MODO が対応している入出力のファイルフォーマットについて


MODO は様々な種類の3Dデータの入出力に対応しています。

対応している3Dデータのフォーマットにつきましては以下のリストをご覧ください。
リストは「MODO 12」が対応している入出力のファイルフォーマットとなります。

また、MODO 体験版を用いて実際にどのように入出力されるのかをお試しいただくことができます。
MODO 体験版 :: MODO JAPAN GROUP

入力に対応しているファイルフォーマット

  • MODO Scene (*.lxo)
  • MODO Mesh Preset (*.lxl)
  • LightWave Object (LWO2) (*.lwo)
  • LightWave Object (LWO3) (*.lwo)
  • LightWave Object (LWOB) (*.lwo)
  • Alembic Format (*.abc)
  • COLLADA 1.4.1 (*.dae)
  • Autodesk DXF (*.dxf)
  • Adobe Illustrator EPS (*.eps *.ai)
  • Protein Database (*.pdb)
  • Scalable Vector Graphics (*.svg)
  • McNeel Rhino 3DM (*.3dm)
  • Autodesk FBX (*.fbx)
  • Stereolithography STL (*.stl)
  • VideoScape GEO (*.geo)
  • SolidWorks Model (*.sldprt *.sldasm)
  • Wavefront OBJ (*.obj)
  • OpenVBD Model (*.vbd)

※別売のCAD ワークフローツール「Power Translator」を用いて、Parasolid, IGES, STEP, SAT, Rhino の入力に対応しています。「Power Translator」の詳細につきましては、以下のページをご覧ください。

Power Translator :: MODO JAPAN GROUP

出力に対応しているファイルフォーマット

  • MODO Scene (*.lxo)
  • LightWave Object (*.lwo)
  • Wab3D Standard X3D (*.x3d)
  • Alembic Format (*.abc)
  • COLLADA 1.4.1 (*.dae)
  • Autodesk DXF (*.dxf)
  • HPGL Plotter File (*.plt)
  • Layerd PSD (*.psd)
  • Scalable Vector Graphics (*.svg)
  • McNeel Rhino 3DM (*.3dm)
  • Autodesk FBX 2018 (*.fbx)
  • Autodesk FBX 2015 (*.fbx)
  • glTF v2 (*.glb)
  • glTF v2 (*.gltf)
  • Stereolithography STL (*.stl)
  • VideoScape GEO (*.get)
  • Wavefront OBJ (*.obj)

※別売のCAD ワークフローツール「Power SubD-NURBS」を用いて、IGES, STEP, SAT, Rhino の出力に対応しています。「Power SubD-NURBS」の詳細につきましては、以下のページをご覧ください。

Power SubD-NURBS :: MODO JAPAN GROUP