのチュートリアルビデオは、Adam Ohernさんによって制作されたものです。また、cadjunkie.comで、オリジナルのビデオチュートリアルを公開しています。

SolidWorksに新しく搭載されたtsElementsについて解説してくれています。工業デザインでは、製品を製造するための精密な寸法が必要なためNURBSのような曲面表現方法が必要になるため、SolidWorksのようなCADシステムを使用します。SolidWorksは、非常にパワフルなツールで私のスタジオでも主要モデリングツールとして使用しています。しかし、有機的な形状を制作する場合はmodoを使った方が簡単にモデリングができます。全体的な形状を簡単にモデリングする場合はmodoを、精密な機械形状を作る場合はSolidWorksを使っています。tsElementsを使用することによってmodoで素早くサブディビジョンサーフェイスでモデリングした車のボディをSolidWorksに持ってくることができるようになりました。最終的な形状は、G2レベルで曲率が連続されていますので、製造工程にモデルデータを送ることが可能です。
cadjunkieのブログにtsElementsを使用した基本的な手順が解説されています。

tsElements from Adam OHern on Vimeo.

Adam Ohernさんは、工業デザインの上流モデリングでmodoを使用して制作したサブディビジョンサーフェイスをtsElementsでSolidWorksに出力するワークフローを薦めています。サブディビジョンサーフェイスは、N-Gonを作らずに四角形だけでモデリングするとピンチができずにきれいにSolidWorksにデータを出力できるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です