レポート:modo 601・3Dプリンタを活用したワークフロー紹介セミナー



2012年9月19日、dipross セミナールームにて開催されました「modo 601・3Dプリンタを活用したワークフロー紹介セミナー」についてレポートします。

セミナーでは、modo の概要新機能のご紹介ハンズオンでの体験トレーニングのあと、modo 601 とCAD ソフトのワークフローとして実際にmodo で作成したマウスのモデルデータを様々な用途に活用する方法が紹介されました。

  1. modo でマウスのボディのモデリング
  2. Power SubD-NURBSを使った Rhinocerosへのデータの書き出し
  3. Rhinoceros でのモデルの編集、ディテールの追加
  4. modo にモデルデータを読み込んでレンダリング
  5. 3Dプリンタ (uPrint) での立体出力

※セミナーの写真やスクリーンショットは、このエントリーの下に掲載しています。

modoとCADソフトの連携や立体出力機へデータを持って行くときのコツなど大変参考になりました。

ご来場いただきました皆様、スタッフの皆様ありがとうございました。

関連リンク

ディプロス株式会社
http://dipross.co.jp/

facebook : ディプロス株式会社
http://www.facebook.com/pages/ディプロス株式会社/120173924769450


 


ディプロス セミナールームの様子です。大型モニタで実際の操作画面が紹介されました。右側に見えているのは3Dプリンタ ( uPrint )です。
modo で作成したマウスのボディ部分のモデルデータです。
Power SubD-NURBSでモデルデータを書き出し、 Rhinoceros に読み込んでディテールを追加しています。
modo に読み込んでレンダリングを行った画像です。
立体出力機 uPrint での出力も実演されました。
uPrintで出力されたマウスのモデルです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です