ライセンスの更新を行ったが、有効期限が延長されない(MODO 11以降)


お客様の環境によって、MODOメンテナンス更新製品を購入してメンテナンスを更新した後、MODOを起動した際に「ライセンスの有効期限が近い」、「ライセンスの有効期限が切れている」といったメッセージが表示されるケースが確認されております。

これは何らかの理由で、ご利用のコンピュータに保存されているライセンス情報が更新されていないのが原因となります。

もし本現象が発生した場合には下記の手順に沿って一旦保存されているライセンスの情報をリセットしてください。

MODO 体験版やテンポラリライセンス(期限付きライセンス)を利用している

MODO 体験版やテンポラリライセンス(期限付きライセンス)を利用している場合には、以下のページに掲載されている手順に沿ってテンポラリライセンス(期限付きライセンス)を削除してください。


テンポラリライセンス(期限付きライセンス)の削除 | FAQ

MODO 体験版やテンポラリライセンス(期限付きライセンス)を利用していない

  1. ネットワークの確認
  2. ライセンスのディアクティベート
  3. ライセンスキーの削除
  4. ライセンスキーのインストール

1. ネットワークの確認

まず、お使いのマシンがインターネットに接続されている状態にします。

2. ライセンスのディアクティベート

次に、ログインベースライセンスのディアクティベートを行ないます。ディアクティベート方法は下記FAQページをご覧ください。

「ログインベースライセンス」のディアクティベート方法について | FAQ

※ディアクティベートは「MODOから行う方法」と、「Foundry社サイトから行う方法」の2種類があります。MODOを起動した際にライセンスの有効期限が切れているメッセージが表示されている場合には「Foundry社サイトでのディアクティベート方法」の手順に沿ってディアクティベートしてください。

3. ライセンスキーの削除

ディアクティベートが終わったら、マシン上に残っている古いライセンスキーの削除を行ないます。

下記ディレクトリの「FoundryLicensing」直下にあるフォルダごと削除してください。

・Windowsの場合:
C:\Users\[ユーザー名]\FoundryLicensing
・Mac OSの場合:
/Users/[ホームフォルダ]/FoundryLicensing

※上記はデフォルトのライセンスキーのインストール先になります。環境変数によりライセンスキーのインストール先を変更している場合は変更先のディレクトリを参照ください。

PCを再起動してください。

4. ライセンスキーのインストール

MODO を起動してライセンスキーのインストールを行ないます。ライセンスキーのインストール方法は下記をご覧ください。

4. MODO本体のライセンスキーのインストール :: MODO JAPAN GROUP

※表示が更新されるまで若干の時間を要する場合があります。上記の手順を行っても表示が更新されない場合は半日~1日ほど時間をおいて再度ご確認ください。