スクリプト:「Visible Selected Meshes v1.1」アップデート

選択しているメッシュのみを可視状態にするスクリプト「Visible Selected Meshes」ですが、頂きましたご要望を元にスクリプトを実行する前の可視状態へと戻す”back“オプションを追加したv1.1を公開いたしました:

 Visible Selected Meshes

他のオプション引数”solo“/”reverse“/”all“と同様に、上記図のようにキーへと割り当てていただくと使いやすいかと思いますので、多数のメッシュを含んでいるシーンなどで頻繁に表示・非表示を切り替える作業が必要となる場合には、ぜひ一度お試しください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。