ベースボールの作り方


https://www.youtube.com/watch?v=DLJnYMvCFxQ

今回はベースボールの作り方をご紹介します。このビデオはpixelfondueのサイトで公開されているビデオを元に作成しています。

まずはベースボールの元となる形状を単位立方体で作り、正面と左右の側面のポリゴンを選択します。このポリゴン選択の境界部分にあるエッジを選択したいので、Ctrlボタンを押しながらエッジボタンを押して選択を変換します。境界のエッジを選択したら、べベルツールを起動し、境界部分のエッジを広げ、SDS再分割を行いポリゴンを細分化します。

リニアフォールオフを選択し、形状を調整したら、もう一度再分割を行います。この時点ではベースボールの形状にほど遠いですが、気にする必要はありません。ここまではベースボールの形状に必要となるジオメトリの流れを作っています。

単位球体を作り、この変形した立方体の内部に収まるように全体的にスケールをかけます。中にきちんと納まったら、今度は逆にこの球体を背景として、立方体が球体の形に添うように変形します。背景の形状に合わせるためには、メッシュコンストレイント機能を使います。メッシュコンストレイント機能からコンストレイントモード背景に、形状コンストレイントベクトルに設定します。スケールツールを起動しスケールをかけると、立方体が球体に沿ってスケールされるようになります。もしここできちんと球体に沿わないようであれば、コンポーネントモードで作業しているか、アイテムモードで作業していないかを確認してください。

TABキーでサブディビジョンへと変換したら、エッジモードへと切り替えちょうどベースボールの継ぎ目に当たる部分のエッジをループ選択します。エッジタブの押し出しツールを使い、内側へと押し込むことで、継ぎ目をうまく表現することができます。

あとは、中に押し込んだ部分のポイントを二つ選択し、そのループエッジを選択したら、閉じたカーブの形状を作成し、新たなメッシュレイヤーへと移します。適当な縫い目のメッシュを用意し、カーブで複製します。このような場合には、プロシージャルモデリングを使って複製の数、またカーブやベースとなるメッシュの調整を行っていくと、効率よく作業できます。