MODO 11.1におけるUVの追加・改良点 その1


https://www.youtube.com/watch?v=-87dUQmZN5I

今回はMODO 11.1で新たに追加・改良されたUV周りの機能についてご紹介していきます。

UV編集のレイアウトを見てみると、従来のUVのパレットと比較して、いくつかツールが追加され、インターフェイスもすっきりとしたのがわかります。パレットには新たに分割と縫合のカテゴリが追加されています。これまでも移動と縫合のツールがありましたが、さらに分割分割と縫合といったツールが追加されています。

これまでのバージョンのMODOでは、UVビュー上でエッジを切り離すということができませんでした。実現しようとすると、いったんジオメトリとしてもエッジを切り離してからUVを編集し、ジオメトリを元に戻すように統合するといったような処理が必要だったかと思いますが、MODO 11.1からはこれを実現するためにこの分割と縫合のツールが用意されました。

まずは単独の分割のコマンドを見てみましょう。このコマンドは実際のメッシュのジオメトリに影響を及ぼすことなく、UVを切り離します。例えばエッジモードでUVビュー上のエッジを選択し分割コマンドを実行すると、実際に切り離されているのがわかります。これはエッジモードだけでなく、ポイントモードやポリゴンモードでもボタンをワンクリックするだけで簡単に分割処理が行えるようになります。

さらにインタラクティブなツールとして、分割処理を行うことも可能です。それが分割と縫合ツールです。これはペイントするように、マウスでドラッグしなぞった個所のエッジが分割していくというものです。使い方はMODOのペイントやスカルプトの挙動と同じく、右マウスで影響範囲のブラシのサイズを調整し、分割したいエッジに沿ってドラッグしていくと、自動的にエッジが切り開いていきます。切り離したときの間隔は、距離の値で調整することができます。このように分割したエッジはShiftキーを押しながらドラッグしていくと、逆に縫い合わせていくことができます。プロパティのモードから切り替えることもできますが、モディファイヤキーを使うことでより便利に使えるようになります。分割の場合は紫色のサークルが、そして縫合の時には緑色のサークルが表示されるようになります。

モディファイヤキーはUVに対するトランスフォームの切り離しオプションでもサポートされるようになりました。UVのトランスフォームツールでは切り離しオプションをオンにすることで、選択部分だけをそれ以外と切り離して動かすことができますが、Shift+Ctrlキーを押しながらドラッグすることで、この切り離しオプションを自動的にオンにすることができます。こういったモディファイヤキーの組み合わせにより、さらにツールへのアクセスの手間をかけることなく、より素早く作業できるような工夫がなされています。