DXFから読み込んだポリラインから面ポリゴンを作成できない


Modoバージョン13.1からはパフォーマンス向上のため、内部データの構造に一部変更が加えられています。この変更により、線ポリゴン(2ポイントポリゴン/面ポリゴンの一種)が廃止されたため、DXFファイルを読み込んだ場合にバージョン13.0までは線ポリゴンとして読み込まれていたデータが、ポリラインとして読み込まれるようになりました。

linepoly130

linepoly131

これにより、13.0までであれば読み込まれた線ポリゴンの頂点を選択し、Pキーを押してポリゴンを作成すると、面タイプのポリゴンが作成されていましたが、13.1からはポリラインタイプのポリゴンが作成されるようになりました。

Pキーによるポリゴン作成は、作成するポリゴンを構成する頂点が既に何らかのポリゴンに属しているようであれば、その属しているポリゴンのタイプを優先するため、ポリラインタイプのポリゴンに属している頂点を選択してPキーを押しても、面タイプではなく、ポリラインタイプのポリゴンが作成されることになります。

従来どおり、DXFから読み込んだポリゴンをPキーで面を貼るには、以下のコマンドを実行してください:

poly.make face

linepoly03

コマンドの入力の手間を減らしたい方は、このコマンドを任意のショートカットキーに割り当ててご使用ください。ショートカットキーの割り当て方については、下記日本語解説ビデオをご覧ください:

ショートカットキーを割り当てるには