直線にそって角ばったまま押し出すには


https://www.youtube.com/watch?v=M-y3hpfhXJU

今回は断面を直線に沿って、カーブのように柔らかく曲がることなく、直線のままで押し出していく方法をご紹介します。

通常、断面を押し出していくと言えば、カーブで押し出しを想像するかと思いますが、今回のようにサンプルのような直線で構成された線に沿って断面を押し出していく場合には不向きです。

こういった場合には、ペンで押し出しツールを使います。断面を作りたい形状を背景レイヤーにセットしておき、スナッピングオプションで頂点をオンにしてスナッピングを有効にしておきます。あとは頂点をスナップさせながらクリックしていけば、カーブで押し出しのように角が曲がることなくキレイに直線に沿って押し出してくれるようになります。

この時、押し出す形状が常に一定であるようにするためには、コーナースケールのオプションをオンにしておいてください。このオプションをオフにすると、曲がり具合が急な角など、コーナー部分にスケールをかけることで、全体の太さを一定に保とうとします。逆に、押し出される部分の太さではなく、コーナー部分の断面の太さを一定にしておきたい場合には、このオプションをオフにしてください。

このペンで押し出しツールは、ダイレクトモデリングだけではなく、プロシージャルモデリングにも用意されています。プロシージャルモデリングの場合、あらかじめこのポリゴンからエッジをポリラインとして抽出しておきましょう。メッシュオペレーションのタブへと移り、オペレータ追加エッジEdge to Curvesを追加し、カーブタイプポリラインにしておきます。これで準備はOKです。

あとは断面となるメッシュレイヤーに対して、オペレータ追加複製 Pen Extrudeを追加し、先ほどのポリラインを抽出したメッシュレイヤーを設定するだけです。プロシージャルモデリングの場合、ダイレクトモデリングと違い、ベースメッシュ部分に対して後から編集を加えていくことができますので、こういった押し出しの処理などに関してはプロシージャルモデリングを使う方が編集が楽になります。