テキストをパスに沿って配置・アニメーションするには


https://www.youtube.com/watch?v=zcJzLNXJENo

今回はプロシージャルモデリングの機能を使用して、テキストをパスに沿って配置したり、アニメーションさせる方法をご紹介します。

サンプルとなるシーンは、ビデオ「テキストツールで動的に文字を変更するには」でセットアップしたシーンになりますので、シーン内のフレームに合わせて表示されるテキストも変化するようになっています。

ではまず、メッシュオペレーションのタブでこのテキストを見てみましょう。テキストを開いてみると、Tool Pipeが表示されます。今回、テキストに対してパスを組み合わせるわけですから、このTool Pipeでパスを指定するようにします。(Tool Pipeを追加)をクリックし、ブラウザからPath Generatorを追加します。このPath Ganeratorというオペレーションは、シーン内のカーブのメッシュをパスとして認識するためのオペレーションになります。

このPath Generatorを開くと中にカーブがありますが、このシーンの中にはまだ実際にはカーブのメッシュは存在していません。(カーブを追加)をクリックし、実際に新規で一つメッシュを作成します。メッシュの名称はCurveにしておきましょう。ここではダイレクトモデリングである通常のカーブツールを使ってカーブを生成します。

するとカーブの始点に沿って、テキスト全体が配置されるのが確認できます。これでパスに沿うという点では正しい設定になりましたが、望むのはこのテキストの文字一つ一つがパスに沿うことですので、テキストのプロパティにある分割から文字へと変更します。これで文字一つ一つがパスに沿うように変更されました。

ただし、これだとパス全体に文字が広がってしまっています。これを正すには、カーブから生成されるパスをコントロールすればよいので、Path Generatorを選択し、終点の位置を変更します。また終点の位置とスライドの値を変更することで、パスに沿って文字がばらばらと移動するアニメーションを作ることも可能です。