Power SubD-NURBS v2 公開!

modoで生成されたサブディビジョンサーフェイスを、NURBSベースのCADフォーマットへと変換するプラグインPower SubD-NURBSのv2が公開されました!MODO 701でPower SubD-NURBSをお使いの登録ユーザーの方は、MODO JAPAN グループダウンロードサイトよりPower SubD-NURBS (701)をダウンロードの上、お試しください:

MODO JAPAN グループダウンロードサイト

このv2では以下の機能の追加・修正が行われています:

追加:エッジウェイトのサポート
修正:別名で保存リストにIntegrityWareフォーマットが表示されなかった
修正:複数の選択メッシュレイヤー出力時にクラッシュ
修正:MacでIGES形式で出力する際にメッシュの一部が反転もしくは欠けていたバグを修正
修正:メッシュによっては出力時にハングする潜在的バグを修正
修正:Macでメッシュによっては出力エラーが出るバグを修正
※このv2はMODO 701 SDKを利用して作成されているため、modo 601ユーザーの方はお使いいただけません。modo 601をお持ちの方は、従来のPower SubD-NURBSプログラムをご使用ください。

Power SubD-NURBSを使うことで、modoで自由に作ったラフデータを、CADツールへと持ち込むことができるようになります。デザイン工程の初期段階をCADツールではなく、柔軟性の高いmodoで行うことにより、有機的な形状を時間をかけることなく、思った通りに形作ることができるようになります。CADツールへのデータの移行に頭を悩ませている方は、ぜひ一度Power SubD-NURBSをお試しください。体験版とチュートリアルをご用意しております:

Power SubD-NURBS 体験版のお申込み
Power SubD-NURBS チュートリアル

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。