【MODO801】カーブコンストレイントによるペイントとスカルプティング

ペイントとスカルプト機能におけるMODO 801での大きな進化点は、カーブコンストレイントが実装されたことでしょう。この機能は、モデル上にカーブを投影した箇所、もしくはカーブとモデルとが接している個所に対してペイントやスカルプトを行うことができる機能です。この機能が実装されたことにより、ペイントやスカルプティングをより正確にコントロールできるようになりましたので、今までよりもさらに便利に手軽に使えるようになっているかと思います。

カーブコンストレイントによるペイントとスカルプティング

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です