MODO JAPAN GROUP

MODO 901 SP1 変更履歴

アドバンストビューポート:プリミティブ表示属性を上書きするオプションが追加されました。

アドバンストビューポート:AMD/ATI FirePro Vシリーズのカードでアドバンストビューポートを無効にするように変更されました。これらのカードはAMD/ATIが既にサポートを行っていないカードで、MODO使用中にGLSLに関する多くの問題が発生します。

アドバンストビューポート:アドバンストビューポートオプションの表示属性が’render’に設定されているとき、デフォルトの光源を無効にし、シーンの光源を適用するように変更されました。

アドバンストビューポート:グラフィクスドライバーの問題で、OS X 10.8.4以前のnVIDIAカードでアドバンストビューポートを無効にするように変更されました。OS X 10.8を使用されている場合は、10.8.5にアップデートすることを推奨します。

アドバンストビューポート:グラフィクスドライバーの問題で、OS X 10.8.4以前のAMD/ATIカードでアドバンストビューポートを無効にするように変更されました。OS X 10.8を使用されている場合は、10.8.5にアップデートすることを推奨します。

アドバンストビューポート:ビデオメモリーが512 MB以下のシステムでは、アドバンストビューポートを無効になるように変更されました。

アドバンストビューポート:幾つかのツールハンドルが正しく表示されない問題が修正されました。

アドバンストビューポート:選択された頂点やエッジが非常に見にくくなる問題が修正されました。

アドバンストビューポート:特定のAMDシステム上でMODOが起動できない問題が修正されました。

アドバンストビューポート:特定の複数バイトフォントでクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

アドバンストビューポート:アドバンストビューポートでRenderを表示属性に設定したときは、背景およびリフレクションが環境テクスチャに強制的に使用されるように変更されました。

アドバンストビューポート:キャストシャドゥが改善されました。

アドバンストビューポート:シーンに含まれないビューポートの光源をキャストシャドゥのデフォルトに設定されました。

アドバンストビューポート:マイナーな最適化を含むライブラリが更新されました。

Alembic入出力:ストリーミングシミュレーションのメッシュに5つ以上の頂点を持つポリゴンがあるとクラッシュする可能性がある問題が修正されました。また、Houdiniから出力されたシミュレーションとの互換性が改善されました。

バックドロップ/カラーマネージメント:カラーマネージメントがバックドロップ画像をサポートするように変更されました。

ベベルツール:ベベルツールのプロパティから実験的に追加していて属性を削除いたしました。

ベジェエフェクタ/安定性:”スケールを使用”チャンネルを変更するとクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

BVH入力:複数のBVHを読み込み中にシミュレーションでメモリー不足エラーが発生することが原因で引き起こされる問題が修正されました。

複製ツール:複製元の”全ての背景”が正しく動作しない問題が修正されました。

カラーマネージメント:シーン間で画像マップを持つオブジェクトを移動するとカラースペース情報が欠如してしまう問題が修正されました。

複製ツール:サイド数を大きくすると不必要に近傍の頂点がマージされてしまう問題が修正されました。

デファードメッシュ:メッシュをデファードメッシュに変換するときに、キャンセルボタンをクリックしても空のデファードメッシュが作成されてしまう問題が修正されました。

デファードメッシュ:LXDFファイルを指定するダイアログがデフォルトで画像ファイルのみを選択するように設定されていた問題が修正されました。

デファードメッシュ:アイテムマスクが参照デファードメッシュを使用しているリプリケータに対して動作しない問題が修正されました。

ドキュメンテーション:内部ドキュメントを最新版に更新いたしました。

ドラッグアンドドロップ:画像パレットもしくはクリップリストから画像をスケマティックにドラッグアンドドロップできない問題が修正されました。

ドラッグアンドドロップ/安定性:実際にはサポートされていないクリップチョイスなどのブラウザからドラッグアンドドロップするとクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

ダイナミクス:ソフトボディのシミュレーションキャッシュがタイムラインをゼロフレームにスクラブすると消去されてしまう問題が修正されました。

ダイナミクス:ダイナミクスカーブ作成スクリプトが’Static’をオフにしてしまい、デフォルトのダイナミクスカーブが予期しない動作をしてしまう問題が修正されました。

