Mac版でCommandキーが効かない


MODOのMac版では、Windows版とコードの互換性を保つため、CommandキーではなくControlキーがショートカットキーとして割り当てられています。

使い勝手を良くするため、フリーウェアを使用して、この割り当てを変更する方法をご紹介します。

[1] Macでキーの割当を変更するソフトウェア「Karabiner」を下記サイトよりダウンロードし、インストールします:

https://pqrs.org/osx/karabiner/index.html.ja

[2] Misc & Install タブへと移ります。

Karabinar01

[3] キーカスタマイズ用のXMLファイルを編集します。Custom SettingカテゴリにあるOpen private.xmlをクリックし、XMLファイルを開きます。

[4] private.xmlをテキストエディタを開き、以下のコードをすべてコピーし保存します。

<?xml version="1.0"?>
<root>
	<appdef>
		<appname>MODO</appname>
		<equal>com.luxology.modo</equal>
	</appdef>
	<item>
		<name>Change Control_L Key (Left Control) in modo.app</name>
		<item>
			<name>Control_L to Command_L</name>
			<identifier>private.appdef</identifier>
			<only>MODO</only>
			<autogen>__KeyToKey__ KeyCode::COMMAND_L, KeyCode::CONTROL_L</autogen>
		</item>
	</item>
</root>

[5] Change Keyタブへと移り、Reload XMLボタンをクリックします。

Karabinar03

[6] Change Control_L Key (Left Control) in modo.app を開き、その下にある Control_L to Command_L オプションをオンにします。

Karabinar02

これでMODOの中でControlキーに割り当てられているショートカットキーを、Commandキーへと変更することが可能です。