MODO JAPAN GROUP

バグ修正

MODO 11.2v1では以下のバグが修正されています:

53228 モデル:アイテムがシーンをまたがって移動する場合、配置がおかしくなる

54351 モデル:エッジベベルで一定の結果を生み出さない

55015 モデル:ベベルツールのランダムシードは何度も変更される

55363 モデル:ロケータタイプのアイテムのインスタンスは複製ではなく、トランスフォームアイテムのインスタンスとなる

55597 モデル:軸ドリルのエッジ選択セットが動作しない

55773 モデル:UV移動のCtrl+Shiftモディファイヤは全てのメッシュに対して同じ動作を行わない

55785 モデル:ペンツール-角度表示はパースペクティブおよび正面/平面ビューにおいてのみ動作する

55842 モデル:タックツール > コピージオメトリを使用してブリッジを作成するとクラッシュ

55857 モデル:複数メッシュレイヤーが選択されていると、選択されているセンターは原点にセンタリングされない

55886 モデル:ガイドカーブが最初の頂点から構築されている場合にブリッジツールでクラッシュ

55934 モデル:複数のアクティブメッシュ間においてビトウィーン選択を行うとクラッシュする可能性を修正

55939 モデル:特定のシーンにおいてエッジを選択した状態でループスライスツールを実行するとクラッシュ

55943 モデル:ソフト選択フォールオフで対象モードを考慮に入れるように修正

55948 モデル:プロファイル使用時にループスライスツールが正しく動作しない

56054 モデル:トポツールはモーフ状態を考慮しない

56141 モデル:非三角形ツールに対して進捗モニターを追加

56201 モデル:状態のポリゴン選択セットコンテキスト消去メニューを除去

56221 モデル:鏡面ツールの軸はXに設定されていてもXに切り替わる

56312 モデル:開いたエッジにおいて頂点マップ > マップ適用が壊れる

56553 モデル:円弧およびソリッドスケッチツールはメッシュレイヤーが存在しない時でも使用可能になっている

56690 モデル:カーブがアクティブな状態でカーブツールをリセットするとハング

56723 モデル:Sketchfabの自動フリーズ機能はディスプレースメントをメッシュへとフリーズしない

(none) モデル:タックツールに関連するクラッシュバグを修正

52038 プロシージャル:頂点およびエッジベベルはプロシージャルスタックにおいて片方が無効の場合に正しく動作しない

52350 プロシージャル:立方体の半径がシーンによって正しく更新されない

52585 プロシージャル:プロシージャルアイテムは一つのシーンから別のシーンへとドラッグアンドドロップすると動作しない

55379 プロシージャル:配列オペレータの頂点を結合オプションは、重なり合っていても頂点を正しく結合しない

55737 プロシージャル:特定のシーンにおいて、リプリケータのポイントソースをパーティクルジェネレータに変更するとクラッシュ

55740 プロシージャル:フォールオフインセットを設定したベベルメッシュオペレーションは正しく機能しない

55907 プロシージャル:ポリゴンベベルメッシュオペレーションのペンジェネレータにおいてセグメントを変更するとクラッシュ

55913 プロシージャル:頂点結合オペレータはModo 10よりもModo 11において著しく速度が低下している

56023 プロシージャル:厚みツールに対し前のオペレーションを選択では正しくない名称が表示される

56087 プロシージャル:UV 作成メッシュオペレーションが設定されているシーンを読み込むとクラッシュ

56090 プロシージャル:B-スプラインをフリーズすると制御用頂点が残ったままになる

56091 プロシージャル:特定のシーンにおいてリプリケータが設定されているトーロイドメッシュオペレーションを調整するとクラッシュ

56167 プロシージャル:スライスおよび軸スライスはデフォーマが設定されていると正しく実行できない

56459 プロシージャル:デフォーマの上に設定されているメッシュオペレーションが無効になっている場合、デフォーマが動作しない

56708 プロシージャル:ポリゴンベベルのランダム選択シードの値はアニメーションフレームにおいて変化する

56307 Fusion:小さな穴を空けたときにMeshFusionはランダムに失敗する

56418 Fusion:長年に渡る複数ピースのトリム問題を解決

56449 Fusion:2つの非連続ピースで構成されているメッシュをトリムし、そのうちの一つをプライマリに設定すると、もう一つのメッシュが出力メッシュ内に現れる

56450 Fusion:コンパウンドトリムとして2つの非連続ピースで構成されているトリムに関する問題を修正。この問題はブーリアン処理により発生するものであり、オペレーションは2つに分割してしまう。このためこの2つのピースのコンパウンドトリムはプライマリをトリムし、2つのトリムピースのうち一つのみをプライマリとして認識する。問題はもう一方のトリムピースは非表示になるべきところを表示されてしまう点にある

56667 Fusion:入力メッシュが不正である場合(自己交差を起こしているひねりの入ったメッシュなど)にFusionが失敗するときに不正な出力を避けクラッシュを修正

56695 Fusion:MeshFusionソースメッシュ上で拡張エッジツールを行うとクラッシュ

56709 Fusion:境界ルールが全てスムーズに設定されておらずストリップが四角の隅で途切れている場合、Catmull-Clarkサブディビジョンサーフェス上でのFusionストリップが広がってしまう

55545 Fusion:交差オペレーションをトリムはシーンを開いてストリップを更新しているとFusionアイテムを破壊してしまう

(none) Fusion:メインとなるFusionパイメニューを修正。使用頻度に低い5つのコマンドを除去し、代わりにFusion編集の核となる次の5つのコマンドへと入れ替え:トリム、トリム解除、プライマリ適用、減算適用、積算適用