ダイナミクス:Windows:ダイナミクスカーブがデフォームメッシュを追従しなくなる場合がある問題が修正されました。

ダイナミクス/安定性:数多くのダイナミックカーブを同時にシミュレーションするとクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

ダイナミクス/安定性:Windows:リジッドボディを持つシーンでライブシミュレーションを再生した後でアンドゥを実行するとクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

エッジスライド:境界エッジにある頂点が正しい方向にスライドされない問題が修正されました。

組み込みグラディエント編集/安定性:組み込みグラディエント編集を持つプロパティフォームをフローティングにするとクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

EXR入出力:レンダリング設定のDPI設定が正しくEXR画像に書き込まれない問題が修正されました。

EXR入出力:レンダリング時にタイリングのスレッドがデッドロックを引き起こしてしまう問題が修正されました。

EXR入出力:EXRローダーが問題がある形式のEXR画像に出くわした際にハングアップしてしまう問題が修正されました。

フォールオフ:複数のフォールオフが同時に動作しない問題が修正されました。

FBX入出力:現在のアクションを出力するオプションが追加されました。

FBX入出力:UVマップをアルファベット順に整列して出力するように変更されました。

FBX入出力:入力した階層構造の子供の表示属性が’Default’ではなく’Yes’に設定されてしまう問題が修正されました。

ファイル入出力:ファイルオープンダイアログが必要な種類をフィルターせずに全てのファイルを表示してしまう問題が修正されました。

ファイル入出力:Windows:WindowsのDDEサポートが復活し、GoZなどのサードパーティアプリケーションやエクスプローラから開いたファイルが使用できなくなる問題が修正されました。

フレックスツール:トランスフォームハンドルが正しい位置に表示されない問題が修正されました。

フォーム:組み込みビューポートのオプションである’Save Form’に関する問題が修正されました。

ジオメトリキャッシュベイキング/安定性:modo_clでジオメトリキャッシュをベイクするとクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

GLメーター:’glmeter’の表示精度と安定性が改善されました。

GL:アニメーションの再生が画像シーケンスを持つテクスチャを正しく更新しない問題が修正されました。

GL:画像シーケンス再生のパフォーマンス改善がエラーを引き起こしていた問題が修正されました。

GL:UV境界表示がUVマップの選択を変更しても正しく更新されない問題が修正されました。

GL:ビューポートの独立表示モードが非表示メッシュの表示に対して正しく反映されていなかった問題が修正されました。

GL:素多テックメッシュのリフレクションシェーディングモードに関する問題が修正されました。

GL:Mac:’glinfo’コマンドを更新し、GLコアと互換性バージョンの両方に関するレポートを出力するように変更されました。

GL/パフォーマンス:アイテムモードで非表示のアイテムを選択したとき、アクティブおよび非アクティブメッシュのウェイト表示が表示速度に影響していた問題が改善されました。

