アスタリスク(※)で作業平面表示のオンオフをきりかえたい


MODO 10.2からは作業平面の表示切替のオプションが「表示する」「表示しない」「アクティブのときのみ表示する」といった3パターンに拡張されたことを受け、ショートカットキー(キーパッドの※)を押すと、オプションを選択するプルダウンが表示されるようになりました。

script_sw_wp_01

これを従来までのやり方と同様、ショートカットキーを押すだけで「表示する」「表示しない」を切り替えられるようにするには、スクリプトで対応する必要がありますので、その場合には以下のスクリプトをご活用ください:

スクリプト:mjg_switch_workplane.zip

使い方は以下のとおりです:

[1] スクリプトをダウンロードする

上記リンクよりスクリプトをダウンロードしてください。

[2] スクリプトを実行してみる

スクリプトを実行するには、システムメニュー > スクリプトの実行でダウンロードしたスクリプトファイルをダイアログから指定します。

[3] 実行したスクリプトをキーに割り当てる

script_sw_wp_02

一度スクリプトを実行するとコマンド履歴にそのスクリプトの実行が残りますので、履歴からショートカットキーを割り当てます。ショートカットキーの割り当て方法については、以下のビデオをご覧ください:

ショートカットキーを割り当てるには

あとは割り当てたショートカットキーを押すだけで作業平面の表示のオン・オフが切り替わるようになります。