(none) Fusion:マルチFusionモードおよびそれと併発して関連する複数のバグを修正

(none) UV:UV生成ツールで新たに作成されたUVマップを選択するよう修正

44773 UV: UV移動ツールでCtrl+Shiftを使用しても、異なるメッシュに同じ動作をしない

47600 UV:UVパッチ移動のパフォーマンスを改良。Crossing UDIM borders (交差 UDIM 境界)オプションを Select Overlapped Polygons (重複ポリゴンを選択) コマンドを追加

55307 UV:画像タブから UV ウィンドウへと画像を読み込むと、801よりも速度が遅い

55564 UV:動作不具合解消のため、Show UV Distortion (UV歪みを表示)と Select Unmapped Polygons (未マップポリゴンを選択)を実装

55582 UV:UV トランスフォームツールにおいて切り離しモディファイヤキーがオン(ドラッグの最終に状態を変更可能)な場合の問題を修正

55582 UV:UV ボックストランスフォームツールを更新し、Shift+Ctrlモディファイヤによる切り離しのオンオフをサポートし、マウスドラッグ中におけるモード変更を不可能にするよう修正

55891 UV:UDIM表示が動作しない

55947 UV:UV歪み表示は各隣接メッシュに対して独立するよう修正

56062 UV:対象モードをサポートするようボックストランスフォームツールを更新

56163 UV:極端に大きいUVマップを持つシーンではUVテクスチャ編集がクラッシュ

56371 UV:UV対称が設定されたUV鏡面で中心となるエッジを検出できない

56525 UV:UVボックストランスフォームツールでは右上隅からスケールしないときがある

56714 UV:垂直オプションを使用したピースの向きは動作しない

56872 UV:UVボックストランスフォームツールに対してセレクトスルーをオフにすることができない

56879 UV:3Dツールフォームにおける回転ツールが動作しない

54456 GL:独立モードおよび非アクティブメッシュにおいて、ワイヤーフレームメッシュを計算するよう GL カウント数を修正

54848 GL:独立描画はシェードモードにおいて不正なワイヤーフレーム色で描画される

55266 GL:Modo 11.0 & 11.1においてロケータの描画速度が遅い

55678 GL:複数シーンが開いている状態ではジオメトリ境界が正しく描画されない

55746 GL:デフォーマ有効がオフの場合、プロシージャルメッシュ上のマテリアル選択ロールオーバーの描画でクラッシュ

55884 GL:3D ビューポートプリセットに設定されたビューポートテクスチャの設定が正しく保存・読み込み出来ない

55885 GL:ビューポートテクスチャ優先設定でMatcap画像が削除されると、次回Modo起動時にクラッシュ

55946 GL:CADファイルを読み込んだ後でアドバンストビューポートが赤く表示される。これは要求されているマテリアルの最大数や、TBOに対してはテクスチャインスタンスレイヤーを16kから32kへ、UBOに対しては8kから32kへ、また互換性の問題やより大きなシーンに対して最大要求レイヤー数を設定するオプションを新たにOpenGL初期設定に提供することにより問題を解決。OpenGLの制限により、MacOS上ではこの問題は修正されていない