GL/安定性:3Dビューポートプロパティの表示とコントロールのライトアイテムの設定を変更するとクラッシュする問題が修正されました。

GL/UVs:UVがオフセットされている状態でタイル画像がGL上で正しく表示されない問題が修正されました。

グラディエントペイント:ペイントツール/安定性:UVビュー上でグラディエントペイントツールを使用するとクラッシュする問題が修正されました。

ヘアスムースツール:ブラシサイズを無視して、ガイドカーブ全体が影響を受けてしまう問題が修正されました。

ヘルプ:MODO 901 ショーケースとヘルプメニューからLearn MODOページへのリンクが追加されました。

画像プレビュー:グレースケールタイルEXRが画像プレビューで表示されない問題が修正されました。

インクリメンタル保存:スクリプトが間違ったファイルをインクリメントしてしまう場合がある問題が修正されました。

入力:Mac:全ての入力がランダムな状況で失われてしまう可能性がある問題が修正されました。

キーマッピング:Mayaのキーマッピングでシフトキーを押しながらのポリゴン選択ができない問題が修正されました。

ラティスデフォーマ:ラティスの影響範囲がラティスの分割数を超えて拡大されてしまう問題が修正されました。

ローカライゼーション:3Dビューポートプリセットに関して不足していたローカライズリソースが追加されました。

ローカライゼーション:デファードメッシュのリソースが修正されました。

ローカライゼーション:Windows:複数バイト文字を持つファイルパスが正しく取り扱われていなかった問題が修正されました。

選択のロック:ロック状態がレイジー選択で認識されていなかった問題が修正されました。

メッシュ統合:ペアレント/チャイルドアイテムを持つ状態でレイヤー統合コマンドが正しく動作していなかった問題が修正されました。

メッシュ統合/安定性:トランスフォーム補正を有効にしてレイヤーを統合するとクラッシュする場合がある問題が修正されました。

メッシュフュージョン:メッシュフュージョンアイテムを持つ特定のシーンを開こうとするとハングアップしてしまう問題が修正されました。

メッシュフュージョン:間違ったスクリプトエラーメッセージが修正されました。

メッシュフュージョン:特定の設定でメッシュに変換するときにクラッシュする場合がある問題が修正されました。

メッシュフュージョン:Qbicプリセットをフュージョンツリーにドラッグするとクラッシュする場合がある問題が修正されました。

メッシュフュージョン:フュージョンアイテムからメッシュを減算するとクラッシュする場合がある問題が修正されました。

メッシュフュージョン/安定性:フュージョンアイテムを作成してからアンドゥするとエラーメッセージが表示され、その後のアンドゥが不安定になる問題が修正されました。

マウス入力:Mac:プレビューでシフトキーを押しながらホイールをスクロールしてもズームが動作しない問題が修正されました。

マルチレゾリューションディスプレースメント:デフォームオブジェクトでディテールが失われてしまう問題が修正されました。

ネットワークレンダリング:マスターとスレーブで出力ファイルが変化してしまう問題が修正されました。

ネットワークレンダリング:ステレオスコーピックアニメーションのレンダリングでスレーブがクラッシュする場合がある問題が修正されました。

ネットワークレンダリング:保存していないシーンを開いた状態でスレーブモードに入り、スレーブダイアログを抜けるとシーンがクローズされデータが消失する問題が修正されました。

ネットワークレンダリング:マスターが幾つかのアセットがない状態だとネットワークレンダリングが失敗してしまう問題が修正されました。

ネットワークレンダリング:スレーブシステムがレンダリングされた新しいバケットのイラディアンスキャッシュを再読込する際に生じる問題が修正されました。

ネットワークレンダリング:フルフレームモードでスレーブモードが独自のイラディアンスキャッシュを生成しない問題が修正されました。

ネットワークレンダリング:複数レンダー出力を持つフルフレームネットワークレンダリングに関する問題が修正されました。

ネットワークレンダリング:マスターが幾つかのアセットがない状態でネットワークレンダリングが失敗する問題が修正されました。

OpenSubDiv:表示用とレンダリング用で異なるサブディビジョンレベルを設定するとクラッシュする場合がある問題が修正されました。

パーティクルジェネレータ/安定性:元サーフェイスにメッシュを設定したときにクラッシュする場合がある問題が修正されました。

再生モード:layer.activeとgroup.currentだけでなく全てのレンダーコマンドを有効にしました。

再生モード/安定性:再生モード中にシーンを閉じるとクラッシュする場合がある問題が修正されました。

再生モード/安定性:ボタンにラベルがないとクラッシュする場合がある問題が修正されました。

ポリラインポリゴン:二つの頂点を持つポリラインポリゴンを再分割したときの問題が修正されました。

プリセットブラウザ/メッシュフュージョン:メッシュフュージョンのQbicsプリセットブラウザが最初に開かれた時、Qbicプリセットを正しく表示しない場合がある問題が修正されました。

プレビュー:エフェクト/レンダー出力がシーンを切り替えた際にdefault (shading)に戻されてしまう問題が修正されました。

プレビュー:エフェクト/レンダー出力が任意のアイテムを編集するとdefault (shading)に戻されてしまう問題が修正されました。

プレビュー/安定性:プレビューを開いた状態でテクスチャの属性を変更するとクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

