MODOの製品版を購入したが起動時に使用期限が表示される


体験版用のライセンスがインストールされたままになっていますので、製品版用のライセンスキーと入れ替える必要があります。

[1] 製品版ライセンスファイルのダウンロード

The Foundry社のWEBサイトで製品登録を行った後、ライセンスファイルをダウンロードし、ライセンスファイルをインストールしてください。The Foundry社での製品の登録、ライセンスのダウンロード、インストール手順につきましては、以下のWEBページをご覧ください。

ユーザー登録とライセンス取得方法について :: MODO JAPAN GROUP
手順2以降よりThe Foundy社での登録等についての説明となります。

 

[2] 製品版ライセンスのインストール

既に体験版の期限が切れており、MODO起動時にライセンスファイルのインストールを促される場合は、以下の手順に従って、ライセンスキーをインストールしてください:

MODO本体のライセンスキーのインストール方法

体験版の有効期限が表示される場合には、システムメニュー > ユーザーフォルダを開くから、ライセンスファイルが入っているフォルダを開き、MODOを終了します。

user_folder

開いたフォルダの中には体験版用のライセンスキー(modoxxxxxx.lic)が入っているので、先に体験版用のライセンスキーを削除し、ダウンロードしておいた製品版のライセンスキーをフォルダ内へとコピーします。

MODOを再起動すると、製品版用のライセンスキーが認識されるようになります。