56041 GL:RayGLが有効になっている2つのレイアウト間を切り替えるとハングする

56617 GL:ペースビューがアドバンストに設定されている4分割のモデルビューにおいてジオメトリを編集するとクラッシュする可能性が高い

56725 GL:リプリケータの描画が全てになっている場合、入れ子状態のリプリケータの描画でクラッシュ

55909 Modoブリッジ:Unreal EngineからModoへと頂点カラーマップが正しく転移されない

54076 UI:頂点マップを自身へとコピー・アンド・ペーストできない場合がある

55063 UI:ゲーム入力モードのターン速度は r を使用してリセットされない

55065 UI:ゲーム入力モードの Y 反転が機能していない

55255 UI:ベベルツールプロパティフォーム上で習熟レベルを変更するとクラッシュ

55575 UI:パレットの境界でマウスポインタがフラッシュ

55864 UI:メッシュアイテム上で高解像度メッシュを(none)に設定するとクラッシュする可能性が高い

55937 UI:テクスチャロケータの水平方向のラップスライダがドラッグできない

55984 UI:コンポーネントが選択されているときにビューポートで右クリックしても正しいコンテキストメニューが表示されない

55989 UI:アセンブリタブで右クリックするとクラッシュ

56103 UI:ミニスライダ使用時にマウスドラッグが解除される

56506 UI:Unreal Bridge Modoモードをアイコンのみの表示へ変更しツールチップを追加

55439 ファイル入力:Alembic – 凹形ポリゴンから頂点リストの補正を追加。法線を保存していないメッシュに対する法線の生成を追加

55482 ファイル入力:外部アプリケーションで編集された画像を二つのシーンで使用していると、画像更新においてエンドレスループに陥った警告を出してしまう

55914 ファイル入力:FBX形式で頂点カラーマップを保存した後読み込むと正しくない

55930 ファイル入力:DXFファイルによってはファイルを開くときもしくは読み込み時にクラッシュ

54203 ファイル出力:選択レイヤーを出力がフレーム範囲を正しく設定できない問題を修正

55700 ファイル出力:Alembicに出力されたリプリケータはアニメーション状態では出力できない

55977 ファイル出力:リプリケータに対し原型となるメッシュ上でデフォームさせると、Alembicへと出力されない

56052 ファイル出力:リプリケータの階層はFBXに出力されない

56053 ファイル出力:PTAGを除去した後でUnreal Engineへと出力しようとするとクラッシュ

56237 ファイル出力:Colladaの出力絶対パスのトグルが壊れている

(none) ファイル出力:Sketchfabキットが組み込み

55949 アイテムリスト:特定のシーン間に起きてアイテムのドラッグアンドドロップでクラッシュ

55410 アンドゥ:ポリゴン選択をアンドゥした後にプロシージャルツールハンドルを使用した動作がおかしい

(none) アンドゥ:コマンドシステムとアンドゥに関する問題を修正

56447 オーディオ:欠損しているオーディオクリップを読み込むと波形を表示しようとしてクラッシュ

54531 コンテンツ:Point Count 選択オペレータエイリアスにより組み込まれているパートで選択およびポリゴン選択が正しく動作しない

(none) コンテンツ:組み込みのコンテンツからMeshFusionアセンブリは除去。更新が簡単に行えるようクラウドアセットサイトへと移動

50149 シェーダツリー:Render アイテムからアイテムの親子関係を正しく解除することができない