プレビュー/安定性:レンダリングを中断するとクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

プロキシー/安定性:プレビューでプロキシーアイテムを使用したときにクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

Python SDK: MeshMap::EnumerateDiscontinuous() と EnumerateEdges()が実装されました。

Qt/安定性:Mac:フルスクリーンボタンを使ってフルスクリーンモードを抜けようとするとクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

Qt/UI:Mac:レンダーメニューのF9ショートカットを’8′に変更する際の問題が修正されました。

RayGL:RayGLを有効にした後で無効にするとビューポートのシェーディングが暗くなってしまう問題が修正されました。

RayGL/アドバンストビューポート:アドバンストビューポートでRayGLを無効にした時の問題が修正されました。

参照/安定性:参照を置換する際の安定性に関する問題が修正されました。

レンダーウィンドウ:小さなメモリーリークが修正されました。

レンダーウィンドウ:レンダーウィンドウの”シーンからコピー”と”シーンから貼り付け”が露出コントロール、フィルム速度、トーンマップタイプチャネルをサポートするように更新されました。

レンダーキャッシュAPI:レンダーキャッシュがLXfRENDERCACHE_GEOCACHE_DISPLACEフラグを無視していた問題が修正されました。

レンダーキャッシュAPI:レンダーキャッシュがファーシェーダを持つアイテムのジオメトリを提供していなかった問題が修正されました。

レンダーキャッシュAPI:レンダーキャッシュをVDBボクセルアイテムに使うとクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

レンダーキャッシュAPI:ファーサーフェイスに関する問題が修正されました。

レンダーキャッシュAPI:ファーで覆われたジオメトリに関してクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

レンダーキャッシュ:レンダーキャッシュが頂点単位の速度データを保持していない問題が修正されました。

レンダリング:サブサーフェイススキャッタリングは間接照明をデフォルトに設定しました。古いデフォルトは901のリリース前のシーン読み込み時に使用されます。

レンダリング:ポイントがライトコーンの中でシェーディングされた時にアダプティブライトサンプルアロケーションがゼロ以外の半径を持つスポットライトを考慮していなかった問題が修正されました。

レンダリング:間違ったパスがレンダー出力に設定されているときに、F9レンダリングが’Unable to save rendered image’という間違ったエラーを表示する問題が修正されました。

レンダリング:フレーム中間でレンダリング中にフレームの番号が丸められてしまう問題が修正されました。

レンダリング:ルミナンスシェーディングレンダー出力に光源がカメラに対して可視になるように修正されました。

レンダリング/安定性:レンダリング中に内部的な中断処理が原因で’Unable to save rendered image’というエラーダイアログが表示されてしまう問題が修正されました。

レプリカエフェクタ/安定性:非ロケータアイテムを持つレプリカエフェクタのクラッシュを抑止いたしました。

スケマティック:選択されているリンクを持つパーティクルモディファイアが再びそのリンクに挿入されるように追加されました。

スカルプティング:異なるスカルプトレイヤーのマルチレゾリューションスカルプトデータを持つメッシュを再分割するとスカルプトディスプレースメントが増幅されてしまう問題が修正されました。

SDK:601への参照、modo & Luxology with 901, MODO & The Foundry Groupを置換いたしました。

選択セット:選択セットが正しくアサインされなくなる問題が修正されました。

選択:ズーミングしてからポリゴンを選択するとパースペクティブもしくはカメラビューの後ろにある関係ないポリゴンが選択されてしまう問題が修正されました。

シェーダツリー:選択のフィルターが正しく働かない問題が修正されました。

シェーダツリー/安定性:特定のシーンのシェーダツリー上でメッシュフュージョンのQマテリアルを選択するとクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

