このサイトでは、MODOについてよくいただくご質問とその解決方法を紹介しています。
検索ワードで絞込み
カテゴリーを選ぶ

MODOのライセンスの種類について

ここではMODOのライセンスの種類について紹介します。

恒久ライセンス/サブスクリプション(ログインベースライセンス)

MODO 恒久ライセンス製品、MODO サブスクリプション製品で使用されている「ログインベースライセンス」は FOUNDRY WEBサイトでアクティベーションキーを登録してMODOを利用するライセンスです。多くのユーザ様がこのライセンスを利用されています。
change_machine_LoginBase_01
MODOを購入するとお客様専用のアクティベーションキーが発行されます。
そのアクティベーションキーをFOUNDRY WEBサイトで登録した後に、MODOからインターネットを通じてライセンスの認証(アクティベーション)を行うと、自動的にライセンスキーがインストールされてMODOを利用できるようになります。
アクティベーションの詳しい手順は以下のページをご覧ください。

change_machine_LoginBase_02
アクティベーションは1ライセンスにつき2台のコンピュータで行うことが出来ます。
新しいコンピュータにMODOをインストールしてアクティベーションを行えば、MODOを利用できるようになります。
※同時にMODOを起動できるのはご所有のライセンス数までとなります。

change_machine_LoginBase_03
アクティベーションは1ライセンスにつき2台のコンピュータまでとなりますので、さらに別のコンピュータで MODO を利用する場合にはアクティベーションの解除(ディアクティベート)を行った後、新しいコンピュータでアクティベーションを行ってください。
ディアクティベートは MODO または FOUNDRY の WEB サイトで行うことができます。ディアクティベートの詳しい手順は以下のページをご覧ください。


学生版、卒業生版、教員版

change_machine_Education_01
MODO 学生版、卒業生版、教員版は、購入時に申請したシステムIDのコンピュータでのみで使用することが出来ます。
インターネットを通じたアクティベーションは必要ありません。

change_machine_Education_02
購入時に提供されたライセンスキーを他のコンピュータで使用することはできません。他のコンピュータでMODOを使用する場合にはライセンスを移行する申請が必要です。
ライセンスの移行を希望される場合には カスタマーサポート へお問合せください。
MODO JAPAN GROUP
お問い合わせ


教育機関版

教育機関版のライセンスはライセンスサーバでMODOのライセンスを管理して複数名でMODOを利用できるようになっています。授業で使用するライセンス数を導入すれば、ライセンスサーバと同じネットワークに接続しているどのコンピュータでもMODOを利用できます。
※同時にMODOを起動できるのは導入したライセンス数までです。
インターネットを通じたアクティベーションは必要ありません。
change_machine_School_01

その他のライセンス

MODOにはログインベースのライセンスの他に「RLMフローティングローミングライセンス」という種類のライセンスがあります。
このライセンスは中規模以上のチームやスタジオでのMODOの運用が想定されており、4本以上MODOを所有するユーザー様(マルチシートユーザー様)のみ利用することができます。
「RLMフローティングローミングライセンス」の詳細につきましては、以下のFAQをご覧ください。