MODO JAPAN GROUP

MODO 901 変更点 (バグ修正リスト)

3Dビューポート:新規パレットに新しい3Dビューポートを追加した際にビューポートコントロールが表示されなくなる問題が修正されました。

3Dビューポート:特定のシーンでパースペクティブビューのカメラ位置が切り替え時に元に戻ってしまう問題が修正されました。

絶対スケールツール:絶対スケールツールのハンドルがスナップされない問題が修正されました。

アクションセンター/対称:対称を有効にした状態でオートアクションセンターを使用すると異なる選択位置へセンターが移動してします問題が修正されました。

AI入出力:一部の重なりを持つパスを持つAIファイルをフリーズするとフリーズした結果がおかしくなる問題が修正されました。

Alembic入出力:Alembicシーケンスアイテムにトランスフォームプロパティがない問題が修正されました。

Alembic入出力:Houdiniから読み込んだアニメーションAlembicファイルにUVがない問題が修正されました。

Alembic入出力:4ギガバイトを超えるファイルを出力するとクラッシュする問題が修正されました。

Alembic入出力:Alembicファイルから読み込んだパーティクルシミュレーションを削除するとクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

作業平面を選択にあわせる:作業平面をカメラビューで選択したエレメントにあわせるとカメラの回転位置がシフトしてしまう問題が修正されました。

アニメーションベイキング:カメラのアニメーションをベイクするとモーションがガタガタになってしまう問題が修正されました。

アセンブリ:入れ子になっているインスタンス化されたサブアセンブリを削除するとクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

軸スライス:軸スライスツールを使用すると選択セットが正しく保存されない問題が修正されました。

バックドロップアイテム:”オートフィット”と”アスペクト比率の保存”が動作しない問題が修正されました。

ベイキング:ベイキングがイラディアンスキャッシュのプリパスを行わない問題が修正されました。

グループベベル:グループベベルのシフトベクトルが不定になることが原因で歪みのあるベベルを行うことがある問題が修正されました。

ベジェデフォーマ:ダイアログで選択された軸が使われていなかった問題が修正されました。

ブーリアン:ブーリアンの操作でカットに影響を受けるマテリアルのタグが削除されてしまう問題が修正されました。

ブーリアン:ブーリアンがデフォーマによって変形された背景メッシュを考慮していなかった問題が修正されました。

ケージモード:メッシュのケージモードを有効にするとマルチレゾリューションのディスプレースメントが消えてしまう問題が修正されました。

Catmull Clarkサブディビジョンサーフェイス:メッシュ編集中に頂点ウェイトの値が正しくメンテナンスされない問題が修正されました。

チャンネル編集:複数のチャンネルを選択した状態で”(複数)”の値に負のゼロ値を入力すると全ての値がゼロになってしまう問題が修正されました。

チャンネルハンドル:チャンネルハンドルがスケマティックビューに適用できなくなる問題が修正されました。

クリップリスト:ギャラリーモードの画像にカラー補正が行われない問題が修正されました。

クリップリスト:ギャラリーモードでクリップリストを右クリップしてもコンテキストメニューが表示されない問題が修正されました。

カラー補正チャンネルモディファイア:処理速度を改善いたしました。

カラー補正ノード:出力値がクランプされてしまう問題が修正されました。

カラー補正ノード:値カーブが正しく保存されない問題が修正されました。

カラーマネージメント:デフォルトビューポートでMatcapsをデフォルトもしくはsRGBカラースペースに設定すると暗くなりすぎてしまう問題が修正されました。

カラーピッカー:ルールカラーパレットスウォッチがカラーを補正していなかった問題が修正されました。

コマンド履歴:Pythonインタプリタ使用時に結果セクションで検索を行うと、クラッシュする可能性がある問題が修正されました。

コマンド履歴:&itemタイプのコマンド引数が入力領域にマップされた際にポップアップが正しく開かれない問題が修正されました。

コマンドシステム:”tool.set const.bg off” を実行しても背景コンストレイントが正しくオフにならない問題が修正されました。

コピーアンドペースト:形状をコピーしてからそのシーンを終了してしまうとクリップボードにコピーしたデータが残らなくなる問題が修正されました。

コピーアンドペースト:トランスフォームされたメッシュのポリゴンをペーストするとモーフマップ情報が破綻してしまう問題が修正されました。

カーブで複製:”ポリゴンを作成”オプションを”カーブポリゴンを作成”に名称変更いたしました。

カーブコンストレイントデフォーマ:同時に一つのカーブしか取り扱うことができなかった制限が修正されました。

コピーアンドペースト:UV移動ツールを起動した状態でUVポリゴンのカットアンドペーストを行うとクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