シェーダツリー/UI:レンダーアイテムのレンダーカメラが変更しても更新されない問題が修正されました。

ショートカット:Mac:Command-X/C/Vが動作しない問題が修正されました。

スケルトンツール/安定性:スケルトンツールをアクティブにした状態でシーンを閉じるとクラッシュする問題が修正されました。

スケルトンツール/安定性:スケルトンジョイントを動かした後でアンドゥするとクラッシュする問題が修正されました。

スムースチャンネルモディファイア:入力が入力チャネルに適応されない問題が修正されました。

ソフトラグ/安定性:ソフトラグエフェクタの入力にメッシュを接続するとクラッシュする問題が修正されました。

安定性:セッションリカバリが失敗したときの問題が修正されました。

安定性:バックドロップ画像をペイントしようとしたときにクラッシュする問題が修正されました。

安定性:select.deformerを間違った引数で実行したときにクラッシュする問題が修正されました。

安定性:VDBボクセルアイテムを他のタイプに変更したときにクラッシュする問題が修正されました。

安定性:メニューから直接ダイアログをオープンしコマンドを実行するとクラッシュする問題が修正されました。

安定性:パーティクルモディファイアへの入力が非パーティクルソースタイプに変更するとクラッシュする問題が修正されました。

安定性:ランダムクラッシュの問題が修正されました。(自動クラッシュレポートより)

安定性:一般的なランダムクラッシュの問題が修正されました。(自動クラッシュレポートより)

スケマティック:以前に追加したマテリアルが選択したポリゴンから削除できなくなる問題が修正されました。

スケマティック:ビューポートのワイドバージョンが正しくないカラムヘッダーを表示してしまう問題が修正されました。

SVG入出力:入力した閉じたカーブが閉じない問題が修正されました。

SVG入出力:メッシュレイヤーが選択されていない状態でSVG出力が失敗する問題が修正されました。現在は選択がなければ全てのレイヤーが保存されます。

SVG入出力:フィル不透明度が設定されているときにパスの不透明度が正しく設定されない問題が修正されました。

スイッチャーバー:スイッチャーバーに関する様々な問題が修正されました。初期設定>デフォルト>スイッチャーバーは、パレット上の動作だけでなくMODOウィンドウのサイドバーに対しても適応されます。

タックツール:タックツールはターゲットメッシュのサーフェイス上で移動するとタックジオメトリがスケーリングされてしまう問題が修正されました。

TD SDK: ドキュメンテーション:

- スキンウェイトへのアクセスのサンプルが追加されました。

- サーバー(リスナー)からコマンドを呼び出す前にアンドゥ状態をチェックするサンプルと注意事項が追加されました。

item.py:

- プロパティが追加されました。:

- Deformer.numMeshes :getter: このデフォーマにコネクトされているメッシュの数を返す

- Deformer.meshes :getter: コネクトされているメッシュのリストを返す

- GeneralInfluenceDeformer.mapName :getter: マップ名称のUIバージョンを文字列として返す

meshgeometry.py:

- MeshPolygons.accessor :getter: 共有されているPolygonAccessor object (lx.object.Polygon)を返す

- VertexMap: 暗黙の括弧の付け方はNoneを設定すると解除し、設定方法を検出することができます。

- VertexMap.clear :param int index: Noneを指定するとこのインデックスの頂点はマップから解除され、それ以外は全てのマップの値が解除されます。

- Added classes VertexNormalMap (例題付き) と PickMap

scene.py:

- Scene.addItem 失敗した場合はNoneを返す代わりにTypeErrorを呼び出します。

TD SDK:

MeshGeometryにPythonイディオムの’with’行を追加しました。

Group.addItemsとGroup.removeItemsがタプルをパスしたときに失敗する問題が修正されました。

シーンの全てのロケータをリストアップする簡単な方法としてScene.locatorsのプロパティが追加されました。

多くの場所でdocstringsが抜けていたところを修正し、’The Big Picture’セクションをドキュメントに追加親しました。

その他の追加されたサンプル:

- ポーズの読み込みと保存

- アセンブリの作成

- イベントリスナーのコールバック

- PySide Qtレンダーボタンとウェッブブラウザのサンプル(801のFotW WikiにあったTom Wardのサンプルから流用)

