ギアベルトのリグの組み方


https://www.youtube.com/watch?v=uQDL6uiQhcU

今回はギアベルトに対するリグの組み方をご説明します。このビデオはpixelfondueのサイトで公開されているビデオをもとに作られています。

まずは簡単にギアを作りましょう。ギアを作るにはプロシージャルアイテムであるギアアイテムを使うのが一番簡単です。アイテムリストアイテム追加プロシージャルGearを追加します。このアイテムは設定するパラメータによって動的に形状を変えるタイプのアイテムです。スポークを無しにし、歯の向きInsideに設定し、簡単なギアを作ったら、通常のメッシュへとタイプを変更しておきましょう。

このギアベルトが正しく回転しているのか認識しやすいように、歯の一部のマテリアルをあらかじめ違う色へと設定しておきます。

次にギアベルトのリグにはスプラインのデフォーマを使いますので、まず元のギアの形状に沿ったカーブを作ります。新たなメッシュに円の板ポリゴンを作り、そのポリゴンからカーブを作ります。このとき円の板ポリゴンはギアの内側の歯に沿って作ると良いでしょう。

カーブを作ったら、今度はギアベルトが変形する先となる形状をカーブで作ります。このターゲットとなるカーブは、ソースのカーブを元に作ると後々うまく設定できるようになります。ソースとなるカーブアイテムを複製し、ターゲットとなるカーブを変形させます。

セットアップレイアウトへと移り、ギアのアイテムに対してデフォーマタブからスプラインデフォーマを適用します。スプラインエフェクタのソースカーブターゲットカーブをそれぞれ対応するアイテムに設定します。するとターゲットカーブに沿ってギアベルトが変形するようになります。変形部分が途中で寄れているような場合は、ターゲットカーブの閉じている部分の頂点周りを配置しなおすと、キレイに修正されるようになります。

変形が綺麗に行われることを確認したら、あとはアイテムモードでギアのアイテムを選択し、Z軸に対して回転させると、ベルトが回転するようになります。