デフォーマ:汎用インフルーエンストとトランスフォームエフェクタの組み合わせがメッシュ全体の動作を遅くしていた問題が修正されました。

ドラッグアンドドロップ:あるシーンから別のシーンにリグをドラッグして、シーンを保存しようとするとクラッシュする問題が修正されました。

ダイナミックカーブ:”カーブをポリゴンとしてレンダー”オプションがダイナミックカーブで動作しない問題が修正されました。

ダイナミックリプリケータ:フォースの設定に”重力に影響”が追加されました。

ダイナミクス(Windows):シミュレーションの開始直後にクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

ダイナミクス:スクリプトからダイナミクスシミュレーションを実行するとクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

ダイナミクス:衝突設定の”デフォーミング”オプションを使用するとクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

ダイナミクス:フォースまたはフォールオフをダイナミックボディに親子関係を設定すると引き起こされる再表示に問題が修正されました。

エッジベベル:特定のケースで輪郭のエッジが正しくベベルされない問題が修正されました。

エッジ拡張:ローカルモードが対称モードをサポートしていなかった問題が修正されました。

エッジ押し出し:エッジ押し出しが問題のあるウェイトを発生させていた問題が修正されました。

エッジスライス:特定のポリゴンを選択したときの処理速度が向上されました。

エッジウェイト:頂点マップ表示モードでテキストポリゴンにエッジウェイトを適応するとクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

EXR入出力:幾つかのEXRファイルを画像マップとして読み込むとクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

フォールオフプローブ:フォールオフが出力の前にコネクトされる場合を除いて、出力がチャンネルリンクを作成しない問題が修正されました。

フォールオフプローブ:パーティクルを使用してフォールオフを駆動しようとするとクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

フォールオフプローブ:シェーダサンプル位置を入力に使用するとクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

お気に入りスイッチャ:異なる解像度のデュアルモニターで(ctrl-`) を使用してスイッチャを起動するとスイッチャがおかしな場所に表示されてしまう問題が修正されました。

FBIK:IK/FKをブレンドするとボーンの長さが変更され予期せぬ問題が引き起こされる問題が修正されました。

FBX入出力:出力時に選択されてなかったアクションを入力時に選択する際の問題が修正されました。

FBX入出力:特定のFBXファイルから入力した1フレームだけのアニメーションを出力する際に生じる問題が修正されました。

FBX入出力:アニメーションを持つシーンを保存した時にクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

選択でフィルター:複数のアイテムを選択すると”選択でフィルター”が正しく働かなくなる問題が修正されました。

フレームマーカー:既存のフレームマーカーのラベルを編集するとタイムライン上の表示属性がおかしくなる問題が修正されました。

トランスフォームのフリーズ:全てのトランスフォームをフリーズするとメッシュが動いてしまう場合がある問題が修正されました。

ファー/GL:ファーのOpenGL表示に関してクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

一般(Mac):(WindowsやLinuxのユーザーフォルダではない)Preferencesフォルダにシステムメニューのショートカットが追加されました。

一般:”LXO”の名称を”Luxology Scene”から”MODO Scene”へ変更されました。

GLキャプチャ:ACSを終了した後でGL画面をレコードするとクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

GLパフォーマンス:たくさんのインスタンスアイテムを持つシーンの速度が改善されました。

GL:”非アクティブメッシュはアクティブメッシュと同じ”モードが半透明アイテムを表示しない問題が修正されました。

GL:MDDで駆動されたオブジェクトが読み込み時に表示されない場合がある問題が修正されました。

GL:サブディビジョンウェイトの値が3Dビューポートで正しく表示されない場合がある問題が修正されました。

GL/ディスプレースメント:カラーマップのオンとオフを切り替えるとディスプレースメントが高輝度表示される問題が修正されました。

グラディエント編集:数値入力によるキー編集に関する問題が修正されました。

グラフ編集:アニメーションレイアウトでマニピュレータを使用するとチャンネルカーブが消えてしまう問題が修正されました。

グラフ編集:スロープを設定した後で実行したアンドゥが正しく動作しない問題が修正されました。

グルーピング:シフトキーを押しながらシェーダツリーのレイヤーとレイヤーマスクを選択し、ctrl+Gを押してそれらをグループ化するとレイヤーが削除されてしまう問題が修正されました。

