スパイキーを活用したトポロジの作り変え


https://www.youtube.com/watch?v=FMVwepPjYCM

今回はモデリングツールであるスパイキーを使用して、トポロジを作り変える方法についてご紹介します。このビデオはpixelfondueのサイトで公開されているビデオをもとに作られています。

スパイキーツールとは、選択ポリゴンの中心からポリゴンを三角分割し、押し出しを行うツールとなります。スパイキーツールはモデルパレットのポリゴンサブタブの中にあり、ビューポートをクリックするとその押し出し量を調整することができます。

では実際にスパイキーを使って簡単にジオメトリの流れを変えてみましょう。円柱を作成し、通常通りにスパイキーを使ってポリゴンを押し出してみます。縦横に並んだポリゴンに対してトゲトゲが出てくるようになります。これが通常の流れですが、同じように円柱を作り、今度はエッジモードをあらかじめ全てのエッジを選択しておきます。ポリゴンモードでスパイキーを起動し、今回は押し出しを全く行わない状態でツールを解除します。縦横並んだポリゴンの中心から三角分割が行われましたので、このままエッジモードへと切り替え選択しておいたエッジを削除します。すると、縦横に並んでいたポリゴンが斜めに配置されるようになりました。あとは先ほどと同様、スパイキーで押し出してみると、同じような形状でありながら、ポリゴンの並びを変えることで違った表情を見せるようになります。

もう一つ、トポロジを変える方法をご紹介します。サンプルとなるSimpleGuyのジオメトリを見てみると、これも縦横に対して規則的に四角ポリゴンが並んでおり、そのため首周りのポリゴンを選択してみると、四角張った流れとなっているのがわかります。この四角い流れを滑らかな流れに変えていきます。

まずは対称モードをオンにした状態で、対角にあるポリゴンを二枚選択し、三角分割を行います。このポリゴンの流れはつながっていてほしいので、スピンコマンドで三角形の流れを変えておきます。さらに、もう一つの対角となる二つのポリゴンを選択し、こちらはスパイキーで押し出し0の状態で中心から三角分割を行います。あとはエッジモードで不要なエッジを削除していくと、四角形ポリゴンのまま、ジオメトリの流れを変えることができます。

このようにスパイキーでは、押し出しを行うだけではなく、中心からの三角分割を行うツールとして、トポロジを作り変えるのに非常に役に立ちます。