54131 シェーダツリー:属していないマテリアルタグがマテリアルタグを割り当てダイアログに出てくる

55527 シェーダツリー:Substance Material に対してタイプの変更を使用すると不安定になる

55812 シェーダツリー:複数レイヤーを動かしている際、正しく配置されない

55950 シェーダツリー:特定のシーンにおいてライブラリからシェーダツリーへとプリセットをドラッグすると破損する

55969 シェーダツリー:画像を環境へのドラッグアンドドロップが動作しない

56073 シェーダツリー:コンテキストメニューのシェーダ選択はシーンによっては破損

56078 シェーダツリー:マテリアルグループはフォルダ内にドロップできない

56083 シェーダツリー:空のシェーダフォルダを削除できない

56197 シェーダツリー:テクスチャリプリケータは同一軸に対して伸びる

56407 シェーダツリー:Lightsフォルダの再配置ができない

56669 シェーダツリー:アイテムマスク自動生成設定ではBase Shaderの上に追加

54204 ペイント:画像インクは画像変更時に切り替えがうまくいかない問題を修正

56230 ペイント:自動スケール有効時においてペイントブラシのプレビューはリサイズされない

38906 ペイント: テキストは28.6479度の地点で回転が止まってしまう

46738 ペイント: ペイントのラインツールは平面の端まで直線を描画すると、平面の中央にドットが作成される

55897 スカルプト:ディスプレースメントレイヤーがメッシュに追加されているとデフォルトGLモードにおいてスペキュラとシャドーの表示が停止する

56767 スカルプト:Catmull-Clarkサブディビジョンレベルを下げるとメッシュ上に既に実行されているマルチレゾリューションスカルプトが除去される

41359 スケマティック: シェーダツリーからスケマティックへとライトをドラッグアンドドロップすることができない

49789 スケマティック:シェーダツリーからスケマティックへとカメラをドラッグアンドドロップすることができない

53311 スケマティック:エイリアスへアセンブリを折りたたむ場合、いくつかのチャンネルで正しい名称を表示できない

54648 スケマティック:ワークスペースドロップダウンメニューにおいて不正なアイテムが表示される

54957 スケマティック:スケマティックワークスペースは不正なワークスペースに対して選択、コピー、移動してしまう

55331 スケマティック:ドロップダウンから正しいワークスペースを選択することができない

55859 スケマティック:シェーダツリーからテクスチャロケータをスケマティックへとドラッグアンドドロップできない

55368 デフォーマ:正規化されたメッシュの一番上のベベルを修正するとクラッシュ

55870 デフォーマ:過度なメモリ仕様によるシーン内のデフォーマのキャッシュでクラッシュ

55896 デフォーマ:ベジェエフェクタの接戦曲線の編集が壊れている

55887 トポロジ:トポロジペン-分離モードで作成されたエッジを除去できない

56095 パーティクル:カーブパーティクルジェネレータは不正なパーティクルIDを生成している

56015 ファー:リプリケータに対するランダムツイストバリエーション設定は、Furマテリアルに対して正しく動作しない

55771 プリセット:LXOシーンとLXTテンプレート上でツールチップの表示が正しくない

55882 プリセット:Modo起動時にピン留めされたビューポートテクスチャプリセットブラウザがあるとクラッシュ

25552 プリセット: プリセットのドラッグアンドドロップはマテリアルグループが自身のシェーダを含んでいるかどうかによって、Base Shaderの上下に移動するようになる