四角へ拡張:”四角へ拡張”コマンドの背景コンストレイントオプションに関する問題が修正されました。

ヘアガイド:プレビューを有効にした状態でヘアガイドを非表示にするとクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

IESライト:測光ライトを移動するとメモリーリークが発生する問題が修正されました。

照射ノード:ルミナンスとシェードルミナンスがマスクとしてグラディエント値を出力するように変更されました。

照射ノード:複数のライトを設定すると正しくない結果を生じる問題が修正されました。

照射ノード:ライトの円錐角度が正しくレンダリングされない問題が修正されました。

画像入出力:SGI画像が読み込めない問題が修正されました。

入力:入力マテリアルが有効になっている以外で環境が参照として入力できない問題が修正されました。

インクリメンタル保存:アニメーションをシーンに追加するとシーンの長さが正しく拡張されない問題が修正されました。

情報パネル:パネルが最大サイズに展開されている状態で頂点の選択と解除を繰り返すとクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

インスタンスミラー:ツールがインスタンスアイテムをミラーするとインスタンスではなく複製してしまう問題が修正されました。

インスタンス:ダイナミック階層をインスタンスし、そのインスタンスを複製するとインスタンスのコピーが破綻してしまう問題が修正されました。

アイテムタグ:アイテムタグがとても長いテキストを受け付けない問題が修正されました。

アイテムリスト:表示属性アイコンを操作するとがフォールオフのアクティベーションが解除されてしまう問題が修正されました。

キーボード入力:テキストフィールドがフォーカスされている状態で、F9キーを押してもレンダリングが実行されない問題が修正されました。

キーフレーム:自動キーモードをオフにしてタイムラインを再生するとキーが誤って設定されてしまう問題が修正されました。

ラグエフェクタ:ターゲットメッシュを変更し、オリジナルターゲットを削除するとクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

除外ライト:ライトのグループを除外すると反射率が正しく動作しない問題が修正されました。

ロケータ形状スタイル:”追加”の代わりに”置換”をデフォルト値に変更しました。

ループスライス:”選択をスライス”オプションを有効にしたとき対称軸の反対側のスライス位置が反転してしまう問題が修正されました。

ループスライス:”曲率の保持”オプションがモーフマップを正しくサポートしていなかった問題が修正されました。

mesh.octree (Windows): mesh.octreeコマンドをアンドゥしてから、ポリゴンを削除するとクラッシュ可能性がある問題が修正されました。

鏡面コピー:ミラーの中心位置がマウスカーソルの位置に設定されない問題が修正されました。

鏡面コピー:”3点”モードのハンドルが操作中に拡大されてしまう問題が修正されました。

鏡面コピー:鏡面コピーツールがトランスフォームマップを正しくミラーしない問題が修正されました。

鏡面コピー:”ペアレント”オプションが設定されている時、トランスフォームがアイテムを重複して移動させてしまう問題が修正されました。

モーフマップ:アイテムにモーフマップを追加すると背景アイテムにまで影響を与えてしまう問題が修正されました。

モーションパス:モーションパスが複製アイテム上で表示されない問題が修正されました。

ペイント:ブラー、指先、シャープペンツールのバグが修正されました。

ペイント:アンドゥが二回必要になる問題が修正されました。

ペイント:UVウィンドウのUDIMスペースでペイントが動作しない問題が修正されました。

ペイント:ペイントブラシがストローク中にランダムにずれてしまう問題が修正されました。

ペイント:RGBA画像のペイントストロークで縁が表示されてしまう問題が修正されました。

ペイント:ハードブラシを使用した際にストロークの品質が低下してしまう問題が修正されました。

パーティクルジェネレータ:パーティクルモディファイアのソースがメッシュの場合、ソースタイプとして頂点、ポリゴン、もしくはポリゴンに所属しない孤立頂点を設定できるようになりました。

パーティクルスレイブモディファイア:頂点マップを評価している最中にパーティクルスレイブモディファイアの入力メッシュを複製するとクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

パーティクルからクラウドへ:テクスチャリプリケータのサーフェイスパーティクルジェネレータを変換するとクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

