MODO JAPAN GROUP

特別連載コラム > アニメーションはむずかしくない

アニメーションはむずかしくない : トラックビュー

皆さんこんにちは!

今回はアニメーション設定に便利な「 トラックビュー」について解説しますよ!

「トラックビュー」について

ani_19_003

トラックビュー」はチャンネルのキーフレームの状態が一目でわかり、簡単に編集できるビューポートです。「ドープシート」とも呼ばれていますよ!

トラックビュー」の左には現在選択されているアイテム名が表示されています。 キーが打たれている所に白いハンドルが表示されているんですね。


初期状態では「トラックビュー」はタイムラインの上部に隠れていますが、パレットの境界を上にドラッグして表示させることが出来ます。

ani_19_001

ani_19_004

ani_19_002

「トラックビュー」を使ったタイミングの調整

ani_19_005

ここからは「トラックビュー」を使ってどのようにキーフレームを編集するのかを紹介します。

このシーンには「LOGO」(丸いロゴ)、「M」、「O」、「D」、「O (2)」という名称の5つのメッシュアイテムがあり、同時にフレームインするアニメーションが設定されています。今回は「トラックビュー」を使って、メッシュアイテムが順番に登場するようなアニメーションに設定を変更してみますよ!

まずメッシュアイテム「M」の登場をすこし遅らせてみましょう。


ani_19_006

マウス左ボタンで囲むようにドラッグするかShiftキーをしながらクリックして、メッシュアイテム「M」のすべてのキーフレームのハンドルを選択します。選択されたハンドルはオレンジ色に変わりますよ。


ani_19_007

ハンドルをドラッグして6フレームずらします。


ani_19_008

アニメーションを再生して確認してみます。メッシュアイテム「M」がすこし遅れて登場するようになりました。


ani_19_009

他のアイテムのキーフレームも少しずつずらします。

トラックビューの r ボタンを押して「リップル編集モード」をONにしてみましょう。

このモードでは、選択したハンドル以降の選択されていないキーフレームをすべて同時に動かすことが出来ますので今回のようなケースでは大変有用です。


ani_19_010

メッシュアイテム「O」(オー)の0(ゼロ)フレーム目のハンドルをドラッグして12フレーム移動します。「リップル編集モード」をONにしておくことにより選択されていないキーフレームも追従して移動しますね!楽チンですね~!


ani_19_011

同様にメッシュアイテム「D」を18フレームずらし、メッシュアイテム「O (2)」を24フレームずらします。

再生すると良い感じになりましたね!

トラックビュー」を使うとキーフレームの編集が直感的に出来る事がわかりましたね!


「トラックビュー」のいろいろな機能

ani_19_012   ani_19_013

もうちょっと細かな所も説明しておきますね。

c ボタンを押すと、リストがチャンネルタイプごとの表示に切り替わります!


ani_19_n08

トラックビュー内のハンドルのないところをドラッグして複数のキーフレームを選択することもできます。


ani_19_n09

トラックビュー内で右クリックして表示されるコンテキストメニューにも便利な機能が収められています。

このようにトラックビューではキーフレームを簡単に編集でき、アニメーション制作には必須な機能となりますのでご活用くださいね。

それではまた!


PAGE TOP
MODO is a registered trademark of The Foundry, in the USA and/or other countries.
All products or brand names mentioned are trademarks or registered trademarks of their respective holders.