701新機能:SurfaceID

先日はMODO 701の大きな新機能の影でなかなかご紹介の行き届かない、小さいけれど便利な新機能「テクスチャオフセット」について解説しました。今回もそんな新機能の一つであり、グラディエントテクスチャの入力パラメータに追加された「SufaceID」についてご説明しましょう。

まずは、リプリケータでまんべんなく埋め尽くされたクローバーを見てください:

うろこじゃないです、クローバーです。このクローバーの一つ一つの色をランダムに変えたい場合、MODO 701では一発で思い通りに変えられる方法が用意されました。

必要となる処理は、クローバーのマテリアルの上にグラディエントテクスチャを追加し、入力パラメータからsurfaceIDを選択するだけ。あとはグラディエント編集で、ランダムに散らしたい色を設定していきます。

レンダリングしてみると、この通り:

紅葉など、少しずつ色が変化している大量の樹木が生えた山々などを表現する場合には、大変手軽で便利な機能です。ぜひ試してみてください。

このような便利機能が数多く搭載されているMODO 701の新機能、イベント「MODO 701 ラウンチ&Creator’s Session 2013」でもご紹介いたしますので、ご興味のある方はぜひご参加ください。

ちなみに、今回のこのクローバーは地形メッシュにサーフェイスパーティクルジェネレータリプリケータの元となるパーティクルクラウドを発生させています。地形メッシュは、細かく分割した板を移動ツール+ノイズフォールオフで変形させただけ。とってもシンプルに、ぱぱっと作れるのがMODOのいいところですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。