パスエリアス:パスエリアスが削除できないバグが修正されました。

ペンツール:ポリゴンタイプにCatmull-Clarkが追加されました。

パフォーマンス:たくさんのテクスチャがあるシーンでタイムラインをスクラブすると遅くなる問題が改善されました。

パフォーマンス:デフォーマ選択速度が改善されました。

パフォーマンス:インスタンスを持つ階層構造の選択速度が改善されました。

パフォーマンス:たくさんのアイテムを持つシーンの処理速度が改善されました。

Perlスクリプト:アポストロフィ記号をディレクトリ名称に持つPerlスクリプトの実行が失敗する問題が修正されました。

ピボットからバウンディングボックスへ:ピボットをアクターを持つバウンディングボックスのボトムに使用するとクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

プレースホルダー画像:シーンのロード中にリンクが再設定されなかった画像のリンクが消えてしまうのを回避するためにプレースホルダー画像が追加されました。

プラグイン:プラグインのキャッシュデータが見つからない時に保存ダイアログを開くとクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

ポリゴンベベルツール:グループベベルモードでの正しくない動作が修正されました。

ポップオーバー:フォームが垂直スペースの有効領域を超えてしまったときフォームの内容がクリッピングされてしまう問題が修正されました。

ポーズツール:Controlキーを押した状態での作業平面へのスナップが動作しない問題が修正されました。

プリセットブラウザ:プリセットブラウザの右マウスボタンで表示されるコンテキストメニューにある”最後のレンダリングでアイコンを置換”を実行したときにカラーマップが適応されない問題が修正されました。

プリセット:特定のプリセットがライブラリに正しく追加されない問題が修正されました。

プレビュー:プレビューに画像をドラッグするとデフォルトのカラースペースが適応されない問題が修正されました。

プレビュー:プロシージャルアイテムのマテリアルを変更してもプレビューが更新されない場合がある問題が修正されました。

プレビュー:Mesh Fusionがプレビューのテクスチャの自動アップデートの機能を停止させてしまう問題が修正されました。

Python API:lx.object.Scene.RenderCameraIndexコマンドを使用するとクラッシュするバグが修正されました。

ランダムチャンネルモディファイア:モディファイアがあまりランダムでない問題が修正されました。

参照:参照シーンのレンダリングでクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

エッジの除去:”頂点を残す”オプションが正しく動作しない場合がある問題が修正されました。

カーブをポリゴンとしてレンダリング:デフォーマによって影響を受けるカーブにこの機能を使用すると正しく動作しない場合がある問題が修正されました。

レンダーウィンドウ:数値キーを打って以前に中断したレンダリングを呼び出すと現在のレンダーが消失してしまう問題が修正されました。

レンダリング(Windows):初期設定パネルのレンダリング項目にあるバケット書き出しフォルダと最新フレームフォルダを削除してしまうとクラッシュするバグが修正されました。

レンダリング:マテリアルのクリアコートに”バンプを無視”オプションが追加されました。

レンダリング:ブラーリフレクションが有効化されずにラフネスマテリアルがゼロ以上になり、環境のリフレクションオプションだけが上書きされてしまう問題が修正されました。

レンダリング:エネルギー保存がトランスペアレンシもしくはSSSに対してフレネル/リフレクションが考慮されない問題が修正されました。

レンダリング:MISブラーリフレクションがシャドウキャッチャーを黒くしてしまう問題が修正されました。

レンダリング:スキンシェーダを持つリフレクション量が、”スペキュラと一致”オプションを有効にしてもスペキュラー量レイヤーによって動的に変更されない問題が修正されました。

