MODO JAPAN GROUP

特別連載コラム > MODOモデリング基礎編

MODOモデリング基礎編 : キーボードのキーを作ろう

みなさん、こんにちは。

特別連載コラム「MODOモデリングツールの基礎」を担当している T.F です。

このコラムでは、MODOのモデリングツールにフォーカスし、様々なツールをわかりやすくご紹介しています。

今回は「ベベル」ツールを使ってキーボードのキーを作ってみたいと思います。

「ベベル」ツールについて

column_modeling_basic_02_001

「ベベル」ツールを使うと、選択したポリゴンを押し出したり、エッジや頂点の角(かど)を切り落としたり、丸めたりすることができます。

モデリング時の用途は非常に多く、制作作業の中で何回も使うことになるでしょう。

それでは実際に「ベベル」ツールを使って、モデルを作ってみましょう。


「ベベル」ツールを使ったモデリング、ディテールアップ

column_modeling_basic_02_044

ここからはMODOの「ベベル」ツールを使ってコンピュータのキーボードのキーを作成する手順を紹介します。

シンプルなモデルですが、「ベベル」ツールを使ったモデリング、ディテールアップの効果をわかりやすくご理解いただけると思います。


column_modeling_basic_02_003

今回の作業はすべてモデルレイアウトで行います。

ベースになるポリゴンが作成しやすいよう、3Dビューポートを「上面」ビューに変更します。


column_modeling_basic_02_004

立方体作成ツールをクリックして起動し、ビューポートを一度ドラッグします。


column_modeling_basic_02_031

ツールプロパティで作成中のモデルの位置やサイズを指定します。

ここでは、以下のように指定しています。

位置 X 0 mm
Y 0 mm
Z 0 mm
サイズ X 18 mm
Y 0 mm
Z 18 mm
セグメント X 1
Y 1
Z 1

column_modeling_basic_02_006

ツールを解除し、3Dビューポートをパースビューに変更します。

ビューポートの変更は、ショートカットキー [Ctrl] + [Space] に割り当てられているパイメニューから行うこともできます。


column_modeling_basic_02_007

このポリゴンがモデルの土台になります。

ではこのポリゴンを「ベベル」ツールで立体にしましょう。


column_modeling_basic_02_008

ポリゴン選択モードで、土台のポリゴンを選択します。


column_modeling_basic_02_032

ベベルツールのショートカット「B」キーを押して、ビューポートをクリックします。

ショートカットはベベル(Bevel)の「B」と覚えておくとよいでしょう。

すると赤いハンドルと青いハンドルが表示されます。

青いハンドルをドラッグするとシフトの量が増減され、ポリゴンを元の位置から前に押し出したりへこませたりすることが出来ます。

赤いハンドルをドラッグするとインセットの量が増減され、ポリゴンを拡大/縮小することが出来ます。


column_modeling_basic_02_033

ここでは、10mmシフトさせて、3mmインセットさせます。

シフト 10 mm
インセット 3 mm

column_modeling_basic_02_034

ポリゴンのベベルが終わったらツールを解除します。

キーボードのキーのモデルらしく見えてきましたね。


column_modeling_basic_02_042

材質など簡単な設定を行いプレビューで確認してみます。

遠景に使用したり、ゲームのアセットとして利用するモデルであれば、これくらいのディテールでよいかもしれませんが今回はもうすこしリアルに見えるようにディテールを追加したいと思います。

工業製品のようなモデルは角(かど)を切り落としたり丸めたりすることで、情報量が増えてキレイに見えるようになります。


column_modeling_basic_02_035

今回はベベルツールを使って、このモデルのエッジを丸めてみます。

エッジ選択モードで角(かど)を丸めたいコーナーのエッジを選択します。


column_modeling_basic_02_036

ベベルツールのショートカット「B」キーを押してビューポートをクリックします。

すると青いハンドルが表示されます。


column_modeling_basic_02_037

ここではツールプロパティを以下のように設定し、青いハンドルをドラッグしてベベルします。

丸めレベル 2
エッジシェイプ 丸め

ベベルが終わったらツールを解除して完成です。


column_modeling_basic_02_043

ベベルをする前のモデルとベベル後のモデルをプレビューで比較してみます。

ベベル後のモデルには角(かど)を丸めた部分にハイライトが入り、それらしい雰囲気が出てきたのがお分かりいただけるかと思います。


ベベルツールのツールプロパティ

エッジベベルツールのツールプロパティでよく使う設定を紹介します。

column_modeling_basic_02_038

丸めレベル 0
エッジシェイプ 丸め

平らに角(かど)を落としたいようなときはこのような設定が良いでしょう。


column_modeling_basic_02_039

丸めレベル 1以上
エッジシェイプ 丸め

今回の作例のように角(かど)を丸めたいときはこのような設定が良いでしょう。丸めレベルの値はモデルのサイズに合わせて調整します。


column_modeling_basic_02_040

エッジシェイプ 矩形

主にサブディビジョンサーフェイスを用いたモデリングを行う際、角(かど)の丸まり具合をコントロールするときに使用します。


column_modeling_basic_02_041

エッジシェイプ シャープ

モデルを構成するエッジ、ポリゴンの状態によっては、エッジシェイプを「シャープ」に設定すると意図した箇所にエッジが追加される場合があります。

PAGE TOP
MODO is a registered trademark of The Foundry, in the USA and/or other countries.
All products or brand names mentioned are trademarks or registered trademarks of their respective holders.