55867 プリセット:プリセットマテリアルをマテリアルグループへとドラッグアンドドロップすると正しく動作しない

55970 プリセット:プリセットブラウザからシェーダツリーの既存マテリアルグループ間へとマテリアルプリセットをドラッグアンドドロップすると正しく配置されない

56724 ヘッドレス:modo_cl起動時にランダムクラッシュ

56689 メッシュタイプ:プロキシのプレビューメッシュをスタティックメッシュへ設定するとクラッシュ

54491 リギング:デフォームフォルダ内でウェイトコンテナを配置および除去する処理において、一定した結果を生み出さない

(none) リギング:Matrix Constructからの不必要な切り捨て処理を除去。これにより適正な回転により作成される未修正の行列データを取得可能

55979 リプリケータ:リプリケータ-アイテムリストの表示設定がGLにおけるリプリケータの非表示に反映されない

56811 リプリケータ:入れ子になっているリプリケータはGL上で正しく描画されない

56818 リプリケータ:2つのリプリケータで互いを原型となるアイテムとして指定するとクラッシュ

54668 プレビュー:最終レンダーにおいて他のノードからレンダー範囲チャンネルを動作は可能だが、プレビューにおいては動作しない

55646 プレビュー:カメラのチャンネルの一つがロックされている時に、プレビューにおいてカメラを編集できない

55901 プレビュー:非EXR画像に対してプレビューでは不正なカラースペースで画像をレンダリングする

55925 プレビュー:render.previewを中断したままにすると動作が不安定になる

55926 プレビュー:render.previewコマンドでスレッドを全て使用するよう修正

55927 プレビュー:modo_cl用のプレビューレンダー進捗ログメッセージを追加。出力メッセージを有効にするためには、以下のコマンドを実行:’log.subEnable preview true’ ‘log.toConsole true’ および追加オプションとして ‘log.toConsoleRolling true’

56003 プレビュー:レンダーをプレビュー > アニメーションをレンダーを介して動画ファイルフォーマットでレンダリングすると動作しない

56094 プレビュー:プレビューからPNGファイルフォーマットでレンダリングを保存するとWindowsエクスプローラでは黒で表示される

56558 プレビュー:Mesh Lightが設定されているある特定のシーンにおいてシェーダツリーを編集するとクラッシュ

52011 レンダー:Modo のデフォルトのタンジェントベースは鏡面 UV を正しく処理できない

54729 レンダー:Variation テクスチャはカンレしていないアイテムが表示されていないときには適用されている色が変わる

54908 レンダー:地形のディスプレースメントは影の色が暗くなる

55262 レンダー:法線マップレンダリングと組み合わせたディスプレースメントで正しく動作しない

56260 レンダー:頂点法線マップに対して何らかの修正を加えた後でオクルージョンマップをベイクするとハングする

56290 レンダー:ディフューズカラーの頂点マップへのベイクが動作しない

56397 レンダー:レンダリング時に全てのレンダー出力が無効になっているときにエラーメッセージが出力されるよう修正

56501 レンダー:頂点シェーダベイキング-選択レンダー出力へとベイクすると黒色でベイクされる

56478 レンダー:レンダーウィンドウにおいてネットワークビューパネルサイズを保存

55138 スクリプト:removeItems を使用したスクリプトのアンドゥ時にクラッシュ

56294 スクリプト:エイリアルを用いたscene.openでクラッシュ

56753 スクリプト:複数シーンにおいて連続してPySideカスタムビューからスクリプトを実行するとクラッシュ

53988 SDK:item.channelクエリーは評価された文字列を正しく読み込めない

55473 SDK:参照シーンを二度読み込むとCLxSurfaceVisitor.Sample()においてジオメトリを返さない

55749 SDK:キーが設定されていない場合プラグインのアルファチャンネルに対するグラフを表示しようとするとクラッシュ

56467 SDK:コマンドの有効機能に対するアイテムグラフを読み込むとシーンが変更されている場合クラッシュ

56697 SDK:シーンを閉じるときにレンダーキャッシュがクラッシュ

PAGE TOP
MODO is a registered trademark of The Foundry, in the USA and/or other countries.
All products or brand names mentioned are trademarks or registered trademarks of their respective holders.