リプリケータ:リプリケータダイアログの回転角度シンボルの間違った表示が修正されました。

スケマティック:個別のスケマティックコネクションをアセンブリに後悔しました。

スケマティック:グラフを持たないパッケージのグラフをアイテムが表示する問題が修正されました。

スケマティック:汎用インフルーエンスに連結されたフォールオフが余分なコネクションを引き起こす問題が修正されました。

スケマティック:特定のシーンにおける依存関係のループが解決されました。

スケマティック:特定のシーンのベクトル減算入力の連結を解除使用するとクラッシュする問題が修正されました。

スクリプトエディタ (Linux):カスタムスクリプトエディタがあるPython APIを正しく実行しない問題が修正されました。

スクリプトエディタ (Linux):レイアウトが切り替わったときにスクリプトエディタの内容が消失してしまう問題が修正されました。

スクリプトエディタ (Linux):スタイルシートがテキストを読みにくくしていた問題が修正されました。

スクリプティング:スクリプトからマルチレイヤEXRにレンダリングしようとするとクラッシュする問題が修正されました。

選択セット:”選択セットを使用”コマンドを実行すると既存にある選択に追加で選択されてしまう問題が修正されました。

選択:状態パネルからのマテリアルタグの選択が特殊文字を持つタグに対して動作しない問題が修正されました。

選択:投げ縄フォールオフを使って移動もしくは回転を行った後でアンドゥを行うとクラッシュする問題が修正されました。

頂点法線ベクトルの設定:コマンドが複数の選択したメッシュアイテムに対して動作しない問題が修正されました。

シェーダツリー:”レイヤー追加”メニューからカスタムシェーダとスペシャルシェーダが消えていた問題が修正されました。

シェーダツリー:特定のシーンに関して幾つかの実行速度の改善が行われました。

ショートカット(Windows):画像インクのスケールと回転のショートカットがローカライズされたMODO上で動作しない問題が修正されました。

セットアップ位置の表示:カーブ/ベジェメッシュデフォーマのセットアップ位置が正しくビューポートで表示されない問題が修正されました。

シミュレーション:パーティクルシミュレーションにつけられたCSVポイントキャッシュが実行中のライブシミュレーションを阻害してしまう問題が修正されました。

シミュレーション:特定のシーンに関してシミュレーションがクラッシュする問題が修正されました。

スケルトンツール:スケールがかかったメッシュオブジェクトに対するツールのバグが修正されました。

スケルトンツール:選択したインスタンスを持つスケルトンジョイントチェインの表示がインスタンス名称と回転に影響を与えてしまう問題が修正されました。

スケルトンツール:トップビューからスケルトン位置を編集すると修正した位置がずれてしまう問題が修正されました。

スケルトンツール:挿入もしくは削除モードを使った後でモードを追加に戻すとスケルトンが予期できない形になってしまう場合がある問題が修正されました。

スケルトンツール:”tool.setAttr hierarchy.draw createJnt 1″コマンドを実行するとクラッシュする問題が修正されました。

スケルトンツール:精度をゼロにするとMODOがハングアップしてしまう問題が修正されました。

スライドツール:”終端でストップ”オプションが対称モードで正しく動作しなくなる場合がある問題が修正されました。

スナッピング:移動ツールを起動中にスナッピングを有効にするとツールのコントロールハンドルの位置がずれてしまう問題が修正されました。

スナッピング:スナッピングを有効にし、フォールオフを追加した後で、スナッピングを無効にしようとしてもスナップがアクティブのままになってしまう問題が修正されました。

スナッピング:座標の丸めを”強制的に固定”に変更しても動作が変わらない問題が修正されました。

スナッピング:スナップ角度がパーセンテージで正しく動作しない問題が修正されました。

スナッピング:2軸モードでオブジェクトを回転すると動作がおかしくなる問題が修正されました。

ソフト選択フォールオフ:フォールオフが選択されているモーフマップを考慮していない問題が修正されました。

スペースチャート:ロケータなどお気に入りアイテムのオプションが追加されました。

スペースチャート:ウィンドウが最終の表示位置を記録していなかった問題が修正されました。

球ツール:対称モードの状態でテッセレーションモードの球を作成してもポリゴンが対称に作成されない問題が修正されました。

スプラインデフォーマ:ダイアログで軸を選択しても正しく使用されていなかった問題が修正されました。

スプラインデフォーマ:ターゲットもしくはソースカーブのポイント数を変更するとスプラインデフォーマがリセットされてしまう問題が修正されました。

スプラインエフェクタ:スプラインデフォーメーションを駆動しているメッシュのカーブを作り直すとクラッシュする問題が修正されました。

スポットライト:半径がブラーの一方向にだけしか働いていなかった問題が修正されました。

安定性(Windows):特定のシーンでレンダリング中にクラッシュする問題が修正されました。

安定性:サーフェイスジェネレータを持つ特定のシーンにマテリアルを追加するとクラッシュする問題が修正されました。

安定性:レンダリング中にタイムラインをクリックするとクラッシュする問題が修正されました。

安定性:特定のアセットを参照として入力するとクラッシュする問題が修正されました。

安定性:セットアップレイアウトで特定のシーンを参照として入力するとクラッシュする問題が修正されました。

安定性:セットアップレイアウトで特定のシーンのタイムラインを再生するとクラッシュする問題が修正されました。

安定性:アイテムの名称変更時に名称変更のプロセスが開始される前にそのアイテムを直ぐに削除するとクラッシュする問題が修正されました。

安定性:ACSのシーンでセットアップモードをオフにしてタイムスライダーを移動するとクラッシュする問題が修正されました。

安定性:頂点マップリストのテクスチャを削除するとクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

文字列チャンネルモディファイア:インデックスの開始番号を他のノードと統一するために1からではなく0からに変更いたしました。

サーフェイスジェネレータ:テクスチャリプリケータを持つサーフェイスジェネレータのアニメーションのフレーム位置を変更するとクラッシュする場合がある問題が修正されました。