TD SDK:ドキュメンテーション:Sphinxのディレクティブである:getter: と :setter:を使用して全てのプロパティをマーク。

TD SDK:Scene.renderCameraが誤ったカメラオブジェクトを返してしまうバグが修正されました。

TD SDK:util.makeQuickCommandのタイプミスが修正されました。

TD SDK: 頂点マップのアクセッサーが名称で参照されたときに間違ったIDを選択してしまう問題が修正されました。

テキストツール:テキストツールがおかしな文字を作ってしまう問題が修正されました。

トポビュー:背面選択の輝度が表面選択と同じになってしまう問題が修正されました。

トポロジカルシメントリ:選択セットに関する間違ったエラーメッセージが修正されました。

トポロジースケッチ/安定性:トポロジースケッチを使用したときにクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

トランスフォームツール:トランスフォームツールを非常に重たいCatmull-Clarkで使用していたときにアクティベートが解除されてしまう問題が修正されました。

ツリービューAPI:サーバータグを使って入力マップを定義できるようになり、ツリービューの使い勝手が向上いたしました。

UDIMインジケータ:移動ボタンが間違った位置にUVを移動させてしまう場合がある問題が修正されました。

UDIMs/安定性:UDIMのブレンドモードを変更するとクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

UI:セレクトスルーボタンにツールチップが追加されました。

UI:頂点マップのドロップダウンを”なし”に変更しようとするとサブディビジョンマップが選択されてしまう問題が修正されました。

UI:レイアウトを素早く切り替えると”Unknown Command”エラーが表示される場合がある問題が修正されました。

UI:Mac:他のアプリケーションを切り替えているときにファイルダイアログのフォーカスが失われてしまう問題が修正されました。

UI:アイテムの追加>その他のリストからデファードサーフェイスを削除いたしました。

UI:Windows:ウィンドウタイトルもしくはメニューバーをクリックするとポップオーバーが解除されてしまう問題が修正されました。

UI/パフォーマンス:多くのボタンとアイコンを持つキットをインストールすると3Dビューポートの表示速度が低下する問題が修正されました。

UI/安定性:組になっている編集フィールドのリンク編集を有効にし、Enterキーを押して値を入力するとフォームから応答が返ってこなくなる問題が修正されました。

UI/安定性:タブが’more’ (>>) ポップオーバー状態になっているアイテムプロパティを切り替えるとクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

UI/安定性:組になっている入力フィールドをTABキーを使って変更するとクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

UI/安定性:Windows:ドロップメニューが開いている時にフォームの垂直タブを選択するとクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

ユーザーチャンネル/安定性:区切り線のユーザーチャンネルを編集するとクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

UV境界:UV編集中にUV境界がGLに正しく表示されない問題が修正されました。

UV矩形/安定性:UVが部分的に選択されている状態でコマンドを実行するとクラッシュする問題が修正されました。

UVs:非表示メッシュのUVマップを選択すると’Unknown vertex map ‘Texture’ ?’というエラーメッセージが表示される問題が修正されました。

UVs:トポロジカルUV貼り付けのポリゴンタイプに関するルールを緩めました。

UVs/パフォーマンス:UVスカルプティングで使用されているUV境界検出のアルゴリズムを最適化しました。

VDBボクセルアイテム:ボクセルアイテムがメッシュに変換できない問題が修正されました。

VDBボクセルアイテム:キャッシュシステムを改善し、マイナーバグが修正されました。

VDBボクセルアイテム:リストにある”アイテムの追加”のカテゴリをその他からボリュームに移動し対しました。

頂点マップのミラー:対称軸上のウェイトが正しくミラーされない問題が修正されました。

ビューポートオプション/安定性:シーン上のロックアイテムの表示>パフォーマンス>ディスプレースメントオプションを切り替えるとクラッシュする問題が修正されました。

ワイヤーフレームテクスチャ:エッジマップを変更してもテクスチャが更新されない問題が修正されました。

PAGE TOP
MODO is a registered trademark of The Foundry, in the USA and/or other countries.
All products or brand names mentioned are trademarks or registered trademarks of their respective holders.