HUDに追加したアイコンを削除できない


頻繁に使用するツールをHUD(ヘッドアップディスプレイ)に登録しておくことで、ツールにすぐにアクセスできるようにする機能がMODOには備わっていますが、バージョン11.2以降、HUDに追加したアイコンを削除する際にクラッシュが発生したり、アイコンを削除できないという問題が生じています。

一度、HUDに登録したアイコンを安全に削除するには、以下の手順をお試しください:

 

[1] MODOが起動しているようであればMODOを終了しておく

 

[2] コンフィグファイルを適当なテキストエディタで開く

コンフィグファイルが保存されているフォルダを開くには、あらかじめMODOのシステムメニュー > 設定フォルダを開くを実行しておいてください。コンフィグファイルの名称はバージョンによって異なりますが、MODO12.2.CFG といったように、バージョン番号が組み合わされたファイル名称となっています。

delete_icons_in_hud01

[3] HUDに関する追加アイコンが書き込まれている行を削除する

HUDに関する情報が書き込まれた行は以下となります:

  <atom type=”HudCustomTools_Edit”>

この行をテキストエディタの検索機能で検索します。そうするとこの行の下に、登録されているアイコンがリストされています。例えば:

    <list type=”HudCustomTools_Item”>Transform</list>
    <list type=”HudCustomTools_Item”>item.clone</list>
    <list type=”HudCustomTools_Item”>item.array</list>
    <list type=”HudCustomTools_Item”>TransformScale</list>

これはアイテムに関するHUDで「トランスフォーム(Transform)」「複製(item.clone)」「配列(item.array)」の他に「スケール(TransformScale)」ツールのアイコンが登録されています。「スケールツール」のアイコンが不要であり、削除したいということであれば、以下の行を削除するようにしてください:

    <list type=”HudCustomTools_Item”>TransformScale</list>

また、これはアイテムに関するHUDですが、頂点に関するHUDはタイプが”HudCustomTools_Verx“、エッジに関するHUDは”HudCustomTools_Edge“、ポリゴンに関するHUDは”HudCustomTools_Poly“となっていますので、それぞれに合わせて編集するようにしてください。

delete_icons_in_hud02

[4] コンフィグファイルを保存し直す

MODOを再起動してHUDを見てみると、追加登録したアイコンが削除されているのが確認できます。

ただしコンフィグファイルは他の部分を誤って削除したりすると、正しく起動できなくなる可能性もありますので、必ずバックアップを取った上でお試しください。