ウェイトのペイントが重い


ペイント機能を使ったウェイトの設定処理の際、非常に処理速度が低下する場合があります。こういった場合には、以下の2点を試してみてください:

[1] ライブデフォーマ機能をオフ

このライブデフォーマ機能は、ウェイトの影響範囲に対してデフォーマ(スケルトン含む)が適用されている場合、ウェイトペイント時において、その変形具合をリアルタイムに反映させる機能です。マウスを動かすたびに計算処理が生じてしまうため、プレビューが遅くなる可能性があります。ライブデフォーマオプションをオフにすると、マウスを動かし放した段階で計算が行われます。動かしている最中はその変化を確認することはできないものの、ペイントし終えた段階で確認することができます。

wpaint_livedeformer

[2] メッシュがサブディビジョンであればレベルを下げる

ウェイトをペイントする対象となるメッシュがサブディビジョン/Catmull-Clarkであれば、そのビューポート上における表示レベルを下げます。こうすることで、計算量が減るため、スムーズなペイントおよび表示が可能になります。

wpaint_sublevel