サーフェイスパーティクルジェネレータ:ソースサーフェイスを変更するとサーフェイスパーティクルジェネレータが停止してしまう問題が修正されました。

スイッチャーバー:設定が保存されない問題が修正されました。

対称ツール:複数のアイテムを対称ツールで同時に修正するとクラッシュする問題が修正されました。

タブレット入力(Linux):グラフィクスタブレットを使用したときにスカルプトの押し出し機能が正しく動作しない問題が修正されました。

タブレット入力:アイテムリストのシーン名称を右ボタンのクリックを押してシーンを閉じ、タブレット入力を使用するとクラッシュする問題が修正されました。

テキストブラシ:ラインツールの結合を使用するとテキストブラシが動作しない問題が修正されました。

テキストフィールド(Linux):テキストフィールドの下部がカットされてしまう問題が修正されました。

タイルEXR:タイルEXRが幾つかのシーンで動作していなかった問題が修正されました。

タイルEXR:タイルとミップマップEXR画像でマップされたオブジェクトをプレビューでナビゲーションするとクラッシュする問題が修正されました。

トポロジーペン:トポロジーペンがモーフマップが選択された状態で正しく動作しない問題が修正されました。

頂点マップの転送:頂点マップ転送コマンドがUVマップを正しく転送しない幾つかのケースが修正されました。

ツリー (Windows): ツリーをドラッグアンドドロップしている最中にオートスクロールがビューを再表示しない問題が修正されました。

UDIMs: UDIMでマッピングされた画像が正しくレンダリングされない場合がある問題が修正されました。

UDIMs: UDIMを持つシーンをベイキングするとクラッシュする場合がある問題が修正されました。

UI (Mac): テキスト編集を終了する前にポップアップをクリックするとクラッシュする問題が修正されました。

UI:ポップオーバーフォームが部分的にオフスクリーンで表示され、シーンの一部がアクセスできなくなる問題が修正されました。

UI: モデルレイアウトでアンドゥした後でパレットを再度レイアウトに納めるとクラッシュする場合がある問題が修正されました。

アンドゥシステム:コマンドを持たないコマンドブロックがアンドゥブロックを保持し続けている問題が修正されました。

アンドゥシステム:ツールモードでコマンドが冗長なアンドゥが必要になる問題が修正されました。

ペアレント解除:アニメーションを持つ半透明のアイテムがカメラの前にある状態で、’a’キーを押してビューをフィットするとペアレント解除のアクションが引き起こされれてしまう問題が修正されました。

ユーザーチャンネル:ベクターユーザーチャンネルの一部を名称変更してからシーンを閉じるとクラッシュする場合がある問題が修正されました。

UVs: UV作成ツールとUVビュープロジェクションツールに”ワールドスペース”オプションが追加されました。このオプションが有効な時、UVは各アイテムのトランスフォームされた頂点位置を基本に作成されます。

UVs: UV編集ビューでサブディビジョンサーフェイスのエレメントが正しく選択されない場合がある問題が修正されました。

UVs: カーブの最初のポイントを作る前に”UV作成”が有効になっていないと、カーブ作成中にUVが作られない場合がある問題が修正されました。

UVs: UVリラックスが非表示のUVポリゴンまでリラックさせてしまう問題が修正されました。

頂点マップ切り取り:切り取り値の単位をパーセンテージに変更いたしました。

頂点マップ:頂点マップ編集中にNaN(非数値)が生じてしまう可能性がある問題が修正されました。

ウェイトマップテクスチャ:RGB頂点マップがウェイトマップを持つレンダリングで使用されない問題が修正されました。

バケットをディスクに書き出す:”バケットをディスクに書き出す”オプションがレンダリング終了時にたくさんのメモリーを消費してしまう問題が修正されました。

PAGE TOP
MODO is a registered trademark of The Foundry, in the USA and/or other countries.
All products or brand names mentioned are trademarks or registered trademarks of their respective holders.