リトポロジの基本的な使い方

https://www.youtube.com/watch?v=Ew0_z0Tr_aU&hd=1

MODOには高解像度のメッシュを背景に、新たにメッシュを再構成するリトポロジの機能が用意されています。今回はそのリトポロジ機能を使って、高解像度な顔のメッシュにそって、マスクを作ってみます。

MODOにはリトポロジを行うための専用のレイアウトとして、トポというレイアウトが用意されています。ここにはリトポロジに関する様々なツールが用意されていますが、今回は良く使うツールとしてペンツールとトポロジペンツールを使います。

まずは下絵にしたいメッシュを背景にし、新たにリトポロジで作成したいメッシュのレイヤーをアクティブにした状態でペンツールを起動し、ポリゴンを貼っていきます。通常のモデリングのペンツールと使い方に大きな違いはありませんが、リトポロジのペンツールでは、必ず背景のメッシュにそってトポロジが作られるようになります。

ペンツールでいくつかポリゴンを作成したら、今度はトポロジペンツールを起動し、このポリゴンを拡張していきます。

トポロジペンには便利な以下のショートカットキーが用意されていますので、こちらを組み合わせてトポロジを作成していくことが可能です:

左マウスボタン = 移動
右マウスボタン = エッジループ移動
Shift + 左マウスボタン = 複製
Shift + 右マウスボタン = ループ複製
Shift + 中マウスボタン = ループ追加
Ctrl + 中マウスボタン = 削除